N.HOOLYWOOD

エヌ ハリウッド
HISTORY

古着を知る男だからこそ作れる服。
2002 | TOKYO,JAPAN | Daisuke Obana

原宿の古着ショップ、go-getterのバイヤー兼スタッフだった尾花大輔が、古着のリメイクを経て2002年に立ち上げたブランド〈N.HOOLYWOOD エヌ ハリウッド〉。

古着好きにはたまらないディテールを持ちながら、現代的にブラッシュアップされたアイテム群で人気を博し、2007年にはパリコレクションにてコレクションを発表、海外に本格進出を果たした。

ちなみにそのブランドネームは、バイヤー時代に尾花が頻繁にハリウッドに買い付けに行っていたことから付いた「ミスターハリウッド」というニックネームと、現在ノースハリウッドに自宅を所有していることなどに由来しているのだが、地名としてのハリウッド=Hollywoodとはあえて綴りを変えているのだという。

素材やシルエットだけでなくジッパーやドローコード、さらにリブや縫製にまでこだわった霜降りのジップパーカや、しなやかでありながら耐久性にも優れたシーアイランドコットンやスーピマコットンを使用したTシャツなどのベーシックなアイテムにはファンが多い。

さらにシンプルなシルエットながら仕立ての良さに定評のあるセットアップやシャツなどを扱うCOMPILE LINE、ミリタリーにインスパイアされたTEST PRODUCT EXCHANGESERVICEなど、そのアイテムはいくつかのラインに分かれているが、どのアイテムもあらゆる時代のヴィンテージ古着を扱ってきたから尾花だからこそ作ることのできる、上質で細部までこだわりを感じさせるものとなっている。

ONLINE STORE
掲載商品は、代表的な商品例です。入れ違いにより販売が終了している場合があります。
SHARE