おしゃれも。暮らしも。新ライフスタイルマガジン。

AV・生活家電

冷蔵庫の寿命はどのくらい?寿命の見分け方や長持ちさせるためのコツについても解説

冷蔵庫を買ってから数年経つと、以前ほど冷えない・異音がするなどの不調が見られることがあります。買い替えを検討している方の中には、冷蔵庫の寿命がどれくらいなのか気になるという方もいるでしょう。

そこで今回は、冷蔵庫の寿命の目安や実際に寿命が近いかどうかを見極める方法、冷蔵庫を長く使う方法などを解説します。また、寿命を迎えた冷蔵庫を処分する方法もご紹介しますので、ぜひ参考にしてみてください。

冷蔵庫の寿命はどの程度?

そもそも冷蔵庫の寿命はどの程度なのでしょうか。メーカーや使い方などによっても異なりますが、ここでは目安となるデータを3つご紹介します。冷蔵庫の寿命を把握する際の参考にしてみてください。

内閣府によると平均使用年数は12~13年

内閣府が2021年3月に実施した「消費動向調査」によると、家庭における冷蔵庫の平均使用年数は12.9年という結果が出ています。また、全体の半数以上の方(55.1%)が買い替えの理由を「故障」と答えていることから、冷蔵庫の寿命が来るまで使い続ける方が多いことが分かります。

「消費動向調査」の過去のデータ(2017年3月~2020年3月)を見ても、冷蔵庫の平均使用年数はおおむね12年~13年であることから、平均寿命も同程度であるといえるでしょう。

補修用性能部品の保有期間は9年

全国家庭電気製品公正取引協議会が定める「製造業表示規約」では、冷蔵庫の補修用性能部品の保有期間は9年とされています。つまり、冷蔵庫が製造されてから最低9年間は、メーカーが修理に必要な部品を保管しているということです。その期間を過ぎてしまうと部品が手に入らず、故障した場合でも修理してもらえない可能性があります。

国税庁が定める耐用年数は6年

耐用年数とは、対象の資産を使用できる期間のことです。確定申告などで冷蔵庫を資産として報告する際には、耐用年数という考え方を用います。政令で定められている「法定耐用年数表」によれば、冷蔵庫の耐用年数は6年とされています。実際には、さらに長く使えることも多いですが、冷蔵庫の寿命を考えるうえでひとつの参考になるでしょう。

冷蔵庫の寿命を見分ける4つの判断ポイント

冷蔵庫を開ける女性

冷蔵庫の寿命が近づいているかどうか判断するのが難しいと感じている方も多いでしょう。ここでは、寿命を見分けるポイントを4つご紹介します。

以下のような現象が見られたら、冷蔵庫を処分するタイミングといえるかもしれません。

1.冷蔵庫の冷えが悪い

温度調整装置や本体の冷媒回路が正常に機能していないことが原因で冷えが悪くなっている場合、冷蔵庫が寿命を迎えていることが考えられます。一方で、単に使い方に問題があって冷えが悪くなっている可能性もあるため注意が必要です。冷蔵庫の寿命による現象なのか、使い方に問題があるのかを見極めるには、以下の対処方法を実施することが有効だといえます。

 <対処方法1>冷蔵庫の開閉頻度を減らす

たとえ短時間であっても冷蔵庫のドアを開け閉めすると、そのたびに冷気が逃げてしまい、庫内の温度が上がりやすくなります。冷蔵庫の冷えが悪いと感じた際には、ドアの開閉回数をできるだけ少なくするようにしましょう。

 <対処方法2>冷蔵庫に保管する食材の量を減らす

冷蔵庫に大量の食材が保管されている場合、庫内の冷気の流れが悪くなり、冷えにくくなることがあります。冷気がしっかりと循環するように食材を入れすぎないようにしましょう。

2.氷ができない(アイスが溶けてしまう)

冷蔵庫で氷が作れなかったり、保管しているアイスが溶けてしまったりする場合、モーターの故障や製氷機の不具合などが考えられます。冷やす機能自体に問題はなくても、製氷機や冷凍庫などの凍らせる機能が先に故障してしまうケースは少なくありません。この場合は状況によって壊れた部品の修理、または冷蔵庫自体の買い替えなどが必要です。

