おしゃれも。暮らしも。新ライフスタイルマガジン。

AV・生活家電

冷蔵庫はどこで買うのがおすすめ?購入先ごとのメリットやデメリットを詳しく解説

冷蔵庫を買える主な場所として、家電量販店や通販サイトなどが挙げられます。場所ごとで価格や品ぞろえなどが異なるため、どこで冷蔵庫を買うかは慎重に選びましょう。
この記事では冷蔵庫を買いたい人向けに、冷蔵庫をどこで買うべきかや安く買える方法などをご紹介します。

なおセカンドストリートでは、新品よりもリーズナブルな価格で中古の冷蔵庫を販売しています。冷蔵庫をお得に買いたい人は、ぜひご利用ください。

冷蔵庫はどこで買う?購入先ごとの特徴とは

小さなカートに小さなダンボールが載せられている様子

冷蔵庫を買える場所は複数あります。ここでは、冷蔵庫を買える場所ごとのメリットやデメリットなどをご紹介します。冷蔵庫をお得に買いたいという人は、ぜひ参考にしてみてください。

1:家電量販店

一般的な冷蔵庫の購入場所といえば、家電量販店といえるでしょう。冷蔵庫以外にもさまざまな家電を販売しています。

家電量販店で冷蔵庫を買うメリットとして、店舗スタッフから直接商品の説明を受けられることや、実物を確認できることなどが挙げられます。「家電のプロにおすすめの商品がどれかを聞きたい」「実際の大きさを確認した上で決めたい」という人にはおすすめの買い方です。

またアフターサービスが充実している点も家電量販店で買うメリットの一つです。買った後に不具合が見つかった場合、修理対応や返金対応をしてもらえます。

一方で、店舗によって品ぞろえに偏りがあること、通販サイトよりも販売価格が高い傾向にあることなどがデメリットといえるでしょう。自宅近くの店舗では自身の希望商品を取り扱っていない可能性も考えられるため、事前に電話で確認しておくことをおすすめします。

また店舗に出向く必要がある点もデメリットといえます。忙しくて店舗に出向く時間を確保できない人は、自宅にいながら買える通販サイトやフリマアプリから買うとよいでしょう。

2:通販サイト

生活必需品を通販サイトで買っているという人も多いでしょう。通販サイトで冷蔵庫を買うことも可能です。
通販サイトで買うメリットとしては、店舗に出向く必要がないこと、好きな時間に冷蔵庫を買えることなどが挙げられます。忙しい人や自宅近くに冷蔵庫を販売している店舗がない人などに、おすすめの買い方です。

また店舗の場合は商品を展示できるスペースが限られているため、数年前に販売開始した商品は撤去されてしまい買うことができませんが、通販サイトであればスペースに限りがないため、型落ちした商品も多く販売されています。

なお実店舗よりも安い価格で販売されている傾向にある点も魅力です。さまざまな種類の中から選びたい人や、冷蔵庫購入にかかる費用を抑えたい人などは通販サイトから買うとよいでしょう。

一方で、日によって価格の差があることや、実物を確認できないことなどがデメリットです。冷蔵庫は家電の中でも特にサイズが大きい物のため、サイズ感を自身で感じられない点は大きなデメリットといえます。

3:フリマアプリ

近年、フリマアプリを利用する人が増えてきています。フリマアプリを利用して冷蔵庫を買うのも方法の一つです。

フリマアプリで買うメリットとしては、正規価格よりも安い価格で買える可能性があることが挙げられます。フリマアプリでは出品者が自由に価格を付けられるため、掘り出し物に出会えるかもしれません。
出品者と直接やり取りをして価格交渉するのもよいでしょう。場合によってはさらなる値下げをしてもらえる可能性があります。

また通販サイトを利用する際と同様に、自宅にいながら冷蔵庫を買える点もメリットの一つです。家電量販店などが営業していない深夜の時間帯でも冷蔵庫を買うことができます。

一方で、トラブルに巻き込まれる可能性がある点がデメリットです。フリマアプリは個人間でのやり取りになるため、トラブルが発生しやすいといえます。

商品の画像には写っていない部分に大きな傷が入っていたり、記載されていない不具合が発生していたりなどのトラブルに巻き込まれるかもしれません。そのため、フリマアプリで冷蔵庫を買う際は、出品者情報を確認して信頼できる出品者かどうかを慎重に判断する必要があります。

