INTERVIEW
Daisuke Iga × Seijiro Sato vol.02

スタイリスト伊賀大介☓元smart編集長佐藤誠二朗 対談企画 雑誌で振り返る、影響を受けたファッション&カルチャー【後編】

スタイリスト伊賀大介氏と元『smart』編集長・佐藤誠二朗氏による『knowbrand magazine』初の対談企画。

スタイリストと編集者として、1990年代〜2000年代に「雑誌」を主戦場として活躍したふたり。前編では、影響を受けた雑誌をお互いに持ち寄り、当時のファッションやカルチャーを振り返りながら、それぞれのルーツを語った。

後編では、ふたりの出会いの場となった雑誌『smart』でともに手がけた特集について、最近気になるカルチャー、これからやってみたいことなど、話題は多岐にわたった。

右:伊賀 大介(いが・だいすけ)
1977年生まれ。東京都出身。96年、19歳の時に熊谷隆志氏に師事。99年、22歳で独立してスタイリストとして活動開始。スタイリストデビュー時から『MEN’S NON-NO』『smart』などのファッション雑誌などで活躍。現在は広告や俳優・音楽家のスタイリングのほか、映画、演劇、アニメなどの劇中衣装も多数手がけている。http://band.co.jp

左:佐藤 誠二朗(さとう・せいじろう)
1969年生まれ。東京都出身。大学卒業後の93年、フレーベル館に入社。95年、宝島社へ移籍。『宝島』を経て『smart』の編集部員となり、2000年〜09年まで編集長を担当。10年に宝島社を退社し、ボノボプロダクション(佐藤誠二朗事務所)を設立。編集者・ライターとして、ファッション・カルチャーから健康・家庭医学など、幅広いジャンルで編集・執筆活動を行なっている。https://www.satoseijiro.com

前編はこちら→

何でもありだった、雑誌『smart』での日々。

伊賀 改めて思うと、当時の仕事はむちゃくちゃでしたね。『smart』(※1)でも『MEN’S NON-NO』(※2)でもスタイリングが変わらないんですから。佐藤さんも優しかったなって(笑)。

佐藤 今だから言うけど、オレはそれほどファッションそのものに興味がないんだよ。カルチャーの一環として捉えているだけで。だから、自分が下手に口出しするより、スタッフにはある程度自由にやってもらいたいと思っていたの。伊賀くんが独立して間もない頃に編集担当をしたページがよかったんだよね。今は亡き恵比寿のみるく(※3)でモデルがダイヴしているところを撮ったやつ。

独立後、伊賀氏がさまざまな特集に関わった雑誌『smart』

伊賀 独立してすぐのTシャツ特集ですね。オレがずっと温めていたネタ。熊谷さんのポートレイト的なTシャツの企画はできあがっていたので、それとは違う形でおもしろくできないかと思ってたんです。

佐藤 これはおもしろかった。編集長になる前の仕事で、一番印象に残っているかも。「T-shirts dive&mosh」か。いいサブタイトルつけてるじゃない、我ながら(笑)。

伊賀 何十人も知り合いを呼んで。

(※1)『smart』1995年創刊の宝島社が発行している男性向けファッション雑誌
(※2)『MEN’S NON-NO』集英社が発行する男性向けファッション雑誌。1986年に女性ファッション誌『non-no』の男性版として創刊
(※3)恵比寿みるく。2007年に閉店したライブハウス・クラブ

佐藤 大柴くん(※4)とか遠慮なくダイヴしてたし(笑)。

伊賀 自分の色を出せたページですね。借りた服を返せるかとか、あんまり考えてなかったですから(笑)。

佐藤 汗だくになるし、ヘタすると破れるし。……そっか、服の返却のことを考えてなかったとは知らなかった(笑)。

伊賀 いや、ちゃんと返しましたけどね(笑)。師匠が偉大だったので、オレもカマさないといけないなって。

佐藤 その心意気は感じた。めちゃくちゃ記憶に残ってる。

伊賀 まだデジカメじゃないですもんね。

佐藤 そうだよね。今とは勝手が違う。

(※4)大柴裕介。モデル・俳優・音楽家。

ダイヴする大柴裕介氏

伊賀 でも、本当に『smart』にも『MEN’S NON-NO』にも感謝しています。

佐藤 この撮影の頃(1999年)くらいまでは何でもありだったから。アシスタント時代もいろいろ大変な撮影があったでしょ?

伊賀 カメラマンがビールを飲みながら撮ったりしてましたけど、楽しかったですよ(笑)。今、雑誌のスタイリストは大変そうですよね。

佐藤 雑誌が少しずつ売れなくなってるから。売れてれば何をやってもそれが正義になるんだけど。

伊賀 連載もやらせてもらっていましたね。タイトルが「伊賀大介のやるだけやってみよう!」(笑)。好きなゲストを呼んで、好きな本を紹介して、今とやってることや言ってることは変わってない(笑)。

佐藤 伊賀くんがめちゃくちゃ忙しいときに「連載やれない?」ってお願いしたら、「やるだけやってみましょう」と。それがそのままタイトルになった(笑)。

伊賀 確か1年しかやらなかったけど、ゲストも豪華だったんですよ。加瀬亮さん(俳優)から椎名林檎さん(ミュージシャン)まで。たいてい立ち飲み屋で取材して(笑)。

佐藤 ひどいね(笑)。

伊賀 これがもう15年くらい前ですか。今、広告の仕事をしたりすると、仕事のときはビシッとしていた広告代理店の人が、終わったあと急に「大学のとき、雑誌でよく伊賀さんを見ていたんですよ」とか言われたりして、それは素直にうれしいですね。インターネットもないし、あの時代はみんなが雑誌を見ていましたもんね。

佐藤 今も雑誌の仕事はしてる?

