ダッフルコート

ダッフルコート
HISTORY

リラックスした冬の装いに使える。

北ヨーロッパの漁師の仕事着が起源とされ、第二次世界大戦において英国海軍の防寒着として採用されたのち、大戦後に余剰在庫が市場に出回ったことから一般に定着したダッフルコート。

ベルギーのアントウェルペン近郊の都市デュフェル(英語名ダッフル)で多く作られていた、起毛仕上げの厚手のメルトン生地を使用しているためダッフルコートと呼ばれるようになった。

現在の形の基礎となったイギリス海軍のダッフルコートは、キャメル色の生地、木製トグルと麻紐のループ、帽子の上からでも被れる大きなフード、膝までの丈を備えており、制服の一番上からでも着用できるよう、非常にゆったりした作りになっていた。基本的に裏地はなく一枚仕立て。トグルが動物のツノなどを加工したものや、内側にチェック柄が施されているものなどのほか、近年ではポリエステルやフリースなどの生地を使い、形状のみを真似たものがダッフルコートと呼ばれることもある。

日本においては学生がスクールコートとして着用するイメージも強いが、これは詰襟やセーラー服などの学生服もまた海軍の装いをルーツにしているため。カジュアルな装いという印象が強いため、ビジネスでの着用には向かないコートと言える。

ONLINE STORE
掲載商品は、代表的な商品例です。入れ違いにより販売が終了している場合があります。
SHARE