おしゃれも。暮らしも。新ライフスタイルマガジン。

日用品

ノンブランドの食器は買取してもらえる?買取方法と少しでも高く売るコツを紹介

不要になった食器の処分方法は捨てることだけではありません。食器によっては、リユースショップやリサイクルショップなどに売れる可能性があります。
一方で、ブランドネームが特にないノンブランドの食器の場合、状態によって売れる物と売れない物に分けられます。

この記事ではノンブランドでも売れる食器の特徴や食器を売る方法、高く売るためにできることなどをご紹介します。ノンブランドの食器の処分方法でお困りの方は、ぜひ参考にしてみてください。

ノンブランドの食器の買取可否は?売れる食器・売れない食器の特徴

お皿やグラスが並ぶ様子

ノンブランドの食器は、ブランド食器に比べて買取してもらいにくい傾向があるものの、条件を満たせば高く売れることもあります。ノンブランドでも売れる食器や売れない食器の特徴を以下でご紹介します。

ノンブランドの食器でも売れる

ノンブランドでも買取してもらえる可能性があるのは、未使用の食器やデザイン性が優れている食器などです。未使用品やおしゃれなデザインの食器であれば、価格やデザインを重視する方が購入する可能性があります。

箱なしでも買取してもらえる可能性がある

購入時の食器の箱を捨ててしまった場合でも、ノンブランドの食器を買取してもらえることがあります。ブランドの食器は箱がある方がよい場合が多いですが、ノンブランドの場合は特になくても大丈夫です。
もちろん、買ったときの箱があるに越したことはないですが、それほど気にする必要はないといえます。

使用済みの食器を買取不可にしている業者が多い

買取を断られるケースとして多いのが、食器が使用済みの場合です。使用済みの食器は衛生面への不安から敬遠されやすいため、多くの業者が買取不可にしています。

一方で、少数ではありますが、使用済み食器の買取に対応している業者もいます。買取業者のWebサイトに使用済み食器の買取可否が載っていることがあるため、気になる方は調べてみてください。

和食器も人気がある

ノンブランドでも買取される可能性が比較的高いのが和食器です。和食器はデザインのよさが見直されていること、海外などで日本食が人気なことなどから需要が高まっています。
有田焼や伊万里焼などの国産の陶磁器は海外でも有名で、ノンブランドの物でも人気があります。

食器の買取方法ならびに各買取方法のメリット・デメリット

食器の買取方法には、店頭買取・出張買取・宅配買取などがあります。ここでは各買取方法のメリットやデメリットをご紹介します。
メリットとデメリットを把握したうえで、自分にとって都合のよい方法を選びましょう。

店頭買取(店舗持ち込み)

店頭買取は買取店舗に食器を持ち込み、査定・買取してもらう方法です。中古品の売却方法として、一般的な方法だといえるでしょう。

店頭買取のメリットとして、すぐに現金化できること、査定額に対する疑問点があれば、その場ですぐ質問できることなどが挙げられます。
一方で、店舗に向かうための交通費が必要になることはデメリットといえるでしょう。また、買取してもらう食器の量が多い場合、持ち込みが大変という点もデメリットです。

全国に750店舗以上を展開するセカンドストリートでは、食器の店頭買取を行っています。基本的に食器は未使用のみ買取対象ですが、一部のブランド食器に関しては使用済みでも買取可能です。
不要な食器がある場合は、ぜひセカンドストリートの買取をご利用ください。

セカンドストリートの食器買取についてはこちら

セカンドストリートの店頭買取についてはこちら

お近くのセカンドストリートの店舗はこちらから

出張買取

出張買取は査定スタッフに自宅まで来てもらい、査定・買取してもらう買取方法です。出張買取のメリットとしては、家にいながら査定・買取してもらえること、食器を運ぶ手間がかからないことなどが挙げられます。

一方で、買取業者の中には、食器の出張買取を行っていない業者もあることには注意が必要です。また、出張買取可能な業者であっても、店舗ごとに出張可能エリアが決まっていることはデメリットといえるでしょう。

