おしゃれも。暮らしも。新ライフスタイルマガジン。

AV・生活家電

石油ファンヒーターの寿命目安はどの程度?買い替えを検討するタイミングも併せてご紹介

石油ファンヒーターを長年使い続けているという人もいるでしょう。冬の時期に活躍してくれる便利な暖房器具ですが、当然ずっと使い続けられるわけではありません。いつかは寿命を超えて使えなくなる日が来ます。

この記事では、石油ファンヒーターの寿命目安や買い替えを検討するタイミング、暖房器具を購入できる場所などをご紹介します。
なお石油ファンヒーターを含む暖房器具をリーズナブルに購入したいのであれば、ぜひセカンドストリートをご利用ください。

石油ファンヒーターの寿命目安は?

石油ファンヒーターはどの程度使い続けられる物なのでしょうか。ここでは石油ファンヒーターの寿命目安についてご紹介します。

石油ファンヒーターの寿命目安は6年程度

公益社団法人である全国家庭電気製品公正取引協議会は「補修用性能部品表示対象項目と保有期間」というものを定めています。これは販売した製品が故障した際に修理するための部品を家電メーカーが保有している期間のことです。

公表されている内容によると、開放式石油ストーブ・電気パネルヒーターともに6年です。このことから、石油ファンヒーターの寿命は6年程度と予想できます。
ただし、6年という数値はあくまでも目安です。使用頻度や使い方も寿命に影響するため、実際には6年以上使用できることもあります。

また部品の保管期限が6年と定められているからといって、製造から6年以上経った石油ファンヒーターの修理ができないとは限りません。メーカーによって部品の在庫が残っていれば、修理を受け付けてもらえる可能性があることも覚えておきましょう。

不具合が発生している石油ファンヒーターを使い続けるのは危険

石油ファンヒーターに不具合が発生している場合は、使用年数に関わらず使用を中断した方がよいでしょう。一方で、不具合といってもさまざまな状況が考えられます。

例えば、燃費が悪くなったり、いきなり止まったりするだけであれば、そこまで大きな問題ではないことが多いでしょう。
対して、不完全燃焼が発生すると一酸化炭素中毒などの深刻な事故につながってしまう恐れがあります。石油ファンヒーターの様子がおかしいと感じた際には、修理や買い替えなどを検討することをおすすめします。

石油ファンヒーターを長持ちさせる方法

灯油の補給をしようとしている人

ここからは、石油ファンヒーターを長持ちさせる方法をご紹介します。以下でご紹介する3つのポイントを押さえることで、寿命目安よりも長く使用できるかもしれません。

古い灯油は使わない

石油ファンヒーターを使う際は、常にその年に新しく購入した灯油を入れるようにしましょう。急に暖かくなって石油ファンヒーターが不要になった場合、灯油が余ってしまうことが考えられます。もったいないからといって昨年の灯油を使わないようにしましょう。

古い灯油は保管中に不純物が混ざったり、変質したりしている可能性があります。劣化してしまった灯油を石油ファンヒーターに入れると、故障してしまうかもしれません。

オフシーズンは灯油を抜いておく

石油ファンヒーターを使わない際、灯油を抜いてから保管することがポイントです。灯油を入れたままにしておくと、灯油が変質して故障の原因になる可能性があるだけでなく、何かのきっかけで着火してしまうことも考えられるからです。

石油ファンヒーターの中の灯油を抜く際は、空になるまで運転しておく方法がおすすめといえます。灯油を完全に消費するまで稼働させたままにしておき、かつ火が消えてからも数時間放置します。
冷めたのを確認した後、ホコリが付かないよう箱やカバーで覆い、水平の向きを保ちながら保管しましょう。正しい方法で保管することで、翌年度もよい状態で使い始められます。

定期的にフィルター清掃を行う

石油ファンヒーターの寿命をできる限り長くするためには、定期的なフィルター清掃も大切です。給油タンクの差込口付近のフィルターやホコリが溜まりやすい通気口などは、週に1回程度掃除することをおすすめします。

ホコリが溜まることで空気をうまく吸い込めなくなり、結果的に故障してしまうことも考えられます。

石油ファンヒーターの買い替えを検討するタイミング        

明らかな故障であれば買い替えが必要と判断できますが、軽微な不具合の場合は買い替えのタイミングを判断しにくいでしょう。ここでは、買い替えを検討するタイミングについてご紹介します。

