おしゃれも。暮らしも。新ライフスタイルマガジン。

スポーツ・アウトドア

釣り初心者がまず把握しておきたいこと!釣りの始め方や必要な道具について紹介

釣りは人気の趣味の一つです。趣味として釣りを始めようと考えている人もいるでしょう。

釣りの成果は道具によって変わる部分もあるため、道具選びは大切です。この記事では、釣り初心者の人が把握しておきたい釣りの始め方や、必要な道具の選び方などをご紹介します。

リユースショップのセカンドストリートでは、新品よりもリーズナブルな価格で釣具を販売しています。釣りに必要な道具を購入する際はぜひご利用ください。

道具購入前に釣り初心者が押さえておきたい釣りに関する基本情報

釣りをしていて当たりがきた様子

まずは、釣り初心者が押さえておきたい釣りに関する基本的なことをご紹介します。

釣りの種類は主に2種類に分けられる

釣りの種類は主に「海釣り」と「淡水釣り」に分けられます。海釣りと淡水釣りでは、釣れる魚の種類や必要な道具などが異なります。
それぞれの特徴を以下でご紹介します。

海釣りの特徴

海釣りはその名の通り、海でする釣りのことです。防波堤や砂浜、海釣り公園などで行います。

海釣りの特徴は、潮の満ち引きである潮汐(ちょうせき)や波があることです。釣りの成果は潮汐や波の状態に大きく左右されます。

海釣りのメリットは、魚種が豊富でかつ食べられる魚が多いことです。また魚種が豊富なため、さまざまな釣り方を楽しめることもメリットといえるでしょう。

一方で、釣り初心者の場合、天候や潮汐の影響を考慮するのが難しい点がデメリットです。また必要な道具が多いこと、海水の影響で釣具が錆びやすいことなども海釣りのデメリットといえます。

淡水釣りの特徴

海釣りに対して、淡水の場所でする釣りのことを淡水釣りといいます。具体的な場所として、渓流や河川・湖・池などが挙げられます。

淡水釣りのメリットは、初心者でも手軽に楽しめることです。海釣りよりも少ない道具で釣りができます。

一方で、釣れる魚種が限られている点がデメリットです。食べられる魚が少ないため、食べることを目的に釣りをしたい人には向いていません。

釣る場所が決まったら何で釣るかを決めよう!

釣る場所が決まった後は何で釣るかを決める必要があります。具体的には「エサ釣り」か「ルアー釣り」かです。
以下でそれぞれの詳細をご紹介します。

エサ釣りの特徴

ゴカイなどの活きエサや、オキアミなどの死にエサ(冷凍エサ)を使用して釣るのがエサ釣りです。なおエサ釣りには「サビキ釣り」や「ちょい投げ釣り」などがあります。

サビキ釣りは胴付き仕掛けを使用する釣り方なのに対して、ちょい投げ釣りは竿を振って投げる釣り方のことです。いずれも比較的簡単に釣れる方法のため、初心者に向いているといえます。

生餌であるため魚の食いつきがよく、初心者でも釣れる可能性が高いことがエサ釣りのメリットです。またルアー釣りよりもお金がかからない点もメリットといえるでしょう。

一方で、エサの臭いが苦手な人や、虫などを手で触ることに抵抗がある人には向いていない釣り方といえます。また釣り場に運ぶ荷物が多くなることもデメリットの一つです。

ルアー釣りの特徴

ルアー釣りとは、ルアーと呼ばれる疑似餌(ぎじえ)を使って釣りをする方法です。疑似餌は本物のエサを真似て作られた偽物のエサのことです。

狙った魚を釣れることが、ルアー釣りのメリットとして挙げられます。また活きエサのような嫌な臭いがしないことや、釣り場に持っていく荷物を最小限に抑えられることなどもメリットです。

一方で、ルアーの動かし方などのテクニックが必要になる点はデメリットといえます。またルアーは生餌よりも販売価格が高く、購入費用がかかる点にも注意が必要です。

釣り初心者がそろえるべき道具

釣りに必要な道具一式

釣りの基本的な部分が理解できたら、釣りに必要な道具を購入しましょう。
ここでは、釣り初心者がそろえるべき道具をご紹介します。

必要な道具①:釣り竿

釣り竿には、海釣り用と淡水釣り用があります。3~4m程度のリール竿を選ぶのがおすすめです。リール竿であれば、サビキ釣りやちょい投げ釣りなど幅広く使えます。

釣り竿を購入する際は、竿の硬さを表す「オモリ負荷」を確認することが大切です。号数が大きくなるほど硬いということです。初心者であれば10~20号程度がおすすめといえます。

必要な道具②:リール

リールは「スピニングリール」「両軸リール」「片軸リール」の3種類に分けられます。初心者には、汎用性の高いスピニングリールがおすすめです。

リールを選ぶ際はリールの大きさに注目しましょう。リールのサイズは4桁の数字で表されており、糸巻量の多さやサイズが大きくなるにつれて番号が大きくなります。
初心者であれば、汎用性の高い2,000~2,500番のリールがおすすめです。

必要な道具③:仕掛け

釣りをする際には、ターゲットの魚に合った仕掛けを用意することが大切です。なお釣り初心者には、全てのパーツが接続された状態で売られている「完成仕掛け」をおすすめします。

完成仕掛けはそのまま使用できるため、自身で仕掛けを作る必要がありません。どれを購入すればよいのか自身で判断できない場合は、販売店のスタッフに聞いてみるとよいでしょう。

