FASHION

“ほどほどに、がいい加減” 80%の男が作った〈パタゴニア〉【傑作ジャケット編】

「社員をサーフィンに行かせよう」と説き、自身を80%の男と認識する。そんな創業者の非凡なキャラクターからして、並大抵のブランドでは勝負にならないのかもしれない。

〈Patagonia パタゴニア〉。その衣服を身に纏うことは、単なる行為を超えた意思表示であり、そこには“創造主”イヴォン・シュイナードへの敬意と共感が多分に含まれるはずだ。ブランドの根底にあるのは、いわば地球規模の中庸であり配慮。その意志を未来につなぐプロダクトは、今を生きるしかない我々を優しく諭す。

ブランドの代表作であるフリースジャケットについては、前回語った通り。今回は、その他の名作ジャケットにフォーカスを当てていこう。

特大のバイタリティとマインドを携え、地球と仲良く遊ぶ。

物事にどれだけ没頭しても、熟練度が80%に達すれば未練なく辞める。そして、まったく違う何かを始める。そう公言するイヴォン・シュイナードは、驚くほど多彩な趣味を持つ。齢80を超えてからもサーフィンやヨガ、ガーデニングなどを楽しんでいるようだが、14歳の頃は南カリフォルニアの鷹狩団体に所属。鷹やハヤブサの調教に熱中し、ある日リーダーからハヤブサの巣まで懸垂下降する方法を教わった。すなわち、クライミングデビューだ。

そこから紡がれるブランドの軌跡は【フリースジャケット編】でご覧いただくとして、何より驚愕なのが創業者のバイタリティ、そしてマインドの大きさであろう。鍛冶屋の真似事からスタートした「ピトン」作りに始まり、岩肌を傷つけないクライミングギア「チョック」の考案、「フリースジャケット」をはじめとする機能的ウエアの開発、世に先駆けたSDGsの実践。それらはすべて、地球と仲良く遊ぶためのものだ。

パタゴニア_Patagonia_フィッツロイ山群

フィッツロイ山群を模したお馴染みのロゴにも、地球への愛と配慮が表れる。

そう考えると、80%を美学とするブランドの“100%の情熱”が見えてくる。だからこそパタゴニアの服はいつだって朗らかで、美しい。以下で紹介する傑作ジャケットにも、熱き矜持がたっぷりと詰め込まれている。

「DAS PARKA ダスパーカー」
ブームを牽引したアイコニックジャケット。

思い返せば、日本でパタゴニアブームが巻き起こったのは’90年代後半以降。その火付け役となったのはいわゆるフリースではなく、このクライミング用ジャケットだった。

「DAS PARKA ダスパーカー」というモデル名は、外気の冷えを遮断する空気の層(断熱空気層)である「DEAD AIR SPACE デッドエアスペース」の頭文字からとったもの。1992年から2016年まで作られ続け、翌年に一度は廃盤となるも2020年にアップデート版が発表されている。

パタゴニア_Patagonia_DAS-PARKA_ダスパーカー_01

1992年より登場した「DAS PARKA ダスパーカー」は、日本でのブームを牽引。写真のモデルは02年製。

ここで紹介するのは、リニューアル前のモデル。よりファンクショナルな現行品に比べて多少の重さはあるものの、独特の丸みを帯びたフォルムや味のあるカラーリングが愛おしい。シェルの内部にはダウンではなく化繊の中綿が使われ、水に濡れても優れた防寒性能を維持する。

パタゴニア_Patagonia_DAS-PARKA_ダスパーカー_02

上下に開くファスナーを搭載した、スクエア型の胸ポケット。

ブランドを代表するロングセラーゆえ、ディテールからは絶妙な進化の足跡が見て取れる。たとえば左胸のファスナーポケットは、2004年以前のモデルがスクエア型で、それ以降は丸みを帯びた形状に。2002年を境にして、サイドポケットの位置と開閉の向きも変わった。

なお、最初期の1992年製ダスパーカーだけはフードが着脱できる仕様だったようだ。この試行錯誤に潜む向上心や柔軟さにも、実にパタゴニア的な人間的魅力が感じ取れるだろう。

パタゴニア_Patagonia_DAS-PARKA_ダスパーカー_03

左右に付く大きめのサイドポケットは、01年までと02年以降のモデルとで位置と開閉の向きが異なる。

先述した通りブランドの人気爆発を先導した今作だが、その大きな理由として独特のカラーバリエーションが挙げられる。写真のモデルは、ゲッコーグリーンと名付けられた2002年製の1着で、由来は月光ではなく「gecko=ヤモリ」。それ以前にリリースされたコバルトやフェニックスレッド、ブルーリボンといったカラーと並んで大人気の色だ。