伊賀 カメラマンに呼ばれたりして、やることはあります。佐内さん(※5)や川島小鳥くん(写真家)、同じ事務所の奥山由之くん(写真家)とか。あとは、たまに恭司さん(※6)。

(※5)佐内正史。写真家。映画『ジョゼと虎と魚たち』で劇中使用写真を担当
(※6)髙橋恭司。写真家。1990年代からファッションやコマーシャルシーンの第一線で活躍

雑誌から映画、舞台へ。でも根本は変わらない。

―伊賀さんが雑誌から映画や舞台の仕事に移行したのは、自分の意志ですか。

伊賀 そうですね。雑誌の仕事を3年くらいして、これをずっと続けるのは無理だろうと思い始めて。毎日遊びと仕事の境界線がなく、高校生がドラフト1位で球界入って調子に乗るみたいな、典型的な潰れるパターンに陥ってましたから(笑)。ストリートといっても自分は本筋ではなかったですし、レディースはハイファッションをできるようになりたいと思ったこともあって、舐められないようパリコレに行ったりもしましたけど(笑)、結局はそれもひとつのルーティーンで。

佐藤 そういう時期もあったんだね。

伊賀 24歳くらいだったんですが、あと30年もこれを繰り返していたら持たないと思ったんです。そうこうするうちに、ファッション撮影ではなく、恭司さんや佐内さん、若木さん(※7)みたいな人たちとの仕事が増えて、そのつながりで佐内さんと一緒に映画の仕事をすることになり、オレがやりたい仕事ってこれなのかもしれないなって。

佐藤 最初の映画ってなんだっけ?

伊賀 『ジョゼと虎と魚たち』(※8)です。メイキングの映像に佐内さんとオレも映っているんですけど、調子に乗って青いコートなんか着てて、映画の現場に青いコート着ていく奴がいるかっていう(苦笑)。30代になってから、みんなに温かく見守られて生きてきたんだってわかりましたね。ひとりくらいああいうバカがいてもいいだろうと。

(※7)若木信吾。写真家・映画監督。故郷の浜松で書店を営むなど幅広く活躍
(※8)『ジョゼと虎と魚たち』伊賀氏がスタイリングを初めて担当した2003年公開の映画。犬童一心監督

佐藤 当時は伊賀くんに仕事を頼みたいのに、忙しすぎて死んじゃうんじゃないかっていう心配もあって、頼めないってこともあった(笑)。

伊賀 みんながみんな、そんな感じでしたけどね。オレが今でも面倒くさがられるのは、会って打ち合わせしたいってところ。システムだからしょうがないんですけど、今そんな時間はなく、オファーもコーディネートチェックもセレクトもメールで、撮影のときだけ顔を合わせるみたいな。

佐藤 昔はまず編集者とスタイリストが会い、次はカメラマンを交え、撮影をして、そのあとまた会ってセレクトをしてって、最低でも4回は会ってたからね。スタイリストはその合間にリースと返却をしなきゃいけないし。

伊賀 でも、宝島社のロビーに行けばほかのスタッフにも会えて、ある種サロン化していて、それもよかったんですよ。そのときのムードを共有して、お互い間合いを図る感じがおもしろかった。

佐藤 今もスタイリストの仕事の根本は変わらないよね?

伊賀 それは変わらないですね。ただ、今の自分に求められているのは生活感を感じられるものが多いので、セカンドストリートには本当にお世話になっているんですよ(笑)。例えば『モテキ』(※9)もそうでしたが、キャラクターが設定で住んでいる町の、国道沿いのお店に行って探したりしますから。都心からの距離や沿線の家賃なんかも見て、生々しい感じ、痛々しい感じを出そうとしたり。そういうときに古着は欠かせない。他人のタンスの中身を借りるような感覚ですね。

(※9)『モテキ』伊賀氏がスタイリングを担当した2011年公開の映画。大根仁監督

昔も今もない。すごいものはずっとすごい。

―ここからは先につながるお話をうかがいたいんですが、おふたりが今気になっているカルチャーはありますか。

伊賀 例えば、新しいアニメの『スパイダーマン』がエアジョーダンを履いた黒人の男の子で、何も知らなくても楽しめるとはいえ、レイシズム(※10)やセクシズム(※11)といった情報がないとわからない部分もあって、その落としどころが難しいなって思うことがあります。それは何にでも言えることで、アシスタントを募集しても、ファッションしか知らない人間が多くなりました。パッと見はおしゃれになって、悪いことだけじゃないんですけど、ほかのカルチャーをまったく通らずに来るのはどうだろうと。

