ROLEX

ロレックス
HISTORY

人類の冒険の歴史を、その腕に。
1905 | LONDON,UK | Hans Wilsdorf

ダイヤルに刻まれた王冠のマーク同様、時計界の王者として知られるROLEX。24歳のドイツ人ハンス・ウイルスドルフと義兄弟デイビスがロンドンで設立した時計販売専門商社、ウイルスドルフ&デイビス社がその前身である。

20世紀初頭、腕時計は懐中時計に比べて精度の面で劣っており、実用性に欠けるものであったという。ウイルスドルフは腕時計の精度を懐中時計同様に高めることで市場の評価を得られると考え、その開発と品質管理に力を注ぐ。それとともに、1908年には記憶に残りやすくデザイン的にも美しいROLEXというブランド名を考案、自社の腕時計にその名を冠し始める。

1910年にはその努力が実り、腕時計として初めてスイスクロノメーター歩度公認検定局からクロノメーターの公式証明書を獲得。1914年にはイギリスでもその精度の高さが認められ、航海用のクロノメーターのみに与えられていた「A級証明書」を獲得。このことにより、ROLEXの名はヨーロッパ中に知れ渡ることになり、1915年には社名をROLEX Watch Companyに変更。ほどなくその拠点を時計産業の中心地、スイスのジュネーブに移すことになる。

そして1926年には世界初の完全密閉のケースを用いた防水腕時計、オイスターを発表。さらに1931年には世界初の自動巻ムーブメントであるパーペチュアルムーブメントを、1945年にはデイトジャストを発表し、他の追随を許さない開発を続けてきた。

それらの画期的な時計を開発すると同時に、ROLEXは冒険家やレーサー、潜水士など、過酷な環境へと挑む者たちのために時計を開発・提供し、彼らの声を取り入れることで、その性能に磨きをかけてきた。

写真は、世界で初めて水深100m防水を実現した時計、サブマリーナ。潜水時間を知ることのできる回転ベゼルや視認性の高い黒のダイヤルデザインと、光の届かない深海でも時間を確認できる蓄光インデックスなど、その後数多くリリースされるダイバーズウォッチのお手本となったモデルだ。

それだけではない。ドーバー海峡を10時間以上泳ぐ際にも動き続けたオイスター、エベレストを制覇した登山家の偉業を称えたエクスプローラー、深海の気圧にも耐えるシードゥエラー、パイロットのためのGMTマスター、耐久レーサーたちのためのコスモグラフなど、ROLEXは常に冒険者とともに存在し続けてきた。そしてその精度と機能性を進化させ続けてきたのだ。

ROLEXの時計を身につけるということは、人類の冒険の歴史を身につけるといっても過言ではない。それほどまでに、ROLEXは偉大なブランドなのだ。

ONLINE STORE
掲載商品は、代表的な商品例です。入れ違いにより販売が終了している場合があります。
SHARE