Plane Toe

プレーントゥ
HISTORY

まず手に入れたい一足。

つま先や甲周りに飾りが施されていないシンプルなデザインで、カジュアルスタイルにもビジネススーツにも幅広く合わせやすいプレーントゥ。1800年代にプロイセン軍の元帥であるラヘル将軍が考案した、歩兵用の編み上げ靴が起源とされる。

日本においては、アメリカントラッドの定番靴として持ち込まれたこともあり、ビジネスシューズの代表的なデザインとなっている。バリエーションとして、羽根がVの字に切り替えらえた「Vフロント」や、一枚革で作られた「ホールカット」なども存在。

シンプルであるため、外羽根/内羽根などフォルムや素材の違いで大きく印象が変わる。特に黒×内羽根式の組み合わせはよりフォーマルな印象になるため、タキシードや燕尾服、夜宴の礼服と合わせて用いられることが多く、一足は上質なものを持っておきたい。

ONLINE STORE
掲載商品は、代表的な商品例です。入れ違いにより販売が終了している場合があります。
SHARE