宅配買取

宅配買取も不用品の買取ができる方法のひとつです。売りたい品物を梱包して、宅配便で買取業者に送ります。品物を受け取った買取業者は査定・買取を行い、買取金額を後日依頼主に支払います。

近所に買取店舗がなくても食器を買取してもらえること、買取業者と顔を合わせる必要がないことなどが宅配買取のメリットです。
一方で、梱包や送る手間がかかること、お金を受け取るまでに時間がかかること、発送中に割れる可能性があることなどがデメリットとして挙げられます。

使用済みのノンブランドの食器を売る方法

スマートフォンを操作する人

多くの業者で買取不可とされている使用済みの食器ですが、他の方法で売れる可能性があります。ネットオークションやフリーマーケットなどの買取業者を通さない方法です。
以下で詳しくご紹介します。

フリマアプリやネットオークションで売る

フリマアプリやネットオークションは、個人同士で不要品の取引ができる方法です。自身で購入希望者を探すためさまざまな物を売れること、自身が決めた希望額で出品できることなどがメリットとして挙げられます。

一方で、出品のためには品物の写真撮影をしたり、魅力的だと感じさせるための説明文を書いたりする必要があるなど、手間がかかることがデメリットです。
また、購入希望者が見つかった後には発送作業もしなければなりません。さらに、個人取引のため支払いや発送、品物の状態などでトラブルが発生する可能性もあります。

フリーマーケットで売る

特定の会場に不要品を売りたい人が品物を持って集まり、その場限りの店舗を開くのがフリーマーケットです。お客様と顔を合わせて取引ができるため、商品のよさをアピールできます。
また、売れた場合はその場で品物とお金をやり取りするため、送料や発送する手間がかからないこともメリットのひとつです。

一方で、出店するだけで数千円程度の出店料がかかる可能性があること、持ち込んだ品物が思うように売れなければ、赤字になる場合もあることなどがデメリットです。
さらに、売れなかった品物は持ち帰らなければならず、運ぶ手間がかかることもデメリットといえるでしょう。

食器の買取時に確認される項目

紅茶が入っているティーカップ

ブランドの有無に関わらず、食器の買取時に確認されることが多い項目をご紹介します。自身の食器が買取してもらえるかどうかを判断するポイントにもなるため、ぜひご確認ください。

セットの商品であればそろっているかどうか

もともとセット品として購入した食器は、購入時の中身がそろっているかどうかが確認されます。例えばティーカップであれば、同じデザインのソーサーやプレート、ティーポットなどがそろっているかなどです。
単品で売るよりもセットで売る方が、高価買取が期待できます。

箱の有無

購入時の箱が残っている場合、買取の際に一緒に持っていきましょう。食器単品で持ち込むよりもよい印象を与えられるかもしれません。

特に、外箱が紙ではなく木箱の場合、買取価格が高くなる場合があります。食器のコレクターの中には、木箱に入った和食器・茶道具をコレクションしている方もいるためです。

保存状態

食器の保存状態も買取価格に大きく影響する項目です。ブランド、ノンブランド問わず保存状態が悪い食器は、最悪の場合買取してもらえない可能性があります。

割れや欠け、傷、汚れ、装飾の剥がれなどがある食器は状態が悪いと判断されてしまうでしょう。自身で落とせる汚れは事前に落としておき、見た目をよくしてから買取に出すことをおすすめします。

なお、未使用品でも保存状態によっては買取してもらえない可能性があるため、きれいに保管しておくことが大切です。

人気の有無

中古品を査定する際には、人気の有無も確認されます。人気がある食器かどうかを判断するポイントとなるのがメーカーです。

国内ブランドでいえば、洋食器のノリタケが有名です。和食器であれば、陶磁器の技法であり産地名でもある九谷焼・美濃焼・有田焼などが挙げられます。

また、海外ブランドでは、ウェッジウッドやロイヤルコペンハーゲン、マイセンなどが人気です。人気のブランドは中古品の需要も高いため、買取価格が高くなる傾向にあります。

