コーディネートを選ぶ女性店員

キャンプ初心者の不安を解消。
セカンドストリート店員が教えるキャンプの必需品&楽しみ方。

アウトドアやレジャーが楽しみな季節は、アウトドア好きのお友達からキャンプのお誘いなども増えがちな時季ともいえます。しかし、キャンプが未経験な方にとっては「どんな服装で行けばいいんだろう?」「何か持っていくものや準備するものはあるのだろうか?」など右も左も分からないことだらけ…。困った経験をした方も多いのではないでしょうか。

そこで今回は、休日にはデイキャンプを楽しんでいるというセカンドストリートの田代 真依子さんと、駅チカながら広い店内と豊富な品揃えを誇る、埼玉県・所沢市にあるスーパーセカンドストリート所沢トコトコスクエア店へ。

お店自慢のアウトドアコーナーをまわりながら、初めてのデイキャンプにオススメの服装や持ち物、キャンプの楽しみ方などについても伺いました!

アウトドア売場の前で笑顔で迎えてくれた女性店員

田代 真依子(タシロ マイコ)

1991年4月20日生まれ。埼玉県出身。セカンドストリート所沢店店長。
会社の先輩に誘われたことをきっかけにキャンプにハマり、現在は月に1回程度のペースで仲間とデイキャンプを楽しむ。

デイキャンプってどんな服装で行けばいいの?

初夏を迎えてポカポカと暖かく感じるこの季節ですが油断すると朝晩は意外とひんやり肌寒い日もあって、なかなか毎日のコーディネートもが難しいもの。そんな時期に初めてのキャンプとなれば「どんな服装で行くのが快適?」と素朴なギモンが…。

-田代さん、そもそもキャンプに着て行けそうな服を全く持っていない場合は、どんな服を着ていけばいいでしょうか?“スカートは控えて動きやすい服装”くらいしか知識がないのですが…。

田代そうですね。デイキャンプとのことなので、動きやすい服装がベターだと思います。ただ、スカートは控えなくても大丈夫ですよ!心配であればスカートの下にレギンスなどを履いておくと虫よけにもなりますね。たとえばアースカラーのジャンパースカートは「キャンプ感」が出て可愛いと思います!

(→セカンドストリートオンラインストア「新着ジャンパースカート」はこちら

動きやすさや機能性を無視しなければ、わりと自由度が高いんですね。

田代そうですね。頻繁にキャンプに行く予定がないのであれば、まずはタウンユースで着れるアイテムでも十分だと思います。あえていうなら機能性を考えるとマウンテンパーカーがあると良いかなと思います。これも普段使いできるデザインや色を選べば、気持ち的なハードルも下がるかも(笑)。
また水辺でのキャンプの場合は、防水素材のものや撥水加工されているものだとなお良いですね。特に〈GORE-TEX ゴアテックス〉(※1)製のものはオススメです!

マウンテンパーカーをオススメする女性店員

(※1)アメリカ生まれの防水透湿素材のこと。雨や風の侵入を防ぎながら内側の湿気を逃がすことのできる素材で、スポーツウェアやアウトドアウェア、シューズなどに多用されている。

(→セカンドストリートオンラインストア「新着マウンテンパーカー(レディース)」は、こちら

(→セカンドストリートオンラインストア「新着GORE-TEX アウター(レディース)」は、こちら

(→〈GORE-TEX〉に関する特集記事は、こちら

初夏の時期の川沿いでのキャンプって暑さ・寒さはどうなんでしょう?

田代日中は半袖で全然大丈夫だと思います!夕方辺りから肌寒くなってくるので、上着とひざ掛けなどがあると安心ですね。この時期でも、日差しが夏と同じくらいになることもあるので、日焼け対策と熱中症対策のために帽子はマストアイテムです!キャップでも良いのですが、私は首の後ろまで守りたいのでバケットハットをよく被ります。バケットハットも“キャンプ感”の出るアイテムですね(笑)。

(→セカンドストリートオンラインストア「新着バケットハット」は、こちら

-なるほど!楽しくキャンプを楽しむためにも、日焼けや熱中症には絶対気をつけたいですね!他に注意することや、田代さんのこだわりはありますか?

