おしゃれも。暮らしも。新ライフスタイルマガジン。

AV・生活家電

煙が出た電子レンジはその後も使える?煙が出る原因や対処法とは

電子レンジから煙が出たことがあるという人もいるでしょう。その場合は使用方法に問題があったかだけでなく、その後使えるのかも気になる点の一つといえます。なお煙が出た原因によっては、その後も使えることがあります。

この記事では、電子レンジから煙や火が出る原因や対処法などをご紹介します。本記事を読むことで、電子レンジから煙が出ても慌てずに済むでしょう。

なお買い替えが必要な場合は、セカンドストリートをぜひご利用ください。状態のよい中古の電子レンジをリーズナブルな価格で販売しています。

電子レンジから煙や火が出る原因

電子レンジが燃えている様子

電子レンジから煙が出たり火が出たりする原因はいくつかあります。また故障だけでなく不適切な方法で使用した際にも、発生する可能性があるため注意が必要です。

以下では、電子レンジから煙や火が出る原因についてご紹介します。

電子レンジの庫内が汚れている

庫内に食べかすが付着していると、汚れに熱が集中して煙や火が発生することがあります。電子レンジはマイクロ波を照射して食品を温める仕組みですが、マイクロ波は食べかすや汚れにも反応します。

特にマイクロ波の照射口(アンテナ)付近が汚れていると、発煙・発火しやすい点に注意が必要です。アンテナは庫内側面の操作パネルの裏にあることが多いため、その部分を意識して掃除するとよいでしょう。

水分が少ない食品を長時間加熱した

水分の少ない食品を加熱しすぎると、食品の水分が抜けることで焦げやすくなります。特に芋類や根菜類などは、水分が少ないものも多いため注意が必要です。

食品が焦げると煙が出ますが、さらに加熱を続けると炭化して庫内に可燃性ガスが発生します。庫内に充満したガスが引火すると、電子レンジが爆発することもあり大変危険です。

なおアルミホイルやレンジ不可の包装を加熱するのも危険なことといえます。アルミホイルを電子レンジで加熱すると、火花が飛び散る可能性があるからです。またアルミ箔をラミネート加工したレトルトパウチも同様です。

電子レンジの吸気口や排気口がふさがれている

電子レンジの吸気口や排気口がふさがれていると、発煙・発火のリスクが高まります。吸気口や排気口は、電子レンジ本体の側面または背面にあることが多いです。吸気口や排気口がふさがると、熱を逃す場所がなくなり煙が出やすいです。

なお「吸気口や排気口にホコリがたまっている」「レンジの周囲に物がある」なども、熱を逃しにくくなる要因といえます。電子レンジは壁や物から離して設置すること、吸気口や排気口にホコリがたまっていないかを確認することなどを意識しましょう。

電子レンジが劣化している

庫内がきれいな状態でかつ加熱する食品にも問題がないのであれば、電子レンジが故障しているのかもしれません。故障の原因として、電子レンジの主要部品であるマグネトロンの寿命や雲母板の破損などが考えられます。

なお長年使い続けている電子レンジから煙が発生したのであれば、たとえまだ使えるとしても買い替えることを検討しましょう。全国に750店舗以上を展開するセカンドストリートでは、電子レンジをリーズナブルな価格で販売しています。

電子レンジをお得に買い替えたい人は、ぜひ一度セカンドストリートの店舗やオンラインストアを確認してみてください。

セカンドストリートオンラインストア「新着レンジ」はこちら

お近くのセカンドストリートの店舗はこちら

その後も使える?電子レンジから煙が出たときの対処法

白色の電子レンジから火と煙が出ている様子

電子レンジから煙が出たとしても故障の可能性は低いです。適切に対処すればその後も問題なく使用できるでしょう。ここからは、電子レンジから煙が出た際の対処法をご紹介します。

発火していないか確認する

電子レンジから煙が出ている際は、まず本体が発火していないかを確認しましょう。火が出ている場合には扉は開けず、火が消えるまで待つようにします。発火中に扉を開けると大量の酸素が庫内に入り、さらに燃え上がる可能性があるからです。

なお本体を冷やそうとして、電子レンジの扉に水をかけるのは避けましょう。ガラスの扉は高温の状態であり、水をかけることでガラスが割れる可能性があるからです。

しばらく待っても火が消えない際は、消火器を活用して消火します。それでも消えない場合は、すぐに119番通報しましょう。

電子レンジを停止させて電源を切る

発火しておらず煙が出ているだけの場合は、電子レンジの運転を停止させてから電源プラグを抜きましょう。電源プラグを抜かずに停止させると、さらに被害が拡大する恐れがある点に注意が必要です。なお煙のみの場合も電子レンジの扉は開けないようにします。

煙が収まってきたことが確認できた後に扉を開けましょう。庫内が汚れていることが予想されるため、濡れた布巾で掃除をします。なお庫内の皿は熱くなっているため、冷ましてから洗います。

その他の部分が特に問題なければ、その後も使えるでしょう。ただし、庫内に食べかすや汚れが残っているとまた煙が出る可能性があります。食べかすや汚れは完全に取り除くことが大切です。