必要な道具④:水汲みバケツ

エサや魚を触った後に手を洗ったり、釣った魚を入れたりする際に活用できるのが水汲みバケツです。

高い場所からでも水を汲めるロープ付きの物を選ぶことをおすすめします。
なお折りたたみ式の物であれば、簡単に持ち運びできます。

必要な道具⑤:はさみ

糸を切るためのはさみは、釣りをする際の必需品といえます。糸がからまったり結び目の余分な糸を切ったりする際などに活用します。糸を切るのが主な使用用途のため、サイズが小さいはさみでも問題ありません。

なおこれまでご紹介してきた道具に加えて、タオルや手袋、カラビナ型マルチツール、万能ナイフなども持っていくとより安心できます。また釣り場で出たゴミは持ち帰るのがマナーのため、ゴミ袋も用意しましょう。

セカンドストリートでは、さまざまな中古の釣具を新品よりもリーズナブルな価格で販売しています。また店頭販売だけでなくオンラインストアでも販売しているため、ぜひ一度覗いてみてください。

お近くのセカンドストリートの店舗はこちらから

セカンドストリートオンラインストア「新着フィッシング(スポーツ)」はこちら

釣り初心者でも楽しめる釣り方や場所

海沿いの公園で釣りを楽しんでいる人

釣りの道具を購入したのはよいが、どう始めればよいか分からない人もいるでしょう。
ここでは、釣りを始めるのにおすすめの場所や釣り方などをご紹介します。

海釣りであれば防波堤や海釣り公園がおすすめ

海釣りを始めたい人には、防波堤や海釣り公園などで釣りをすることをおすすめします。防波堤であれば、サビキ釣りやちょい投げ釣りが簡単に始められます。

また海釣り公園は転落防止柵が設置されていることが多いため、安全に釣りを始められる場所といえます。

サビキ釣りやちょい投げ釣りは仕掛けが簡単であり、かつ釣果が期待できる方法です。アジやサバ、イワシ、カサゴなどを釣れる可能性があります。

淡水釣りであれば小さい川がおすすめ

淡水釣りをするのであれば、小さい川がおすすめです。小さい川は比較的流れが緩やかなため、初心者でも安心して釣りを楽しめます。

ナマズやコイ、フナ、ブラックバスなどを釣れる可能性があります。特にフナは小さな川にも生息しているため、初心者はまずフナ釣りから始めるのもよいでしょう。

釣りをする際の注意点

「釣り禁止」の看板が取り付けられている門

釣りをする際に注意すべきことがいくつかあります。
以下で注意点について詳しくご紹介します。

釣り禁止区域でないかを確認する

釣り場所を決める際は、その場所が釣り禁止区域でないかを確認する必要があります。「関係者以外立ち入り禁止」と書かれた看板が設置されている場所には入らないようにしましょう。

また看板がない場所でも禁止されている可能性があります。事前に自治体やWebサイトなどで情報を収集した上で決めることが大切です。

他の人に配慮する

釣りをする際は、他の人に配慮することが大切です。釣りが許可されているからといって、何をしてもよいわけではありません。

すでに人が釣っている場所の横に入りたい場合は、一言あいさつするようにしましょう。なお横に入る際は、糸がからまったり釣りの邪魔になったりすることを防ぐためにも、ある程度間隔を空けるようにします。

ゴミは持ち帰る

釣り場で発生したゴミは、持参したゴミ袋に入れて持ち帰るのがマナーです。特にビニールゴミの放置は海の生態系に悪影響を与える可能性があります。

また釣り人のマナーが悪いと、現在釣りができる場所でも釣り禁止区域に指定されてしまうかもしれません。他の人に迷惑をかけないようにするためにも、マナーを守るようにしましょう。

まとめ

釣りをする際は、まず海釣りをするのか淡水釣りをするのかを決めます。それぞれメリット・デメリットがあるため、考慮して選ぶようにしましょう。

釣り方が決まったら道具を購入します。さまざまな機能が付いている高価な道具は初心者では使いこなせない可能性があるため、まずは基本的な機能のみが付いている物を購入することをおすすめします。

全国に750店舗以上を展開するセカンドストリートでは、釣具の買取ならびに販売を行っています。釣りを始めようと考えている人は、ぜひセカンドストリートで道具をそろえてみてください。

またアウトドアギア専門店の「セカンドアウトドア」の運営も行っておりますので、お近くに店舗がある人は、ぜひ立ち寄ってみてください。

お近くのセカンドストリートの店舗はこちら
セカンドストリートオンラインストア「新着フィッシング(スポーツ)」はこちら
セカンドアウトドアについてはこちら
セカンドストリートのスポーツ・アウトドア用品の買取はこちら

  • 記事を書いたライター
  • ライターの新着記事
Zaizen

Zaizen

さまざまなジャンルの記事を執筆しています。趣味は写真撮影と楽器演奏。ベースとキーボードをやっています。カメラや楽器、家電製品などの情報をわかりやすくお伝えできればと思います。

  1. 電子レンジのターンテーブルが回らない原因とは?対処法や長く使うためのポイントなども紹介

  2. 煙が出た電子レンジはその後も使える?煙が出る原因や対処法とは

  3. 電子レンジから変な音がするのはなぜ?異音の原因と対処法について把握しておこう

関連記事

PAGE TOP