2000年発表のアシッドもゲッコーグリーンと似た表情を持つが、そちらは俳優の窪塚洋介がドラマで着用して大きな話題に。当時の熱狂は記憶に新しい。

パタゴニア_Patagonia_カラバリ

ユニークなカラバリもダスパーカーの持ち味。左からポップオレンジ、バターナッツ、ゲッコーオレンジ。

色に関しては、こんな逸話も残る。過去のマスターピースを血眼で探すパタゴニアコレクターの間では1993〜1994年製の「ブライトパープル」が至上とされ、2007年には某オークションサイトで100万円という落札価格を記録した。リユースマーケットでもほとんどお目にかかれないお宝は、まさに幻の逸品。やはりパタゴニアは、単なる服ではない。

「DOWN PARKA ダウンパーカー」
見た目のレトロさに反し、機能はモダン。

続いては、2005年製のヘビーアウター。往年のダスパーカー以上にボリューミーなボックスシルエットがさらなる防寒性を予感させるが、その期待は一切裏切られない。「DOWN PARKA ダウンパーカー」を羽織れば、いかなる寒風もどこ吹く風だ。

パタゴニア_Patagonia_DOWN-PARKA_ダウンパーカー_01

800フィルパワーのダウンを内蔵する「DOWN PARKA ダウンパーカー」は防寒性抜群。

ある意味で朴訥としたレトロさに反して、機能はモダンウェアに決して劣らず。その肝となるのが、内包した最上級ダウンである。通常は600〜700フィルパワーで良質、700フィルパワー以上で高品質とされるが、こちらは800フィルパワー。規格外の暖かさに触れれば、かの悪魔超人だって微笑むかもしれない。

パタゴニア_Patagonia_DOWN-PARKA_ダウンパーカー_02

ボディ素材はタフなリップストップを採用。胸部には特徴的な切り替えが。

さて今作、細部にも見どころが満載だ。リップストップボディに施されたシームのユニークな曲線のほか、肩周りと腕先部分の切り替え、前面下部のハンドウォーマーポケットなど見た目と機能の両面でオリジナリティをアピールする。

パタゴニア_Patagonia_DOWN-PARKA_ダウンパーカー_03

ハンドウォーマーとしても機能するサイドポケット。

鮮やかなブライトグリーンを軸とする緑のグラデーションは、まるで未来永劫クリーンな地球環境を願うかのよう。そんな妄想すら楽しくなってくるではないか。

「INFURNO JACKET インファーノジャケット」
アウターとフリースを一挙両得。

古き佳きマウンテンパーカーを思わせる質実剛健なデザインが、今あらためて新鮮。現在は廃盤となってしまった「INFURNO JACKET インファーノジャケット」だが、パタゴニアの歴史において他の名作と比べても小さくない輝きを放っている。

パタゴニア_Patagonia_INFURNO-JACKET_インファーノジャケット_01

「INFURNO JACKET インファーノジャケット」は、シックなマウンテンパーカータイプ。

シックなルックスにも増してパタゴニアラバーから支持を集めるポイントが、ライナーに付けられたフリースの快適さ。しかもボディだけでなく、袖の内側やポケットの裏地にまでフリース素材を使用している。

パタゴニア_Patagonia_INFURNO-JACKET_インファーノジャケット_02

裏地にフリースを当て、着心地と防寒性が向上。

ちなみに今回取り上げたモデルは2007年製で、当時のペーパータグまで現存する貴重なデッドストックだ。先立って今作は廃盤と説明したが、それは大人用に限っての話。キッズ用は今も元気にリリースされているので、今作とともに小粋な親子ペアを気取るのも悪くないだろう。

パタゴニア_Patagonia_INFURNO-JACKET_インファーノジャケット_03

ジップ式のサイドポケットは収納力十分で、シンプルながら使い勝手に優れる。

いずれにせよ、アウターとフリースを一挙両得したオールドパタゴニアは、インナーの上に1着纏うだけで心地いいお気軽仕様がうれしい。収納力に秀でた大きめのサイドポケットは手ぶらでの外出もサポートし、なおさら冬場のヘビロテを促進しそうだ。

「STORM JACKET ストームジャケット」
4つポケットかつゴアテックスのレア版は必見。

マウンテーパーカー型の良作としては、この「STORM JACKET ストームジャケット」も見逃せない存在。読んで字のごとく、風を内部に通さないナイロンシェルを使ったベーシックなライトアウターだ。

