おしゃれも。暮らしも。新ライフスタイルマガジン。

AV・生活家電

冷蔵庫のおすすめの選び方を紹介!各メーカーの特徴も押さえておこう

現在、さまざまな種類の冷蔵庫が各メーカーから販売されています。種類や機能が多すぎて、選び方が分からないという方もいるでしょう。この記事では、冷蔵庫の選び方や各メーカーの特徴などをご紹介します。国内メーカーだけでなく、海外メーカーの冷蔵庫の特徴もご紹介しますので、ぜひ参考にしてください。

冷蔵庫の選び方1:暮らしに適した容量から選ぶ

冷蔵庫を選ぶ際は、家族構成を考慮して選ぶことが大切です。1人暮らしであれば最低限の容量で十分ですが、ファミリーの場合は大容量の冷蔵庫が必要です。ここでは、家族の人数に応じた冷蔵庫の必要な容量の目安をご紹介します。

1人暮らし:約200L

1人暮らしの場合、約200Lが容量の目安ですが、自炊する機会が少なく、飲み物を冷やす程度で十分という方は、100Lの小型冷蔵庫でも問題ないでしょう。

対して、自炊の頻度が高く、人に料理を振る舞うことが多い場合は、1人暮らしでも200~300Lの冷蔵庫を選ぶのがおすすめです。なお、容量が大きくなるほど本体サイズも大型になるため、そもそも大きな冷蔵庫を置くスペースがあるかを確認しておく必要があります。

2人暮らし:約310L

2人暮らしに必要な冷蔵庫の容量の目安は、約310Lです。自炊の頻度が高い場合でも、300L前後の容量があれば十分に食材を保管できます。一方、2人暮らしで外食する機会が多い場合は、200L程度の冷蔵庫でも十分でしょう。

なお、新婚の場合は今後の家族プランに合わせて選ぶことが大切です。子どもが生まれて家族が増えると、300L以上の冷蔵庫が必要になるため、少し大きいものを選ぶとよいでしょう。

3~4人暮らし:約310~380L

3~4人暮らしの家庭で必要な冷蔵庫の容量の目安は、約310~380Lです。料理の作り置きや買いだめをする機会が多い場合は、400~500Lの大きい冷蔵庫を選ぶと安心できます。なお、小さい子どもがいる場合は、今後の成長を考えて余裕を持った容量の冷蔵庫を選ぶとよいでしょう。

5~6人暮らし:約450~530L

5~6人暮らしの場合、約450~530Lが冷蔵庫の容量の目安になります。450L以上の容量があれば、大量の作り置きや買いだめにも対応可能です。6人以上の大家族の場合は、500L以上の冷蔵庫を選んでおくと安心です。

冷蔵庫の選び方2:設置スペースとドアの開き方から選ぶ

冷蔵庫を選ぶ際、設置スペースとドアの開き方を考えることも大切です。放熱させるための隙間を確保できるか、ドアがしっかり開けられるかなどを確認して冷蔵庫を選ぶ必要があります。

右開き・左開き

開けられた冷蔵庫

右開きの一枚ドアの冷蔵庫は、右利きの人が使いやすい仕様です。冷蔵庫の右側に広めの空間があれば、ドアを全開にできます。一方、左開きの一枚ドアの冷蔵庫は、左利きの人や右側に壁がある場合におすすめです。なお、右開き・左開きどちらであっても、冷蔵庫の前にはある程度の空間が必要です。

両開き

1枚のドアが左右どちらにも開く「両開き」の冷蔵庫は、置く場所を選ばないため、キッチンが狭い場合でも安心して設置できます。場所を気にせず設置できるため、特に引っ越しが多い方におすすめです。

フレンチドア(観音開き)

フレンチドアは左右両側に開けられるため、冷蔵庫の前面の空間が狭くても開閉しやすいメリットがあります。また、片側のドアだけを開けて取り出せるため、冷気が逃げにくいことも優れたポイントです。ドアを全開にすれば全体を見渡すことができ、必要な食材をすぐに取り出せます。

