COMOLI

コモリ
HISTORY

ブレることのない日本における究極の日常着
2011 | TOKYO,JAPAN | KEIJIRO KOMORI

デザイナー小森啓二郎により2011年に創設されたブランド〈COMOLI コモリ〉。

かつて大手セレクトショップ「ÉDIFICE エディフィス」に入社しデザイナーとして活躍した彼が、自身のブランドCOMOLIで目指すもの。それは日本の気温や湿度や日本人の体形、日本の街並に合う「シンプルで上質な日常着」である。

よってコンセプトはシーズンごとに変えず、風土や目的に合わせた日本人のためのデイリーな服作りは、トレンドに影響されにくく、幅広い年代から注目をあびている。

COMOLIを語る上で外せないマスターピース、それが「シャツ」「タイロッケンコート」「マッキノウコート」だ。

シャツは、ブランドの代名詞と言えるアイテムだ。ゆったりとしたシルエットが特徴的で、140番手の糸を旧式のシャトル織機で織ってつくられている為、軽く、柔らかい肌触りを実現し、その着心地の良さからリピーターが続出している。中でも、すっきりとした首回りのバンドカラーシャツは特に人気で、販売開始後早々に完売することも多いアイテムである

一方、タイロッケンコートとは「紐で締める」という意味の「tie lock」に由来し、ボタンはついておらず、ウエストベルトのみで締めて着用する伝統的な男性用コートの型であり、トレンチコートの原型といわれている。COMOLIのタイロッケンコートは人気を博し、その名が多くの人に認知されるきっかけとなった。

そして、武骨さとエレガントさを兼ね備えたマッキノウコートもまた、名品である。マッキノウコートの特徴は、大きな襟、フタ付きポケット、ダブルボタンである。そのディテールは、1930年代にアメリカ軍が採用したミリタリーコートや森林作業用コートを参考に作られたようだ。

COMOLIから生み出される「日常着」の数々は決してブレない。

確固たるコンセプトのもと、選び抜かれた生地、緻密なパターン、繊細な縫製。COMOLIのプロダクトは、究極のベーシックとして多くの人々を魅了し続けている。

(→〈COMOLI〉に関する特集記事はこちら

ONLINE STORE
掲載商品は、代表的な商品例です。入れ違いにより販売が終了している場合があります。
SHARE

Other

その他のブランド

RELATED

関連特集記事