田代服装で注意することは、焚火をするのであれば匂いがついたり火の粉で穴が開いてしまう可能性が高いので、お気に入りの服でいくと後悔するかもしれないですね…。匂いは洗濯すればとれるので、洗濯機で洗えるものを選ぶようにしたり、最悪穴が開いてもいい服でいくのがベターだと思います。

ちなみに、私はポケットの多い服を着るようにしています!なんでもポケットに入れられるので、両手が塞がることなく身軽に行動できるのでオススメです。ポケットの多い服がない場合は、小さめのボディバッグがあると便利ですよ。私は体にしっかり密着するボディバッグの方が好みですが、サコッシュでも良いと思います!

-焚火の際の匂いや火の粉のこと、初心者じゃわからないのでとても参考になります!

田代では、実際に今のポイントを踏まえてコーディネートを組んでみましょうか!

コーディネートを選ぶ女性店員

田代こんな感じで、どうでしょう?

デイキャンプ向けのレディースコーディネート

マウンテンパーカー・インナーのTシャツ・ジャンプスカートをアースカラーでまとめ、バケットハット・サコッシュ・スポーツサンダルを黒にすることでメリハリを付けてゆるくなり過ぎないコーデに。

-「キャンプ感」あって良い感じですね!選び方のコツがあれば教えてください。

田代 「キャンプ感」大事ですよね(笑)。選び方としては、先ほど説明した帽子やバッグなどのポイントを押さえつつ、全体をアースカラーでまとめて、小物に黒を使って引き締めました。実際はこのジャンパースカートの下にレギンスを履くイメージでコーデを組んでいます!あと、川沿いでのキャンプを想定して、足元はスポーツサンダルにして川遊びもできるようにしてみました。

-参考になります。ありがとうございます!

これがあると安心!キャンプ必需品とは?

-次は、初めてのデイキャンプにぜひ持っていった方が良いアイテムについて、教えていただけますか?

田代 はい!今回はビギナーでも持ち運びやすい小物類の持ち物を押さえていきましょう!私のオススメは、〈Snow Peak スノーピーク〉のマグカップですね。

マグカップを手にする女性店員

-これ、アウトドア好きの方がよく持ってるイメージがあります!

田代 こちらのマグカップはチタン製なので軽量なうえ、丈夫で錆びない優れものなんですよ。さらに取っ手が折り畳めるフォールディングタイプになっているので、収納性も優れているので荷物を軽くしたいときやコンパクトにまとめたいときに最適です。

Snow Peakのマグカップ

田代さんイチオシの〈Snow Peak スノーピーク〉のマグカップ。

軽い上に丈夫っていうのはありがたいですね!見た目も可愛いです。

田代 そうですよね。あとは食器系でいうと、折り畳みのカトラリーセットもオススメです。使い捨ての割り箸などを使用するとゴミの始末が面倒だったりするので、自分のカトラリーセットがあると繰り返し使えて便利ですし、愛着も沸きますよ。

折り畳み可能なカトラリー4点セット

折り畳みができるカトラリー4点セット。

しかも割り箸やプラスチックのカトラリーよりも使いやすそうですし、料理の写真が映えそうですね。

田代はい、「おしゃれキャンプ」にはマストアイテムです!

-他にも何かオススメはありますか?

田代以前私がキャンプに行った際、お手洗いに虫がたくさんいて大変な思いをした経験があります(笑)。なので、虫よけスプレーは持っていくことをオススメします!あとはたまにトイレットペーパーが設置されていないキャンプ場もあるので、トイレットペーパーがあると安心ですが、かさばるのでトイレットペーパーの有無などは事前に調べておくと良いかもしれませんね。

-なるほど、それは知らないと大変な思いをしてしまうところでした…!

