おしゃれも。暮らしも。新ライフスタイルマガジン。

AV・生活家電

ヒーターとストーブって何が違う?それぞれのメリットやデメリットとは

暖房器具といえばヒーターとストーブを思い浮かべる人は多いでしょう。この2つは部屋を暖めるために使われる点では同じですが、実は仕組みが異なります。

この記事ではヒーターとストーブの違いや、特によく使われている電気ファンヒーターと石油ストーブのメリット・デメリットなどをご紹介します。

なおセカンドストリートではさまざまな種類の暖房器具を販売しています。暖房器具を購入する際は、ぜひセカンドストリートをご利用ください。

ヒーターとストーブの違いは一体何?

ヒーターとストーブはどちらも暖房器具ですが、暖める仕組みが異なります。ヒーターは温風や放熱により空気を間接的に暖める器具であるのに対して、燃料を燃やすことで発生した熱で直接暖める器具がストーブです。

またヒーターは熱源によってもいくつかの種類に分けられます。具体的には、電気の力で温風を出して周りを暖める物が電気ファンヒーターです。他にもオイルの熱で暖めるオイルヒーターや、赤外線によって暖めるハロゲンヒーターなどがあります。

一方で、ストーブも燃料によって種類が分けられています。具体的には、石油を使う石油ストーブやガスを燃料とするガスストーブなどです。
なお電気ストーブは電気をエネルギーとしていますが、燃料として燃やしているわけではありません。そのため、厳密にはストーブというよりもヒーターの一種といえるでしょう。

電気ファンヒーターを利用するメリットやデメリットとは

小型の暖房器具を操作する人

ヒーターの種類の中でも一般的なのが、電気ファンヒーターです。比較的手頃な価格の物も多いため、暖房器具として最初に検討する人も多いでしょう。
ここでは電気ファンヒーターの購入を考えている人のために、メリットやデメリットについてご紹介します。

電気ファンヒーターを利用するメリット

電気ファンヒーターのメリットの一つとして、手軽さが挙げられます。スイッチを入れるだけで使えることは便利な点といえるでしょう。また小型でスリムな形の物が多いことから、足元やトイレ・バスルームなど、狭い場所でも活躍してくれます。

さらに、熱源がむき出しになっていないため、火災の心配もほとんど必要ありません。小さい子どもやペットがいるご家庭におすすめの暖房器具です。

なお商品によっては、消臭や加湿、人感センサーなどの便利な機能が搭載されている物もあります。自身の予算や用途に合わせて選びましょう。

セカンドストリートでも電気ファンヒーターを販売しています。高機能な電気ファンヒーターをリーズナブルな価格で手に入れられるかもしれません。ぜひお近くの店舗やオンラインストアを確認してみてください。

セカンドストリートオンラインストア「新着暖房機・ヒーター」はこちら

電気ファンヒーターを利用するデメリット

電気ファンヒーターのデメリットは、部屋が広い場合は暖まるまでに時間がかかることです。スイッチを入れればすぐに温風が出てきますが、部屋全体に行き渡るまでにはある程度時間が必要です。

リビングのような広い部屋での使用には不向きなため、電気ファンヒーターだけで冬を過ごすのは難しいかもしれません。電気ファンヒーターだけでは物足りないと感じた際は、他の暖房器具と併用することを検討しましょう。     

石油ストーブを利用するメリットやデメリットとは

屋外に設置されているストーブ

石油ストーブは昔からある暖房器具の一つです。ここでは石油ストーブを利用するメリットやデメリットについてご紹介します。

石油ストーブを利用するメリット

石油ストーブを利用するメリットの一つが、部屋をすぐに暖められることです。石油ストーブは灯油を燃焼させることで得られる熱を使うため、電気ヒーターよりもパワフルなのが特徴として挙げられます。
また電気を使わないことから、停電時でも使用できます。万が一の災害時にも活用できるでしょう。

セカンドストリートでは石油ストーブも販売しています。石油ストーブの購入を検討している人もぜひセカンドストリートをご利用ください。

セカンドストリートオンラインストア「新着暖房機・ヒーター」はこちら

石油ストーブを利用するデメリット

石油ストーブを利用するデメリットは、使用中に臭いが発生することです。また灯油を燃やすために室内の酸素を消費するため、密閉した部屋で長時間使い続けると一酸化炭素中毒を引き起こす可能性もあります。石油ストーブを使う際は、定期的な換気が欠かせないことを覚えておきましょう。

また、やけどや火災に注意する必要があることもデメリットといえます。使用中は常に灯油が燃えていることで本体が高温になるため、やけどに注意しましょう。

なおぶつかって倒してしまったり、地震などが原因で倒れたりすると火災につながる可能性があります。石油ストーブの使用中は目を離さないようにすることが大切です。万が一のことがあるため、就寝中の使用は避けた方がよいといえるでしょう。

ヒーターとストーブにもさまざまな種類がある

ヒーターとストーブには、それぞれいくつかの種類があります。ここではそれぞれの代表的な種類についてご紹介します。

ヒーターの種類について

一般的に販売されているヒーターの種類としては、電気ファンヒーターやハロゲンヒーター、オイルヒーター、石油ファンヒーターなどが挙げられます。電気ファンヒーターは電気の力で温風を出し、ファンが温風と部屋の中の冷たい空気を対流させる仕組みです。

