ピーコート

ピーコート
HISTORY

ショート丈で男らしいシルエット。

19世紀末からイギリス海軍が艦上用の軍服として着用し、それからしばらく後に漁師たちの間でも愛用され始めたピーコート。

オランダ語で毛織物のコートという意味の「pij jekker」の頭文字を取ったとされる説と、Pが錨の爪を意味するという説があり、パイロットコートと呼ばれることも。

幅広のリーファーカラー、防寒性を重視したメルトン生地、手を温めるために縦に切り込みを入れられたマフ・ポケット、手袋をつけたままでも扱いやすい大きなボタンなど、寒い上に動きの制限される海の上での機能性を考えられたディテールが特徴。

艦橋や甲板などの厳しい気象条件で使用することから、風向により左右どちらでも上前を変えることが可能となっており、現在ではユニセックスのコートとして利用されている。

海上の作業服というルーツから丈が短く、カジュアルでどんなスタイルにも合わせやすいことから年齢を問わず愛用されている一方、日本では同じく海軍をルーツに持つ、詰襟やセーラー服など制服のオーバーコートとして着ることが多いため、カジュアルなシーンで使いたいコートだ。

ONLINE STORE
掲載商品は、代表的な商品例です。入れ違いにより販売が終了している場合があります。
SHARE