スカジャン

スカジャン
HISTORY

オリエンタルな魅力のジャケット。

元々はシルクのパラシュート生地を仕立てたジャケットに刺繍を施したオーダー品だったが、それが評判を呼び、スーベニールジャケット、つまり日本に在留していた米軍兵士がアメリカに持ち帰るお土産として製造されるようになったというスカジャン。

シルクやアセテート・サテン・別珍など光沢のあるリュクスな生地感と、日本独特のオリエンタルな雰囲気を醸し出す繊細な刺繍、そして身頃と袖で切り替えられた配色が特徴。

スカジャンという呼び名の由来については、発祥の地である横須賀ジャンパーを略してスカジャンと呼ぶとする説や、空高く舞い上がる龍=スカイドラゴンジャンパーを略したとする説などがある。

その代表的ブランドといえば、かつて港商商会として米軍基地内の売店にスカジャンを納入し、現在も製造を続けているテイラー東洋だろう。スカジャン全盛期の1950年代、95%ものシェアを誇っていたという同ブランド。現在も横振りミシンという特殊なミシンを用いた当時と変わらない手法を用いて、美しい手刺繍入りのスカジャンを作り続けるとともに、COMME des GARCONSやTOGA、BEAMSなどのブランドとコラボレーションも行なっている。

ONLINE STORE
掲載商品は、代表的な商品例です。入れ違いにより販売が終了している場合があります。
SHARE