冷蔵庫の選び方3:収納のしやすさで選ぶ

収納のしやすさで判断するのも冷蔵庫の選び方のひとつです。内部のレイアウトで使い勝手は大きく変わります。「野菜室」や「冷凍室」などの配置は冷蔵庫によって異なるため、よく確認したうえで選ぶことが大切です。

冷蔵庫の中央に野菜室があるタイプ

冷蔵庫の中央に野菜室があると、野菜室が腰の高さの位置にくるため、野菜の出し入れをスムーズに行えます。料理に野菜を使う機会が多い方は、野菜室が中央にある冷蔵庫を選ぶのがおすすめです。

また、腰をかがめずに野菜の出し入れができるため、腰痛持ちの方にも適したタイプといえます。一方で、野菜室が中央にある冷蔵庫は意外と少なく、購入時の選択肢が限られることは覚えておきましょう。

冷蔵庫の中央に冷凍室があるタイプ

中央に冷凍室があるタイプの冷蔵庫は、料理の作り置きをしたり、冷凍食品を頻繁に使用したりする家庭に適しています。庫内容量も大きい冷蔵庫であれば、冷凍食品のまとめ買いにも対応可能です。

冷凍室が中央にあると必要な冷凍食品を探しやすく、かつ楽な姿勢で取り出せます。さらに、中央に冷凍室がある冷蔵庫は冷却効率が高く、省エネ性に優れているとされています。

機能を切り替えられるタイプ

冷蔵庫の収納スペースを、冷蔵室、野菜室、冷凍室などに切り替えられるタイプの冷蔵庫もあります。収納スペースを中央や一番下など、自由に切り替えられるため、子どもの成長や季節の変化に合わせて柔軟に対応することが可能です。

さらに、冷凍室を2つにできるものもあります。作り置きや大量の冷凍食品の収納にも対応可能です。冷蔵庫の機能を変えられることは、子どもがいる家庭にとって大きなメリットといえます。

冷蔵庫の選び方4:機能面で選ぶ

現在販売されている冷蔵庫には、さまざまな機能が搭載されています。ここでは、搭載されている主な機能と、活用することでどのようなメリットが得られるのかをご紹介します。

独立製氷室

冷たい飲み物が好きな方やお酒を飲む方にとって、独立製氷室の有無は確認しておきたいポイントです。独立製氷室のメリットとしては、他の食品に影響を与えずに氷を取り出せること、氷に他の食材の匂いがつかないことなどが挙げられます。特に魚を冷凍保存する機会が多い家庭には、おすすめの機能です。

耐熱トップテーブル

「耐熱トップテーブル」とは、冷蔵庫の天面に耐熱素材を使用することで、電子レンジやオーブンレンジなどを置ける機能です。耐熱トップテーブルは容量が少ない小型冷蔵庫に採用されていることが多く、狭いキッチンスペースを有効活用できることがメリットです。ワンルームマンションなどで1人暮らしをしている方に適した機能といえます。

食品の鮮度を保つ機能

単に食品を冷やすだけでなく、鮮度を保つ機能を搭載している冷蔵庫もあります。庫内の温度を約-3℃に保つことで、肉や魚の鮮度を高い状態で維持できます。この機能を「パーシャルフリージング」といいます。

また、チルド機能を搭載している冷蔵庫もあります。パーシャルフリージングが約-3℃に保つのに対して、チルドは約0℃で保存します。これで、鮮度が落ちやすい刺し身もおいしく食べられるというわけです。

肉類や魚類など、腐りやすい食材を新鮮な状態でおいしく食べたい方は、パーシャルやチルド機能を搭載した冷蔵庫を購入しましょう。また同時に、食品に含まれる栄養素を守る効果も期待できるため、健康志向の方にもおすすめです。

省エネ性能

電気代を節約したい方は、省エネ性能が高い冷蔵庫を選びましょう。冷蔵庫は24時間稼働するため、家電の中でも電気消費量が多いとされています。省エネ性能が高いものを選ぶことで、大きな節電効果が期待できます。