4:リユースショップ・リサイクルショップ

リユースショップやリサイクルショップで冷蔵庫を買うのもおすすめの方法です。家電量販店のように店舗で実物を確認できること、新品よりもリーズナブルな価格で冷蔵庫を買えることなどがメリットといえます。

また業者数が多いこともメリットの一つです。自宅近くにリユースショップやリサイクルショップの店舗があるという人も多いでしょう。

一方で、店舗ごとで品ぞろえが異なることはデメリットといえます。自宅近くの店舗では取り扱っている冷蔵庫の数が少ないことも考えられるでしょう。

全国に750店舗以上を展開するセカンドストリートでは、冷蔵庫の販売を行っています。冷蔵庫の購入にかかる費用を抑えたい人や、実績豊富な安心できる業者から冷蔵庫を買いたい人などは、ぜひセカンドストリートをご利用ください。

お近くのセカンドストリートの店舗はこちら

セカンドストリート販売サービスについてはこちら

冷蔵庫を安く買う方法

4つの買い物袋を持つ人

冷蔵庫は家電の中でも高価な物です。できる限り購入にかかる費用は抑えたいところでしょう。ここでは、冷蔵庫を安く買える方法を4つご紹介します。

型落ちの冷蔵庫を買う

冷蔵庫は、例年8月下旬~10月上旬ごろに各メーカーから新商品が販売されます。新商品が販売されると、これまで最新モデルだった商品は型落ちして旧モデルになります。

型落ちした冷蔵庫はリーズナブルな価格で買える傾向にあるためおすすめです。販売店も新商品が販売される時期には、旧モデルの在庫を減らして新商品の販売に力を入れたいと考えています。旧モデルの在庫を減らすために販売価格を下げるという流れです。

ただし、あまりにも古すぎるモデルの場合は機能が劣る可能性があるため、避けた方がよいでしょう。一つ前のモデルであれば新商品とそれほど機能面に違いはないといえます。

旧モデルと最新モデルで10万円以上価格が異なることもあるため、最新機能にこだわりがない人には、型落ちの冷蔵庫を買うことをおすすめします。

下取り制度を利用して買う

家電量販店の中には、冷蔵庫の下取りを行っている店舗があります。下取りとは、新しい商品を買う際に、これまで使っていた古い商品を店側が買取してくれるサービスのことです。
下取りサービスでは、販売価格から古い冷蔵庫の買取金額が差し引かれることが多いです。

一方で、家電量販店によっては下取りサービスを行っていなかったり、下取りに費用がかかったりすることもある点には注意が必要です。下取りに費用がかかるのは、古い冷蔵庫を廃棄物として処分する際に費用がかかるからです。

冷蔵庫が安くなる時期に買う

例年、2~3月の家電量販店の決算セール時期や8~9月のモデルチェンジ時期には、冷蔵庫の販売価格が下がる傾向にあります。

なお冷蔵庫が急に壊れてしまったり、どうしても新生活で必要になったりした場合など上記セールまで待てない際は、不定期に開催されるセールを狙いましょう。

一方で、新商品はセール時にも価格が下がりにくいことは覚えておきましょう。新商品は販売から2ヵ月程度から徐々に価格が下がる傾向にあります。新商品が欲しい人は、販売から半年後の時期を狙うのがおすすめです。

中古の冷蔵庫を買う

中古の冷蔵庫は、当然新品よりもリーズナブルな価格で販売されています。中古と聞くと、新品よりも大きく劣っているイメージを持つ人がいるかもしれません。中古といっても商品によっては、機能や見た目が新品と変わりない物も多くあります。

特に大学生の一人暮らしや期間がある程度決まっている単身赴任など、それほど長く冷蔵庫を使う予定がない人であれば、中古の冷蔵庫で十分といえます。

なお中古の冷蔵庫を買う際は、信頼できる業者から買うことが大切です。セカンドストリートでも中古の冷蔵庫をリーズナブルな価格で販売しておりますので、ご興味ある人はぜひご利用ください。

冷蔵庫をどこで買うか判断する際のポイント

冷蔵庫の前で両手を広げる女性

冷蔵庫はさまざまな場所で買えますが、どこで買うかの判断基準は人それぞれです。何を重視するかによって選ぶべき購入先は変わってくるでしょう。
ここでは、冷蔵庫をどこで買うかを判断する際に押さえておきたいポイントについてご紹介します。