着火しない・焦げ臭いにおいがする

石油ファンヒーターのスイッチを押しても着火しない、何回も押さないと着火しないなどの不具合が見られる場合や、灯油以外の異臭がする場合などは買い替えのタイミングかもしれません。

そもそも着火しないのであれば、石油ファンヒーターとして使用できません。スイッチを何回か押せば着火するという状態でも、いつ着火しなくなるか判断できないため、早めに買い替えた方がよいでしょう。

また灯油以外の異臭がする際は、内部に残った灯油が変質している、部品に問題が起きているなどが考えられます。使い続けるのは危険なため、この場合も早めに買い替えるようにしましょう。

エラー表示が頻繁に発生する

頻繁にエラーが発生したり、改善を試みても同様のエラーが発生したりする際も買い替えを検討しましょう。なお1度や2度エラーが発生したからといって、すぐに買い替える必要はありません。

最近の石油ファンヒーターは事故防止のために、感度のよい安全センサーが搭載されており、少しでも異常を検知するとエラー表示されます。そのため、たまにエラーが発生する程度であれば、それほど気にする必要はないといえるでしょう。

ただし、エラーの頻度が高い場合や改善されない場合などは、異常が発生していることが考えられます。事故やトラブルが起きる前に買い替えることが大切です。

石油ファンヒーターなどの暖房器具を購入できる場所

リビングに置かれているヒーター

ここからは、暖房器具を購入できる場所についてご紹介します。それぞれの購入場所のメリットも併せてご紹介するため、ぜひ参考にしてみてください。

リユースショップ・リサイクルショップで購入する

リユースショップ・リサイクルショップの中には暖房器具を販売している店舗もあります。リユースショップで購入するメリットは、リーズナブルな価格で購入できることです。なお中古品に抵抗がある人がいるかもしれませんが、信頼できる業者であれば品質の心配は必要ありません。

全国に750店舗以上を展開しているセカンドストリートでも、石油ファンヒーターなどの暖房器具を販売しています。店舗販売と併せてオンラインストアでも販売しているため、ぜひお気軽にご利用ください。

お近くのセカンドストリートの店舗はこちら

セカンドストリートオンラインストア「新着暖房・ヒーター」はこちら

家電量販店で購入する

暖房器具は家電量販店でも購入可能です。駅前や繁華街などのアクセスしやすい場所に多いことから、利用したことがあるという人も多いでしょう。

家電量販店で暖房器具を買うメリットは、新商品を購入できることです。一方で、リユースショップで購入するよりも費用がかかる点は覚えておきましょう。

まとめ

石油ファンヒーターの寿命目安は6年程度ですが、使い方を意識することでより長く使える可能性もあります。一方で、6年経っていない場合でも不具合が発生しているのであれば、健康に影響が出る前に買い替えるようにしましょう。

石油ファンヒーターなどの暖房器具を購入する際は、ぜひセカンドストリートをご利用ください。リーズナブルな価格で高性能の暖房器具を購入できるかもしれません。なおオンラインストアで購入すれば、店舗に出向くことなく暖房器具を手に入れられます。

セカンドストリートを利用して、暖房器具をお得に購入しましょう。

お近くのセカンドストリートの店舗はこちら

セカンドストリートオンラインストア「新着暖房・ヒーター」はこちら

  • 記事を書いたライター
  • ライターの新着記事
NISHIHARA

NISHIHARA

海外旅行好きが高じて国をまたぐ引っ越しを5回以上経験。断捨離が得意なフリーランスライターです。東京でのOL生活を経て、現在はライターとしてさまざまなジャンルの情報をお届けしています。ウェブ漫画を読むのが趣味のインドア派。

  1. ドライヤーから変な音がするのはなぜ?原因や対処法を把握しておこう

  2. 布団乾燥機を使うとどういった効果が期待できる?天日干しとの違いも解説

  3. ドライヤーが焦げ臭いのはなぜ?慌てないためにも原因や対処法を把握しておこう

セカンドストリート オンラインストア セカンドストリート 買取サービスのご案内 セカンドストリート 店舗を探す

おすすめ記事

関連記事

PAGE TOP