省エネ性能が高い冷蔵庫の選び方で参考になるものとして「統一省エネルギーラベル」が挙げられます。統一省エネルギーラベルとは、冷蔵庫やエアコン、テレビ、照明器具などの年間の目安電気料金や、省エネ評価を確認できるラベルのことです。

また、性能だけでなく、自身の冷蔵庫の使い方を見直すことでも省エネ効果を高められます。具体的には、ドアの開閉を少なくしたり、熱いものは冷ましてから入れたりするなどです。日頃の生活で意識して取り組むようにしましょう。

冷蔵庫の選び方5:メーカーの特徴から選ぶ

設置された冷蔵庫

冷蔵庫を販売しているのは日本のメーカーだけではありません。海外メーカーも日本で冷蔵庫を販売しています。日本メーカーの冷蔵庫は、多彩な機能を搭載したものが多いです。一方で、海外メーカーの冷蔵庫は、価格の安さが魅力です。ここでは、それぞれのメーカーの特徴を見ていきます。

三菱電機(MITSUBISHI)

三菱電機の冷蔵庫は、コンパクトでありながら大容量を実現している特徴があります。狭いキッチンスペースでも大容量の冷蔵庫を設置可能です。三菱電機の独自技術として、AI(人工知能)が自動的に瞬間冷凍する機能が挙げられます。収納スペースに食材を入れるだけで瞬間冷凍できます。瞬間冷凍した食材は、包丁で簡単に切れるのも特徴です。

また、扉開閉センサーと温度センサーを活用することで、AIが生活パターンを学習し、食材の鮮度を守る機能が搭載されている冷蔵庫もあります。さらに、スマホアプリで冷蔵庫の使用状況を確認できたり、食材ごとに最適な保存場所をお知らせしてくれたりなど、スマホとの連携も進んでいます。

日立(HITACHI)

日立は大型冷蔵庫のラインナップが豊富で、菌の繁殖を抑えて食材の鮮度を保つ機能や、食材を置くだけで、素早く冷凍できる機能などを搭載した冷蔵庫を販売しています。また、野菜室と冷凍室、冷蔵室を自由に切り替えられる機能を搭載している冷蔵庫もあり、ライフスタイルに合わせて好みの仕様にできます。

さらに、スマホアプリとの連携も充実しています。冷蔵庫内を写真撮影しておくと、買い物先で庫内に保存している食材をスマホで確認することが可能です。また、食材ごとに賞味期限と消費期限を登録しておくと、期限が近づいた際に通知で知らせてくれる機能もあります。アプリで管理することで、食材を無駄にすることなく使い切ることが可能です。

東芝(TOSHIBA)

東芝の冷蔵庫の特徴は、野菜の保存に役立つ機能が充実していることです。庫内を野菜の保存に適した温度と湿度に自動調整し、みずみずしさを保つ機能を搭載している冷蔵庫を販売しています。

中央の収納スペースを野菜室にしていることからも、野菜の保存技術に力を入れていることがうかがえます。また、冷蔵庫を自宅のWi-Fiにつなぐことで、AIが使用パターンを学習し、省エネ運転を行ってくれる機能を搭載した冷蔵庫もあります。

シャープ(SHARP)

シャープは他のメーカーにはない「両開き」の冷蔵庫を販売しているのが特徴です。設置スペースが限られている場合は、シャープの冷蔵庫がおすすめです。

また、シャープ独自の「プラズマクラスター」を搭載している機種もあります。プラズマクラスターとは、自然界にあるものと同じプラスとマイナスのイオンを、プラズマ放電によって作り出すシャープ独自の技術のことです。これで庫内の浮遊菌や付着菌を除去でき、食材の劣化を防げます。

その他の特徴として、シャープの冷蔵庫は他のメーカーよりも冷凍室の容量が大きいことが挙げられます。大量の冷凍食品をまとめ買いした場合でも、問題なく収納できるでしょう。