パタゴニア_Patagonia_STORM-JACKET_ストームジャケット_01

風を通さないライトシェルアウター「STORM JACKET ストームジャケット」。写真のモデルは03年製。

1996年頃から長きにわたって店頭に並んだ今作のなかでも、2003年頃までのモデルがとりわけ人気が高い。当時のモデルを見極める第一のポイントが、左右にふたつずつ付けられた計4つのサイドポケット。収納量が多く、小分け収納にも対応する親切設計ながら、2005年度版のストームジャケットを最後にふたつポケット仕様へと変更され、以降は姿を消した。

パタゴニア_Patagonia_STORM-JACKET_ストームジャケット_02

合計4つのポケットにより、身近なものを個別に収納可能。

また、2002年と2003年のストームジャケットは素材でも他とは一線を画す。この2年間のみ、〈GORE-TEX ゴアテックス〉ファブリックを採用。透湿性に優れた名物マテリアルが、シェル内部を快適環境に導いてくれる。

「GUIDE SHELL JACKET ガイドシェルジャケット」
配色に味があるストームジャケット亜種。

前章で紹介したストームジャケットの亜種ともいうべきが、同じく’90年代に生まれた「GUIDE SHELL JACKET ガイドシェルジャケット」。構造的には非常に近しく、大胆な色の組み合わせがストームジャケットとの最大の差となる。

パタゴニア_Patagonia_GUIDE-SHELL-JACKET_ガイドシェルジャケット_01

「GUIDE SHELL JACKET ガイドシェルジャケット」の特徴は、なんといってもその配色。写真のモデルは92年製。

首元や袖の切り替えはさることながらライナーのカラーリングが絶妙で、レトロアウトドア特有の温度感を体現。部分使いされた鮮やかな色は、山などの自然環境下において目立つ安全色として機能することが想像に難くない。

パタゴニア_Patagonia_GUIDE-SHELL-JACKET_ガイドシェルジャケット_02

首元や袖先の切り替えは、コーディネイトのポイントとしても機能。

扱いやすいハーフ丈、タフな高密度ナイロンシェルと、シーンを選ばず頼れる利便性もウリのひとつだ。特徴的な色使いは、街映えもしっかり約束。ダークトーンに陥りがちな冬の装いを、パッと華やかに変えてくれる。

パタゴニア_Patagonia_GUIDE-SHELL-JACKET_ガイドシェルジャケット_03

サイドポケットは計4つ。上部ふたつのフラップにのみスナップボタンが付属。

ディテールもストームジャケットよろしく合計4つのサイドポケットを持つが、今作は上部ふたつのポケットにのみスナップボタン付きのフラップを装備。たとえ些細でも確実に変化する、別の道を作る。それもまた、パタゴニアの強みに通じる。

「TORRE JACKET トーレジャケット」
ハードシェルに鮮烈カラーを纏わせて。

鮮烈のマンゴーカラーに彩られたこちらは、1998年製の「TORRE JACKET トーレジャケット」。スーパーアルパインジャケットの後継機として1996年〜1999年に製造された同モデルは、当時のフラッグシップとしてファンから崇拝された。

パタゴニア_Patagonia_TORRE-JACKET_トーレジャケット_01

「TORRE JACKET トーレジャケット」。マンゴーと呼ばれるカラーリングが鮮やか。

ハードシェルを素材に用い、過酷な登山にも耐える高い耐傷性能を確保。3レイヤー構造のため、防寒面にも抜かりはない。アイコニックなフロント胸部の縦ポケットは、アルパインジャケットにふさわしくハーネスの装着などを邪魔しないデザインだ。

パタゴニア_Patagonia_TORRE-JACKET_トーレジャケット_02

パタゴニア_Patagonia_TORRE-JACKET_トーレジャケット_03

胸部のポケットは縦に付けられ、収納力はほどほど。脇下にはベンチレーションが設けられる。

プロ仕様の設計は、脇下に配したベンチレーションでも表現されている。動きやすさをサポートするとともに、衣服内のムレを軽減。首元と同様にボディ本体とは対照的な配色とすることで、デザイン的な動きを生む点も心憎い。

パタゴニア_Patagonia_TORRE-JACKET_トーレジャケット_04

バックから見ると、袖周りの大胆な切り替えが目に入る。

色使いに長けたパタゴニアの仕事は、背面から見ることでより強く実感できる。後身頃の袖周りにのみアクセントカラーを配し、心弾む楽しさを演出。雄大な自然と真に親しむには、機能だけでなく遊び、すなわち心の余裕も必要なのだ。