田代ですよね(笑)。あとは、私はカメラが好きなのでいつも一眼レフを持っていっています。カメラが重いので、他のところでどうにか身軽にしようと意識していますね。ほかにも、趣味でマクラメ(※2)をつくっているので、それを持っていって飾り付けたりもしますよ。写真映えもしますし、テンションも上がりますよね。

(※2)織物の一種。太い糸で編んだものは主にテーブルクロスやカーテンなどの装飾品として使用される。

趣味のマクラメを装飾している様子

友人たちとマクラメで飾り付けをしている田代さん。

田代さんがキャンプしたときの様子(全体)
田代さんがキャンプしたときの様子(アップ)

夜のキャンプの様子。マクラメで飾り付け雰囲気も抜群にアップ。撮影は田代さんの一眼レフにて。

-すごく素敵ですね!

田代ありがとうございます。キャンプに慣れてきて頻繁にいくようになったら、アウトドアチェアを買うのも良いですよ。セカンドストリートでは、人気ブランドのアウトドアチェアもリユースならではのリーズナブルなプライスで探すことができます。また、リーズナブルなものなら2,000円程度のものもあるので、初めて購入する方にもオススメです。キャンプにいって自分のイスがあるっていうだけで、気分が上がりますよ。

アウトドアチェア写真

セカンドストリートでは、アウトドアチェアもリーズナブルなものから人気ブランドのものまで広く取り扱っている。

-確かに!ぜひ探してみます!

(→セカンドストリートオンラインストア「新着アウトドアチェア」は、こちら

キャンプ好きのセカスト店員がオススメする、キャンプの楽しみ方。

-田代さん、色々教えていただきありがとうございました!とりあえずはこれでキャンプに行けそうです!

田代お役に立てて良かったです!

-最後に、田代さん的キャンプの楽しみ方の極意を教えていただけますか?

田代私も初めてキャンプに行ったときは、アウトドアチェアやカトラリーもお借りして、ご飯もでき上がるのを眺めて待っているような状態でした(笑)。楽しみ方は人それぞれですので、あまり気負わず自由に楽しむのが一番だと思います。ちなみに私はみんなで写真を撮ったり編み物をしたり、のんびりするのも好きですよ。キャンプの楽しみ方に正解はないので、自分なりの楽しみ方を見つけるのが良いと思いますね。

アウトドアチェアを紹介する田代さん

-今日はありがとうございました!

田代こちらこそ、ありがとうございました!


新しい趣味に挑戦するとき、ついついカタチから入って散財して、結局のめり込めぬまませっかく買ったものを無駄にしてしまう…なんて経験、身に覚えがある方も多いはずです。そんな方こそ新たな趣味にチャレンジしようとする時は、まずはセカンドストリートのお店やオンラインストアを覗いてみてください。

全国に750店舗以上を展開するセカンドストリ-トでは、初めてキャンプをする方やこれからキャンプを始めたい方が手軽に始められるようなリーズナブルなものから、キャンプ上級者が求めるハイスペックなアイテムやレアなヴィンテージまで、アウトドアウェアやキャンプグッズを豊富に取り揃えています。地域によってはアウトドア専門のセカンドアウトドアも展開しているので、そちらも是非チェックしてみてください。

スーパーセカンドストリート所沢トコトコスクエア店の売場

取材を行ったスーパーセカンドストリート所沢トコトコスクエア店のアウトドアコーナーにはキャンプに便利なリユースアイテムが豊富に揃っている。

また、現在お家のクローゼットの中で眠っている、“かつて趣味だったモノたち”があれば、是非セカンドストリートにお持ち込みください!きっと新たな趣味に挑戦しようか迷っている方を“アナタの趣味だったモノたち”が後押しするはずです。

(→お近くのセカンドストリートは、こちら
(→セカンドストリートのオンラインストアは、こちら
(→セカンドアウトドアについては、こちら

【取材店舗】スーパーセカンドストリート所沢トコトコスクエア店の店舗写真

スーパーセカンドストリート所沢トコトコスクエア店

・住所:〒359-1116 埼玉県所沢市東町5丁目22番 トコトコスクエア4F

・営業時間:10:00〜20:00(※営業時間は、WEBサイトをご確認ください。)

・駐車場台数:535台

・店舗タイプ:大型リユースショップ

Facebook Twitter
記事一覧