一方で、ハロゲンヒーターはハロゲンランプを発熱させることで部屋を暖めます。電気ストーブと呼ばれることもありますが、実際にはヒーターの一種です。

ハロゲンヒーターはファンヒーターと違い風が出ないため、部屋が乾燥しにくいという特徴があります。ただし、電気ファンヒーターと比べて電気代が高い傾向にあることは覚えておきましょう。

オイルヒーターは内部に入っているオイルが電気エネルギーによって暖められることで、部屋をじっくりと暖める仕組みです。灯油などの燃料を燃やす仕組みではないため、空気が汚れないというメリットがあります。

一方で、オイル自体が暖められるまでに時間がかかる点はデメリットといえるでしょう。スイッチを入れてから暖かさを感じるまでに少し時間がかかります。

また石油ファンヒーターを利用しているという人もいるでしょう。石油ファンヒーターは灯油を燃焼させて温風を出す仕組みです。すぐに部屋を暖められるというメリットがある一方で、手間とコストがかかる傾向にあるというデメリットもあります。

ストーブの種類について

代表的なストーブの種類として、石油ストーブとガスストーブが挙げられます。石油ストーブは電気を使わないため、キャンプなどのアウトドアでも使用可能です。

対して、ガスストーブはその名の通り、ガスを燃やして熱を発生させます。ガスストーブには燃料として都市ガスを使うタイプとプロパンガスを使うタイプがありますが、都市ガスの場合はガス管があるところでしか使えないことを覚えておきましょう。

セカンドストリートではさまざまな種類の暖房機器を取り扱っています。ヒーターかストーブかで迷った際は、ぜひセカンドストリートのオンラインストアを覗いてみてください。

セカンドストリートオンラインストア「新着暖房機・ヒーター」はこちら

ヒーターかストーブか迷った際は用途を考慮して選ぼう

暖房器具の前で手を温めている人

暖房器具を購入する際、ヒーターにするかストーブにするかで迷うこともあるでしょう。暖房器具は種類によってさまざまな特徴があるため、使う場所や目的によっておすすめの暖房器具が変わってきます。

ここでは3つのパターンに分けておすすめの暖房器具をご紹介します。

部屋全体を暖めたい人

リビングなどの広い部屋で使う暖房器具を探しているのであれば、石油ストーブやガスストーブがおすすめといえます。内部で燃料を燃やす分、ストーブはヒーターよりもパワフルだからです。

省スペースを素早く暖めたい人

バスルームや廊下、トイレ、キッチンなどの狭いスペースを素早く暖めたい場合は、電気ファンヒーターやハロゲンヒーター、遠赤外線ヒーターなどがおすすめといえるでしょう。スイッチを入れるだけで温風が出る電気ファンヒーターや、ハロゲンランプが発熱するハロゲンヒーターなどは即暖性が高いからです。

コストをかけたくない人

暖房器具は種類によって暖め方が異なるだけでなく、ランニングコストも異なります。特にリビングや寝室などは暖房を長時間使用する可能性が高い場所です。リビングや寝室用の暖房器具を選ぶ際は、コスト面も考慮しましょう。

なお長時間使用する場合は、エアコンの活用がおすすめです。エアコンには広い空間を暖めるのに向いているものの、暖まるまでに時間がかかるという特徴があります。

一方で、電気代は節約できる傾向にあるため、極力コストをかけたくないのであれば、エアコンをメインで使うようにしましょう。

なお部屋の広さによっては、エアコンだけでは物足りなさを感じる可能性もあります。そのような際は、電気ヒーターと併用するとよいでしょう。

まとめ

ヒーターとストーブは暖める仕組みに違いがあります。またヒーターとストーブにもさまざまな種類があり、それぞれで暖め方や動力源などが異なります。暖房器具を購入する際は、使用したい場所やコストなどを考慮しながら選びましょう。

セカンドストリートでは、ヒーターもストーブも新品よりリーズナブルな価格で販売しています。全国に750店舗以上を展開しているため、お近くに店舗がある可能性は高いでしょう。

また店舗が近くにないという人には、オンラインストアの利用をおすすめします。ぜひセカンドストリートで暖房器具を購入して、寒い冬を快適に過ごしてください。

お近くのセカンドストリートの店舗はこちら

セカンドストリートオンラインストア「新着暖房・ヒーター」はこちら

  • 記事を書いたライター
  • ライターの新着記事
NISHIHARA

NISHIHARA

海外旅行好きが高じて国をまたぐ引っ越しを5回以上経験。断捨離が得意なフリーランスライターです。東京でのOL生活を経て、現在はライターとしてさまざまなジャンルの情報をお届けしています。ウェブ漫画を読むのが趣味のインドア派。

  1. ドライヤーから変な音がするのはなぜ?原因や対処法を把握しておこう

  2. 布団乾燥機を使うとどういった効果が期待できる?天日干しとの違いも解説

  3. ドライヤーが焦げ臭いのはなぜ?慌てないためにも原因や対処法を把握しておこう

セカンドストリート オンラインストア セカンドストリート 買取サービスのご案内 セカンドストリート 店舗を探す

おすすめ記事

関連記事

PAGE TOP