おしゃれも。暮らしも。新ライフスタイルマガジン。

AV・生活家電

引っ越しを機に購入したい家電とは?購入時の注意点やタイミングについても紹介

初めての一人暮らしや結婚など、引っ越しするのをきっかけに家電を買いそろえる方も多くいるでしょう。新生活を快適に過ごすためにも必要な家電や、あると生活が豊かになる家電などの情報は押さえておきたいところです。

この記事では、引っ越しするタイミングで購入したい家電や、購入時の注意点などをご紹介します。また、不要になった家電の処分方法も併せてご紹介しますので、ぜひ参考にしてください。

引っ越しするタイミングで購入したい家電

さまざまな家電

引っ越しを検討している場合、部屋探しと並行して必要な家電を把握しておくことがおすすめです。特に、初めての一人暮らしや結婚を機に引っ越しする場合、さまざまな家電を購入することになります。何を購入すべきか迷う方もいるでしょう。ここでは、最低限そろえるべき家電や、あると生活が便利になる家電をご紹介します。

最低限そろえるべき家電

引っ越し時に最低限そろえておきたい主な家電は、以下の通りです。

  • 冷蔵庫
  • 洗濯機
  • 掃除機
  • 照明
  • 電子レンジ

上記家電は生活をしていくうえでかかせない家電です。持っていない場合は購入をおすすめします。ただし、入居する部屋によっては備え付けられている可能性もあるため、事前に確認することが大切です。購入する必要がない家電を事前に確認しておくことで無駄な出費を避けられます。

あると生活が便利になる家電

最低限必要な家電をそろえた後は新生活を楽しむために、あると便利な家電の購入を検討するのがおすすめです。あると便利な家電としては、以下のようなものが挙げられます。

  • テレビ
  • 電気ケトル
  • オーブントースター
  • パソコン
  • 炊飯器
  • 空気清浄機

上記家電は生活に必ず必要というわけではありません。ただ、あると生活がより豊かになります。引っ越しには何かとお金がかかるため、自身の予算と相談しつつ、優先順位が高い家電から購入していくことをおすすめします。

セカンドストリートオンラインストア「新着生活家電」はこちら

引っ越しを機に家電を購入する際のタイミング

距離を測る子供

引っ越しを機に家電を購入する際、引っ越し前に購入すべきか、引っ越し後に購入すべきか迷うところです。引っ越し時にバタバタすることがないよう、事前に両者のメリットを押さえておきましょう。

引っ越し前に家電を購入するメリット・デメリット

引っ越し前に必要な家電を購入するメリットとして、入居初日から快適に過ごせることが挙げられます。引っ越し当日は忙しく、家電量販店に行く時間がないことも多いです。特に照明や冷蔵庫など、引っ越し直後から必要になる家電は、事前に用意しておきましょう。

一方で、引っ越し前に家電を購入するデメリットとして、実際の部屋に合うかどうかがイメージしにくいことが挙げられます。サイズが合わないといったトラブルが起きる可能性もあります。引っ越し前に必要な家電を全て購入するのではなく、必要最低限のものを購入しておくのがおすすめです。

なお、引っ越し前に家電を購入する際は、配送日指定で購入先から新居に家電を配送してもらうと便利です。もともと使っていた古い家電がある場合は、引っ越し先へ持っていかずに処分しておきましょう。

引っ越し後に家電を購入するメリット・デメリット

引っ越し後すぐに使う予定がない家電は、新居に移ってから購入するのがおすすめです。部屋探しや荷造りなどで忙しい引っ越し前に比べて、引っ越し後であればゆっくり時間をかけて家電を選べます。

また、レイアウトや部屋の雰囲気を実際に想定しながら家電を選べることもメリットです。引っ越し後に選ぶことで、購入した家電が部屋の印象に合わず後悔したといったことも避けられます。一方で、引っ越し後に家電をすぐに使えないことはデメリットといえるでしょう。

引っ越しを機に家電を購入する際にはリユースショップがおすすめ

豚の貯金箱に貯金する人

家電量販店では新品の家電を購入できますが、新生活のために複数の家電を購入する場合、金額面が気になるでしょう。引っ越しを機に家電を買いそろえる際には、リユースショップを利用するのがおすすめです。