換気する

庫内で発生した煙は人体に有害である可能性が高いため、煙が出たらすぐに換気をしましょう。窓を開けるだけでなく換気扇も回します。煙が窓の方に向かうよう、扇風機やサーキュレーターを活用するとより効果的です。

なお大量の煙が発生した際は、カーテンに臭いがつくことがあります。臭いがひどい場合は洗濯をしましょう。また天井や壁も煙で汚れてしまった場合は、水拭きをするのがおすすめです。

電子レンジから煙や火が出やすい食品・容器

電子レンジで加熱する際には、食材や容器などにも注意が必要です。電子レンジ非対応の容器を加熱すると、煙や火が出ることがあります。ここでは、電子レンジから煙や火が出やすい食品や容器などをご紹介します。

水分の少ない食品

水分の少ない食品を加熱しすぎると、水分が蒸発して焦げる恐れがあります。具体的には、さつまいも・里芋・にんじん・かぼちゃ・ドライフルーツなどです。

水分の少ない食品を電子レンジで加熱する際は「少量の水と一緒に温めること」「適正な加熱時間を守ること」などが大切です。水と一緒に温めることで煙や火が出るのを防げます。

油脂成分の多い食品や乳製品

油脂成分の多い食材は煙が出やすいだけでなく、油が飛び散って庫内が汚れる可能性もあるため、加熱する際は注意が必要です。油脂成分の多い食材の代表例としては、揚げ物・さば・クロワッサン・牛乳・乳製品などが挙げられます。

油脂成分の多い食材を電子レンジで温める際は、焦げていないかをこまめに確認することが大切です。状態を確認せずに放っておくと、炭化して煙が出ることがあるでしょう。

量が少ない食品

少量の食品はつい加熱しすぎることが多い点に注意が必要です。あくまで目安ですが、100g以下の残り物は少量の食品に当てはまるでしょう。

少量の食品を温める際も、加熱しすぎていないかをこまめに確認することが大切です。またオート機能を使わずに少しずつ温めるのも有効な方法といえるでしょう。

電子レンジ非対応の容器

缶詰やパッケージにアルミを含むレトルト食品などを加熱すると、電磁場の大量発生により放電を起こして火花が散ることがあります。

また木製・紙製・漆などの容器は、炭素が多く含まれているため焦げやすいことも覚えておきましょう。電子レンジで食品を温める際は、必ず電子レンジ対応の容器を使用するようにしてください。

電子レンジの発煙・発火を予防するためには?

電子レンジの中に重曹を入れた容器が置かれている様子

電子レンジからの発煙・発火を防止するためには、定期的な掃除が効果的です。庫内に食べかすや食品の汁が付着していないかを確認し、汚れがある際は取り除いておきましょう。

特にマイクロ波の照射口付近の汚れは発煙・発火のリスクが高いため、入念に掃除しておくことが大切です。

なお掃除する際は、重曹の活用をおすすめします。まず「耐熱性のあるコップ」「小さじ2杯の重曹」「200ccの水」を用意します。コップに水と重曹を入れて重曹を溶かします。コップを庫内に入れて加熱し、沸騰させれば完了です。

庫内に広がった水分をペーパータオルで拭き取ると、汚れだけでなく臭いも落とせます。重曹はアルカリ性で消臭力もあるため、煙が発生した後や庫内の油汚れの掃除に適しているといえます。

まとめ

電子レンジから煙や火が出る原因としては、庫内が汚れていることや電子レンジの吸気口や排気口がふさがれていることなどが挙げられます。

電子レンジから煙が出ると「故障しているのでは」と考えてしまう人も多いかと思いますが、故障の可能性は低いです。適切に対処することでその後も問題なく使えるでしょう。

なお故障が原因で煙が出ているのであれば、電子レンジを買い替えましょう。全国に750店舗以上を展開するセカンドストリートでは、新品よりもリーズナブルな価格で電子レンジを販売しています。

<Panasonic パナソニック><SHARP シャープ><日立 HITACHI>など、さまざまなメーカーの電子レンジを店舗やオンラインストアで販売しているため、自身が希望するメーカーの電子レンジを見つけられるでしょう。

セカンドストリートで電子レンジを買い替えて、普段の生活をより豊かにしましょう。

セカンドストリートオンラインストア「新着レンジ」はこちら

お近くのセカンドストリートの店舗はこちら

  • 記事を書いたライター
  • ライターの新着記事
Zaizen

Zaizen

さまざまなジャンルの記事を執筆しています。趣味は写真撮影と楽器演奏。ベースとキーボードをやっています。カメラや楽器、家電製品などの情報をわかりやすくお伝えできればと思います。

  1. テレビのサイズの選び方とは!サイズ以外で確認すべきことも併せてご紹介

  2. テレビのリモコンが効かない際の原因は?原因や対処法を把握しておけば慌てずに済む!

  3. もうテレビはいらない?テレビがあるメリットとデメリットを把握した上で決めよう

セカンドストリート オンラインストア セカンドストリート 買取サービスのご案内 セカンドストリート 店舗を探す

おすすめ記事

関連記事

PAGE TOP