佐藤 確かにそうだね。

伊賀 これは昔から言ってるんですが、10万円があったら服だけに突っ込むんじゃなく、服を2万円に抑え、映画、レコード、本にもそれぞれ2万円、残りを女の子とのデートに使う。そうやってバランスよくカルチャーを摂取しなきゃ、実は何も得られていないんじゃないかと。だから、自分の仕事にも、そういうものを入れていきたいとは思っています。

(※10)レイシズム。人種主義、人種差別を正当化する思想
(※11)セクシズム。性差別主義

佐藤 子どもの影響って大きいよね。子どもから見える世界。小学生の子どもが友達から情報をもらって入るカルチャーって、ど真ん中のメインカルチャーなんだよね。こないだ仕事で尾田栄一郎さん(※12)とゆずの北川悠仁さんの対談に関わったんだけど、彼らはメインカルチャーであることがときにはコンプレックスにもなると話していて。ただ、最近になってやっと、それでもいいと思い始めたと言っていた。マイナーではなくてメジャーであることがコンプレックスって、すごくおもしろい感じ方だなって。

伊賀 おもしろいですね。

佐藤 最近、自分はメインカルチャーも気になるんだよ。ゆずもそうだけど、避けて通ってきたものがよく感じられて、すみませんでしたってなってる(笑)。

伊賀 僕はメジャーなミュージシャンの仕事もさせてもらったりしていますが、例えば、忌野清志郎さん(ミュージシャン)なんかは、どメジャーにいながらタイマーズもやってたし、両方やれなきゃダメという感じもあったりして、その辺りはなかなか難しいですよね。結果的に周りの反応は大きいから、そういう楽しさはあるけど。

佐藤 この間、嫁がかけていた初期のミスチルに娘が反応して「かっこいい」と言い始めたから、それならこれも聴けってエルヴィス・コステロ(イングランドのミュージシャン)の『This Year’s Model』をかけたんだけど、ポカンとしてたね(笑)。

伊賀 そういう風に紐づけていけたらいいですよね。すぐにパクリみたいに言うのもつまらない。僕らはサンプリングの文化と認識していますから。あと、昔にもおもしろいものがあったってことは、どんなにうるさがられても言い続けていきたいです。近年、黒澤明(※13)の本をたくさん読んでいて、「午前十時の映画祭」という特集上映にアシスタントを連れて行って、スクリーンで『七人の侍』を観たんですけど、楽しんでもらえたみたい。当時はモニターもインカムもないし、どうやって撮ってるんだろうってシーンも多くあって、そういうことを考えるのがおもしろい。

佐藤 いいと思うものについて言い続けるというのは大事だね。

伊賀 アメリカのアカデミー賞なんかもすごくうらやましいですよね。プレゼンターとなる俳優の出演映画をみんなが認識していて、今があるのはその人たちのおかげだとリスペクトしていることが伝わってくる。日本は映画の歴史もそれほど長くないのに、昔の映画や俳優がそこまで知られていない。そういうものをちゃんと紐づけていきたいですね。「昔だからすごい」のではなく、「すごいものはずっとすごい」んだと。

佐藤 この間、松本清張(小説家)の『砂の器』がまたドラマ化されてたけど、ああいうリメイクはすごくいいと思った。

伊賀 今だとすぐSNSでキャスティングが違うと言われたりするけど、話のおもしろさは変わらないですから。

(※12)尾田栄一郎。漫画家。1997年より『週刊少年ジャンプ』で『ONE PIECE』を連載中
(※13)黒沢明。日本を代表する映画監督。没後20年が経った今でもその作品は世界中で愛されている

―最後に、仕事でこういうことをしたいというものはありますか。おふたりのコラボレーションもまた見たいと思うのですが。

佐藤 本屋をやろうよ。

伊賀 それはいいですね。どこかで棚とかスペースを借りて。

佐藤 本屋は死ぬまでに一度やりたいと思ってるんだよね。やりたくない?

伊賀 棚を借りるくらいなら。昔、庄司くん(※14)のところでやっていましたけど。

(※14)庄司信也。人気ミュージシャンのアートディレクションなどを手がけるクリエイティブディレクター

佐藤 伊賀くんはスタイリストとしての野望はないの?

伊賀 ないですね、まったく(笑)。昔はなんでもひとりでできると思ってたんです。でも、今は映画や演劇を通して、チームで仕事をする楽しさも知って。年齢とか関係なく意見を言い合えて、風通しがいい。だから、映画や演劇以外でも、それこそ雑誌でも、そういう風に仕事ができればどんなものでも楽しめるので、どうしてもあれをやりたいとかってないんです。

佐藤 なるほど。少し会わないうちに大人になったね(笑)。

第一線で活躍するスタイリスト、編集者として、ファッションとカルチャーの変遷を見てきたふたりだからこその話となった今回の対談。今後のコラボレーションにも期待だ。

Text Yusuke Matsuyama
Photo Takuya Kimura

ONLINE STORE
掲載商品は、代表的な商品例です。入れ違いにより販売が終了している場合があります。
SHARE