3.水漏れしている

冷蔵庫内で水漏れしている場合、冷気が出る場所に汚れやカビが詰まっていることが考えられます。汚れやカビが原因であれば掃除することで改善できる可能性がありますが、床に水漏れしている場合は、庫内の水を溜める機能が壊れているかもしれません。水を溜める機能に問題がある際には、修理や買い替えが必要になるでしょう。

4.冷蔵庫から異音がする

冷蔵庫からいつもとは明らかに違う音がする場合、冷蔵庫の寿命が近づいている可能性が高いため買い替えを検討しましょう。特に、音が長く続いている場合には注意が必要です。庫内を冷却するためのコンプレッサーが過剰に作動しており、電気代が高くなる可能性があります。

冷蔵庫の寿命を超えた兆候ではない?勘違いしてしまう現象

怒る女性の顔

冷蔵庫の様子がいつもと違うと、故障ではないかと心配になりますよね。ここでは冷蔵庫の寿命と勘違いしやすい現象を3つご紹介します。これらの現象を把握していれば、いざというときに慌てなくて済むでしょう。

1.冷蔵庫の側面が熱い

冷蔵庫の側面が熱いと驚いてしまうかもしれませんが、熱いこと自体は決して異常なことではありません。冷蔵庫は熱を外部に逃がすことで内部を冷やしているため、側面が熱くなりやすいのです。冷蔵庫の熱が気になるときは、壁から離して放熱しやすくしたり、ドアを開閉する回数を減らして庫内の温度が上がらないようにしたりするとよいでしょう。

2.長年の使用によるパッキンの劣化

冷蔵庫を長く使用していると、パッキンに汚れやカビがつきやすくなります。その影響でドアの密閉度が下がり、冷気が漏れやすくなることがありますが、これはパッキンの劣化であり、冷蔵庫が寿命を迎えたわけではありません。汚れやカビを落とすことで不調を改善できるでしょう。劣化がひどいときは、パッキン自体を交換するのもおすすめです。

3.庫内に冷気が行き渡らない

冷蔵庫内には冷気の吹き出し口がありますが、食材の詰め込み過ぎや霜・ほこりの付着によって、知らないうちに吹き出し口を塞いでいることがあります。それが理由で、冷蔵庫の冷えが悪くなっているかもしれませんが、このケースも霜やほこりが原因であり、冷蔵庫が寿命を迎えたわけではありません。食材を整理して吹き出し口の前を空けたり、吹き出し口をこまめに掃除したりすることで改善できるでしょう。

冷蔵庫の寿命を長くさせるコツ

冷蔵庫の中の様子

ここからは、冷蔵庫の寿命を長くさせるためのコツを5つご紹介します。冷蔵庫は安い家電ではないため、できるだけ長く使いたいものです。さっそく今日から試してみてください。

1.冷蔵庫に食材を多く入れすぎない

冷蔵庫に多くの食材が入っていると、庫内の温度を下げるためにより大量のエネルギーが必要になります。その影響で温度を下げる役割を持つコンプレッサーに大きな負担がかかると、冷蔵庫の寿命が短くなってしまうでしょう。庫内のスペースにゆとりを持たせることが大切です。

2.熱いものは冷ましてから冷蔵庫に入れる

冷蔵庫に熱いものをそのまま入れると、庫内の温度が一気に上がります。庫内を冷やそうとして多くのエネルギーを消費することで冷蔵庫に負担がかかってしまい、寿命が短くなってしまうでしょう。冷蔵庫を長く使うためにも、熱いものは冷ましてから入れることを意識してみてください。

3.冷蔵庫のドアの開け閉めの回数を減らす

冷蔵庫のドアを開け閉めするたびに、庫内の冷気が逃げてしまいます。開閉回数が多いほど、冷蔵庫内の温度を下げるためにコンプレッサーが頻繁に稼働するため、その分消耗してしまうことが考えられます。コンプレッサーの不具合発生を避けるためにも、ドアの開閉回数はできるだけ少なくしましょう。

4.冷蔵庫の周りには十分な空きスペースを設ける

庫内を冷やすためには放熱が必要ですが、周りにものが置いてあると放熱がうまくできません。その結果、冷蔵庫に熱が溜まってしまい、故障の原因になることがあります。たとえ故障しなかったとしても、熱が溜まることで寿命が短くなることも考えられるでしょう。放熱を妨げないよう、冷蔵庫の周りに空きスペースを設けることが大切です。

5.冷蔵庫の掃除を定期的に行う

冷気が出る吹き出し口にほこりや汚れがついていると、冷蔵庫の冷え方にムラが出たり冷えにくくなったりしてしまいます。吹き出し口を普段から定期的に掃除しておくことは、冷蔵庫を長く使うためのコツのひとつです。

寿命を迎えた冷蔵庫の処分方法とは?

