KANATA

カナタ
HISTORY

極太の毛糸で伝説が編み込まれたニット。
1979 | VANCOUVER ISLAND,CANADA | Unknown

カナダの南西部、バンクーバー島で1979年に創業されたKANATA。

良質の原毛を手で縒り合わせた、6プライヤーンという極太の毛糸で手編みされるカウチンセーターで知られているブランドだ。

この地で古くからの原住民であるカウチン族が、狩猟の際の防寒着として編み続けてきた独特の柄のニット。KANATAもその伝統を守りながら、自然への敬意を評してメイプルや雪、クマや波などの柄のニットを作り続けている。

ちなみにKANATAとは原住民の言葉で「村」の意味。1534年に北米大陸に到達したジャック・カルティエが、原住民にその地の名を訪ねたところ、KANATAと答えたという伝説に由来しており、国名のCANADAもこれと同じ語源であるという。

KANATAのニットは全て手編みであり、同社に登録したニッターが各家庭でひと針づつ編み込んだもの。ナチュラルな油分を含んだ極太のニットは撥水性が高く、アウターとして使えるほど保温性が高いとともに、ざっくりとしたワイルドな表情もまた大きな魅力といえる。

ONLINE STORE
掲載商品は、代表的な商品例です。入れ違いにより販売が終了している場合があります。

Other

その他のブランド