「NITRO II JACKET ナイトロ2ジャケット」
プロ仕様かつタウンライクな“高嶺の花”。

登山家やクライマー、スキーヤー、スノーボーダーなど。予測不能な山の天候を生活の一部とするプロにとって、「NITRO II JACKET ナイトロ2ジャケット」は格別の相棒となった。

パタゴニア_Patagonia_NITRO-II-JACKET_ナイトロ2ジャケット_01

スノーガードを装備するなど、プロユースの仕様が光る「NITRO II JACKET ナイトロ2ジャケット」。写真のモデルは96年製。

衣服内への雪の侵入を防ぐパウダースカートや脇下のベンチレーションほか、実用的なファンクションを搭載。そのため発売当初からプライスが高めに設定されており、泣く泣く購入を見送った往年のファンも少なくないだろう。当時は手が届かなかった高嶺の花を手中に収めるには、そう、品揃え豊富なリユースマーケットにぜひとも足を運んでいただきたい。

パタゴニア_Patagonia_NITRO-II-JACKET_ナイトロ2ジャケット_02

パタゴニア_Patagonia_NITRO-II-JACKET_ナイトロ2ジャケット_03

胸部のポケットは外開きで、ハンドウォーマーとしても活躍。脇下にはベンチレーションが。

縦に並んだ胸ポケットが、先述のトーレジャケットに似た印象を抱かせる今作。ただし、こちらは両サイドのポケットがそれぞれ外向きに配置されるため、ポケット内部に手を入れてハンドウォーマーとしても使用可能だ。プロ用でありながら、タウン用としてもいい塩梅。現在に続くパタゴニアらしさが、ここでも垣間見える。

「ICE NINE JACKET アイスナインジャケット」
当時の最先端素材を使ったハイテクシェル。

前後編でお届けしたパタゴニアのプロダクト群も、いよいよ最終盤を迎える。トリを飾るのは「ICE NINE JACKET アイスナインジャケット」。2000年に登場し、わずか3年間だけ店先に並んだハイテクアウターシェルだ。

パタゴニア_Patagonia_ICE-NINE-JACKET_アイスナインジャケット_01

「ICE NINE JACKET アイスナインジャケット」の販売期間はわずか3年。写真のモデルは00年製。

スーパーアルパインジャケット、トーレジャケットに続くフラッグシップとして当時のブランドの最上位に位置した歴史的作品は、しなやかなソフトタッチが特徴。その鍵を握ったのが、当時の最先端素材「GORE-TEX XCR ゴアテックス XCR」である。

パタゴニア_Patagonia_ICE-NINE-JACKET_アイスナインジャケット_02

左袖には、当時の最先端素材であった「GORE-TEX XCR ゴアテックス XCR」のロゴが。

XCRは「EXTENDED COMFORT RANGE」の略で、「最高かつ広範囲の快適性」を意味する。つまりは透湿性や撥水性を筆頭とするゴアテックスの機能性を最大限に活かした今作は、極めて挑戦的な機能服でもあった。
(→「GORE-TEX」に関する特集記事は、こちら)

パタゴニア_Patagonia_ICE-NINE-JACKET_アイスナインジャケット_03

随所に止水ジップを採用。機能もルックスもモダンな印象に。

ミニマルなルックスに隠されたハイスペックという鋭き爪は、ベンチレーションなどの随所にあしらわれた止水ジップ、内側のシームテープからも見て取れる。さらには、ヘビーアウターらしからぬ軽量ぶりも特筆。世紀をまたぐ傑作、その風格はいまだ色褪せない。

パタゴニア_Patagonia

1973年のブランド創設から数えて50年目。2022年9月、83歳のイヴォン・シュイナードは、保有する全株式の譲渡を発表した。約30億ドルともされる莫大な富の主な譲渡先は、地球環境の改善に取り組む非営利団体。このニュースは世界的に取り上げられ、かつてないほどの賞賛を呼んでいる。

サスティナブルと謳いながらも、実態が伴わないケースが少なくないファッション業界。パタゴニアは、その根底から改善を目論む。“ほどほど”を標榜する80%の男がたどり着いた、純度100%の一発回答。地球と仲良く遊ぶための服は、これからさらに輝きを増すだろう。

ONLINE STORE
掲載商品は、代表的な商品例です。入れ違いにより販売が終了している場合があります。