多くの冷蔵庫が並ぶ様子

どれだけ注意深く冷蔵庫を使っていたとしても、寿命を迎える日はいつかやってきます。では、使えなくなった冷蔵庫はどのように処分すればよいのでしょうか。ここでは、4つの処分方法をご紹介します。

1.新しい冷蔵庫を購入する際に家電量販店に引き取ってもらう

冷蔵庫を買い替える予定がある場合は、古い冷蔵庫を購入先の家電量販店に引き取ってもらうのがおすすめです。ただし、処分するためのリサイクル料金や運搬料金などを別途支払う必要があります。

2.購入先の店舗に回収を依頼する

新しい冷蔵庫を購入する予定がない場合でも、処分予定の冷蔵庫を購入した店舗に依頼すれば引き取ってもらえます。すべての家電販売業者は、家電リサイクル法(特定家庭用機器再商品化法)によって、過去に販売した冷蔵庫やテレビなどの家電を引き取る義務があります。引き取り時には、冷蔵庫のサイズに応じたリサイクル料金や運搬料金を支払う必要があります。

3.自分が住んでいる市町村に処分方法を確認する

冷蔵庫が古くて購入した店舗が分からない場合や、店舗は分かるが引っ越しによって回収を依頼できない場合には、住んでいる市町村に処分方法を問い合わせてみましょう。処分方法は市町村によって異なります。自治体が引き取ってくれることもあれば、処分できるお店や業者を紹介してくれることもあります。なお、どちらのケースでもリサイクル料金は必要になるでしょう。

4.リユースショップ・リサイクルショップで売る

まだ使える比較的新しい冷蔵庫を処分する場合は、リユースショップやリサイクルショップに売るのがおすすめです。他の処分方法と違い、冷蔵庫のリサイクル料金や運搬料金を負担する必要がありません。むしろ臨時収入を得られる可能性があります。ただ、リユースショップやリサイクルショップによっては年式制限や買取基準などを設けている場合があるため、事前に店舗へ確認したり、Webサイトで調べたりすることをおすすめします。

冷蔵庫を自力で運ぶのが難しい場合は、セカンドストリートの出張買取サービスをぜひご利用ください。自宅でかつ無料で査定・買取まで行います。忙しいときに便利なサービスです。

まとめ

冷蔵庫は12年~13年使用したのち、寿命を迎えてから買い替える方が多いですが、使えなくなった冷蔵庫を処分する際にはリサイクル料金がかかります。

リユースショップのセカンドストリートでは、製造から10年以内の冷蔵庫の買取を行っています。リサイクル料金や運搬料金をかけずに処分できる可能性があるため、冷蔵庫の寿命を迎える前に売るのがおすすめです。また、出張買取にも対応しており、自宅で冷蔵庫の査定・買取サービスを利用することができます。

冷蔵庫を含めた電化製品は毎年続々と新機種が発売されます。使わずに自宅で保管していても発売から時間が経つほど市場価値は下がってしまうため、使用しなくなったら早く売るのがおすすめです。

セカンドストリートの家電の買取についてはこちら

セカンドストリートの出張買取についてはこちら

お近くのセカンドストリートの店舗はこちらから

  • 記事を書いたライター
  • ライターの新着記事
NISHIHARA

NISHIHARA

海外旅行好きが高じて国をまたぐ引っ越しを5回以上経験。断捨離が得意なフリーランスライターです。東京でのOL生活を経て、現在はライターとしてさまざまなジャンルの情報をお届けしています。ウェブ漫画を読むのが趣味のインドア派。

  1. ソファを買い替える時期の目安はどの程度?種類別のソファの寿命目安も把握しておこう

  2. 電子レンジの買い替え時期の目安はどの程度?処分を検討すべき兆候や処分方法などを紹介

  3. ソファを捨てたいときはどうする?ソファの処分方法や捨てる際の注意点などを解説

ランキング

DAILY
WEEKLY
MONTHLY
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  1. 1
  2. 2
  3. 3
セカンドストリート オンラインストア セカンドストリート 買取サービスのご案内 セカンドストリート 店舗を探す

おすすめ記事

関連記事

PAGE TOP