LEVI’S

リーバイス
HISTORY

近代ファッションを象徴するプロダクト。
1853 | SanFranscisco,USA | Levi Strauss

ゴールドラッシュに沸くサンフランシスコ。リーバイスの創設者であるリーバイ・ストラウスは、1853年にドイツからこの地に移住し、鉱山で働く労働者たちのために雑貨を扱う商店を始める。ストラウスは労働者たちの意見を元に、キャンバス地を使った丈夫で動きやすいワークパンツを商品化。ほどなくすると、素材はインディゴ染めされたデニムへと切り替えられ、現在のデニムパンツの原型が誕生することになる。

1873年には補強のためにリベットを使用するという画期的なアイデアを発案し、リーバイ・ストラウス&カンパニーと発案者のヤコブ・デイビスは「衣料品のポケットの補強にリベットを使用する方法」で特許を取得。

1886年にはそのジーンズの頑丈さを示した「2頭の馬が引き合っても破れない」という図案のツーホースマークがレザーパッチに。1890年には商品管理のために品番を使うことになり、501という名称が生まれることになる。 1950年代になると、マーロン・ブランドが映画「the wild one」で着用したことにより、それまで労働着の印象が強かったデニムパンツは、ファッションアイテムとして若者の間で人気となる。

リーバイスを代表するアイテムといえば、プロトタイプから改良を重ねることで完成されたシルエット及びディティールへと到達した、501であることは間違いないだろう。

強度を増すとともにアクセントにもなっているリベット、使い勝手を考えられたパネルポケットを含む5つのポケット、ブランドの象徴であるパッチや赤タブにアーキュエットステッチなど、すべてのデニムパンツの基本が詰まっている501。近代を代表するプロダクトであるとともに、ユースカルチャーの象徴とも言えるこのアイテムは、スミソニアン博物館の永久コレクションにも加えられている。

さらに洗濯してもセンタープレスが取れにくく、シワにもなりにくいアイロンいらずのスタプレストも、ファッション好きなら押さえておいてほしいアイテムだ。1964年に登場したこの画期的な商品は、リーバイスのラインナップの中でもスラックスのように上品な印象でありながら扱いやすく、モッズたちの間でも人気となった。

90年代には、インディゴならではの美しい色落ちや時代ごとに違うディテールなど、「ヴィンテージ・ジーンズ」という概念が定着。それを受けて60年代の仕様を再現した復刻版、501XXもリリース。

ジーンズが生まれて140周年となった2013年には、501のシルエットをより現代的にアップデート。さらに時代の流れに合わせて、テーパードやスキニーにアレンジしたモデルなどをリリースしている。

ONLINE STORE
掲載商品は、代表的な商品例です。入れ違いにより販売が終了している場合があります。
SHARE

Other

その他のブランド