パナソニック(Panasonic)

パナソニックは、業務レベルで急速冷凍ができる機能を搭載した冷蔵庫を販売しています。おいしい状態で食材を保存することが可能です。また、約-3℃の微凍結で新鮮保存できる「微凍結パーシャル」という機能を搭載した冷蔵庫もあります。解凍しなくてもすぐに調理にとりかかれるのは、うれしいポイントです。冷凍機能が充実しているため、まとめ買いをする家庭におすすめのメーカーです。

アクアAQUA

アクアは中国のハイアールグループのブランドです。かつての三洋電機の技術を受け継いでいます。アクアの冷蔵庫は、リーズナブルな価格が魅力です。また、洗練されたデザインのため、どのような内装の部屋にも合います。

サイズのバリエーションが豊富なのも特徴のひとつです。さらに、冷凍室内の温度変化を抑制して冷凍焼けを防止する「おいシールド冷凍」や、冷蔵室底面から野菜室の中を確認できる機能などを搭載した冷蔵庫を販売しています。

ハイセンスHisense

中国のハイセンスグループも日本で冷蔵庫を販売しています。ハイセンスの冷蔵庫もアクア同様、リーズナブルな価格が魅力です。日本メーカーが販売している冷蔵庫よりも機能面は劣りますが、急速製氷機能や野菜の鮮度を保つ機能などを搭載している冷蔵庫を販売しています。

また、静音設計や冷蔵庫のドアを一定時間開けっ放しにしている際にアラームで知らせてくれる機能など、便利な機能を搭載している冷蔵庫もあります。

まとめ

冷蔵庫の選び方はさまざまです。家族構成や住居スペース、収納のしやすさなどを考慮して選ぶことが大切です。また、各メーカーで冷蔵庫の特徴は異なるため、機能面にも注目しましょう。食材の鮮度を優先する方には、鮮度を保つ技術が優れたメーカーの冷蔵庫がおすすめです。さらに、冷蔵庫は高価格な家電です。価格も購入時の判断材料といえるでしょう。冷蔵庫の機能よりも価格を重視する方は、日本メーカーではなく海外メーカーの冷蔵庫を選ぶことをおすすめします。

セカンドストリートでは、冷蔵庫の販売を行っており、定価よりもリーズナブルな価格で購入可能です。一方で、中古家電に不安があるという方もいるでしょう。セカンドストリートでは、最大6ヵ月間の返金保証が付くため、安心して購入いただけます。

▼返金保証についてはこちら

また、冷蔵庫の販売だけでなく買取サービスも行っています。10年以内の冷蔵庫であれば買取可能ですので、買い替える際はぜひセカンドストリートをご利用ください。店頭買取はもちろん、出張買取サービスも行っております。出張買取サービスはご自宅で査定・買取まで行いますので、店舗に出向く時間がない方や、冷蔵庫を運搬する手間を省きたい方などは、出張買取サービスをご利用ください。

▼セカンドストリートの家電の買取についてはこちら

▼セカンドストリートの出張買取についてはこちら

▼お近くのセカンドストリートの店舗はこちらから

  • 記事を書いたライター
  • ライターの新着記事
Zaizen

Zaizen

さまざまなジャンルの記事を執筆しています。趣味は写真撮影と楽器演奏。ベースとキーボードをやっています。カメラや楽器、家電製品などの情報をわかりやすくお伝えできればと思います。

  1. ギターを買取してもらうおすすめの方法は何?高価買取してもらうコツも紹介

  2. インパクトドライバーを安い価格で購入可能な場所は?ホームセンター以外の選択肢を紹介

  3. エレキギターの選び方とは?ギターの種類や持っておくべきアイテムなどを紹介

ランキング

DAILY
WEEKLY
MONTHLY
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  1. 1
  2. 2
  3. 3
セカンドストリート オンラインストア セカンドストリート 買取サービスのご案内 セカンドストリート 店舗を探す

おすすめ記事

関連記事

PAGE TOP