最新機能を重視する

最新機能が付いている新しいモデルの冷蔵庫が欲しい人は、家電量販店または通販サイトから買うのがおすすめです。家電量販店には最新商品が取りそろえられています。また最新機能について店舗のスタッフに質問することもできるでしょう。通販サイトも家電量販店同様、最新商品が多く取り扱われています。

家電量販店で買うか通販サイトで買うか、迷っている人もいるでしょう。いずれかがより安い価格で販売しているのであれば選びやすいですが、同じ価格の場合は判断しにくいです。

冷蔵庫の価格が同じ場合は「搬入費用」「設置費用」「送料」「延長保証」などで判断することをおすすめします。搬入・設置に費用がかかるのか、送料はどの程度かかるのかなどで違いがある可能性があります。
また保証期間の長さも注目すべきポイントです。できる限り長い方が安心して冷蔵庫を使えます。

デザインを重視する

部屋の雰囲気を大切にしたい人や、デザイン重視で冷蔵庫を選びたい人などは、実物が確認できる家電量販店やリユースショップ・リサイクルショップで買うのがおすすめです。

最近では、スタイリッシュな外観の家電が増えてきています。また店舗によっては実際のキッチンをイメージした空間で、冷蔵庫を他の家電と組み合わせて展示しているところもあります。部屋のレイアウトの参考にすることもできるでしょう。

大きくて存在感のある冷蔵庫の購入に関しては、できる限り失敗を避けたいところです。店舗で色や大きさなどを事前に確認しておくことで、失敗する確率を下げられるでしょう。

価格を重視する

とにかく安い価格で冷蔵庫を買いたいという人には、リユースショップ・リサイクルショップやフリマアプリで買うことをおすすめします。

新品よりもリーズナブルな価格で冷蔵庫を買えるでしょう。中古品に不安を感じる人がいるかもしれませんが、新品とほとんど変わりない状態の物も多くあります。タイミングが合えば、思わぬ掘り出し物に出会えるでしょう。

セカンドストリートであれば店舗で状態を確認できることはもちろん、オンラインストアでも一部冷蔵庫の状態を確認できます。

安心感を重視する

冷蔵庫を買うのが初めての人や購入に際して不安がある人などは、家電量販店やリユースショップ・リサイクルショップなどで買うのがおすすめです。店舗スタッフに不安な点や疑問点などを直接相談できます。

また保証が付いていることが多い点も魅力の一つです。保証があれば購入後に不具合が発生した際でも、対応してもらえます。

まとめ

冷蔵庫を買う際、まずはどこで買うかを選ぶ必要があります。購入先ごとでメリット・デメリットが異なるため、事前に把握した上で選ぶようにしましょう。

なおデザインを重視する人や安心感を重視する人などには、リユースショップやリサイクルショップで買うことをおすすめします。全国に750店舗以上を展開するセカンドストリートでは、新品よりもリーズナブルな価格で中古の冷蔵庫を販売しています。

実物を店舗で確認して選ぶことで、冷蔵庫選びで失敗する確率を下げられるでしょう。また全国展開しているリユースショップで、かつ冷蔵庫の販売実績も豊富なため安心して購入いただけます。

冷蔵庫を買いたい人は、ぜひセカンドストリートのサービスをご利用ください。

セカンドストリートオンラインストア「新着冷蔵庫」はこちら

お近くのセカンドストリートの店舗はこちら

セカンドストリート販売サービスについてはこちら

  • 記事を書いたライター
  • ライターの新着記事
NISHIHARA

NISHIHARA

海外旅行好きが高じて国をまたぐ引っ越しを5回以上経験。断捨離が得意なフリーランスライターです。東京でのOL生活を経て、現在はライターとしてさまざまなジャンルの情報をお届けしています。ウェブ漫画を読むのが趣味のインドア派。

  1. フライパンのサビの取り方が知りたい人へ!サビの取り方やサビてしまう原因などを紹介

  2. 石油ファンヒーターの寿命目安はどの程度?買い替えを検討するタイミングも併せてご紹介

  3. 背の低い食器棚を活用するメリット・デメリットとは?選び方やおすすめの購入場所も紹介

関連記事

PAGE TOP