ノンブランドの食器を少しでも高く買取してもらうポイント

幅広い種類の食器が並ぶ様子

ノンブランドの食器はブランド食器に比べて、どうしても買取価格が低い傾向にあります。とはいえ、少しでも高く売れたらうれしいところでしょう。

ここではノンブランドの食器を少しでも高く買取してもらうために、押さえておきたいポイントをご紹介します。

高く売るポイント1:食器のホコリや汚れは拭き取っておく

汚れた食器ときれいな食器では、きれいな食器の方が高く売れる可能性が高いです。きれいな状態の方が査定スタッフによい印象を与えられるからです。食器に目立つ汚れがある場合は、買取を依頼する前に落としておきましょう。

ただし、汚れを落とそうとしてタワシで強くこすり、食器に傷が付いてしまうと買取価格が下がる可能性があります。
また、未使用の食器に関しては、食器に付いているシールが未使用である証になります。汚れを落とす際に剥がさないよう注意しましょう。

なお、未使用品のみ取り扱っている買取業者の場合、汚れを落とすために洗ったことで水滴が残ると、使用済みと判断されてしまう可能性がある点にも注意が必要です。

高く売るポイント2:箱やセットがある場合は必ずまとめて査定に出す

食器の買取時にセット品がそろっているかどうかは、買取価格を左右するポイントになります。

特に、ティーカップやコーヒーカップでは、カップ&ソーサー・プレート・ポットなどを同じデザインでそろえたいと考える方が多いです。また、しおりなどの付属品もあれば、一緒に出すようにしましょう。

高く売るポイント3:一度に多くの食器を売却する

ブランド食器と異なり、ノンブランドの食器は1枚の価格が付けにくいため「1kgあたりいくら」という形で買取している業者もいます。
ノンブランドの食器を売りたい場合は、できる限りまとめて売ることで買取してもらえる可能性があるかもしれません。

高く売るポイント4:不要になったらできる限り早めに買取に出す

不要になった食器は、できる限り早めに売るのがおすすめといえます。買取価格を決める要因のひとつとして食器の状態が挙げられますが、時間が経っていないほど食器の状態がよい可能性が高いからです。

食器は使用済みか未使用品かに関わらず、時間が経てば経つほどシミが付いたり、色褪せたりします。また、食器自体に変化が見られなかったとしても、箱がつぶれてしまったり汚れたりする可能性もあるでしょう。

箱があることで査定によい影響を与えることがありますが、それはきれいな箱の場合です。なお、未使用品のみ取り扱っている買取業者でもシミや色あせがある場合は、たとえ未使用品であったとしても買取してもらえない可能性もあるため、不要な食器は劣化する前のきれいな状態で売るようにしましょう。

まとめ

ノンブランドの食器でも未使用品やデザインがよい物、和食器などであれば高く売れる可能性があります。また、買取してもらう際には事前に食器をきれいにしておくこと、複数枚をまとめて買取に出すことなどを実践することで、高価買取につなげられるでしょう。

全国に750店舗以上を展開しているセカンドストリートでは、未使用であればノンブランドや箱がない食器などの買取を行っています。
未使用品の食器であっても、時間とともに劣化してしまうものです。そのため自宅に使っていない食器がある方は、できる限り早くに売ることをおすすめします。

セカンドストリートの食器の買取についてはこちら

店頭買取についてはこちら

お近くのセカンドストリートの店舗はこちらから

  • 記事を書いたライター
  • ライターの新着記事
NISHIHARA

NISHIHARA

海外旅行好きが高じて国をまたぐ引っ越しを5回以上経験。断捨離が得意なフリーランスライターです。東京でのOL生活を経て、現在はライターとしてさまざまなジャンルの情報をお届けしています。ウェブ漫画を読むのが趣味のインドア派。

  1. ソファを買い替える時期の目安はどの程度?種類別のソファの寿命目安も把握しておこう

  2. 電子レンジの買い替え時期の目安はどの程度?処分を検討すべき兆候や処分方法などを紹介

  3. ソファを捨てたいときはどうする?ソファの処分方法や捨てる際の注意点などを解説

ランキング

DAILY
WEEKLY
MONTHLY
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  1. 1
  2. 2
  3. 3
セカンドストリート オンラインストア セカンドストリート 買取サービスのご案内 セカンドストリート 店舗を探す

おすすめ記事

関連記事

PAGE TOP