リユースショップであれば、新品よりもリーズナブルな価格で家電を購入できます。引っ越し時は、引っ越し業者に支払う費用に加えて賃貸物件の場合、敷金や礼金も必要です。新生活を始めるにあたって少しでも節約したいと考える方は、リユースショップでの家電購入を検討してください。

しかし、中には中古家電の品質に不安がある方もいるでしょう。全国に750店舗以上を展開しているセカンドストリートで購入すれば、最大6ヵ月間の返金保証が付きます。中古家電であっても安心して購入していただけるので、ぜひ利用してみてください。

セカンドストリートの返金保証についてはこちら

セカンドストリートオンラインストア「新着生活家電」はこちら

引っ越しを機に家電を購入する際の注意点

引っ越しを機に家電を購入する際は、さまざまなことを事前に考えておく必要があります。ここでは、引っ越しのタイミングで家電を購入する際に注意したいことをご紹介します。引っ越し前に購入する場合・引っ越し後に購入する場合のどちらにも当てはまる内容なので押さえておきましょう。

新しい部屋の寸法を確認しておく

家電を購入する前に、引っ越し先の部屋の寸法を確認しておくことが大切です。特に冷蔵庫や洗濯機などの大型家電を、部屋の寸法を確認することなく選んでしまった場合、部屋に入らない可能性があります。

また、設置できたとしても部屋のサイズに合っておらず、圧迫感を感じるといった事態が発生してしまうことも考えられます。気に入った家電を選ぶことも大切ですが、部屋のサイズに合っているかどうかも必ず確認しましょう。

設置場所を決めておく

設置場所を事前に決めたうえで、家電を購入するのも大切です。家電はコンセントから近い場所に置く必要があります。場所を決めずに家電を購入すると、置きたい場所の近くにコンセントがなければ、困ることになるでしょう。延長ケーブルを使えば解決できるかもしれませんが、ケーブルが外から見えると、乱雑な印象を与える可能性があります。

家電を購入する際は、コンセントの位置を確認したうえで、大型家電の設置場所から決めていくのがおすすめです。そうすることで他の家電の設置場所もスムーズに決められます。

引っ越しを機に不要となった家電の処分方法

引っ越しで新しい家電を購入する場合、今使っている家電を処分する必要があります。ここでは、家電の処分方法についてご紹介します。

粗大ごみとして処分する

一部の家電は粗大ごみとして処分できます。どの家電が粗大ごみとして処分できるかは自治体ごとで異なるため、住んでいる地域のルールを確認しておくことが大切です。また、45Lのごみ袋に入る大きさの小型家電は、粗大ごみではなく燃えないごみとして回収してもらえることもあります。

粗大ごみとして処分を依頼する場合は予約が必要なことが多く、事前に役所の窓口やコンビニなどでごみ処理券の購入が必要です。回収当日は、自分で処分する家電を指定の時間までに収集所へ運ばなければいけません。

また、家電リサイクル法の対象品目である、エアコン、テレビ、冷蔵庫・冷凍庫、洗濯機・衣類乾燥機は、粗大ごみとして処分できません。家電リサイクル法とは、廃棄物減量や資源の有効活用を目的として制定された法律のことです。上記家電はリサイクルされるため、小売店や指定の回収業者へ引き渡す必要があります。

引っ越し業者に回収を依頼する

引っ越しと同時に家電を処分する際、引っ越し業者に回収してもらうこともできます。引っ越し業者に回収を依頼すれば、大型家電を自分で運搬する必要がなく、効率的に処分してもらえます。また、この方法であれば、引っ越し直前まで家電を使用可能です。

ただし、全ての業者が不用品回収に対応しているわけではありません。引っ越し業者に回収を依頼する前に、不用品回収サービスを実施しているかどうか確認する必要があります。さらに、不用品回収を利用する場合、追加料金が発生するのが一般的です。引っ越し業者を選ぶ際には、不用品回収の料金も含めて見積もりしてもらうことをおすすめします。

家電を購入した店舗に処分を依頼する

使わなくなった家電を購入した店舗に処分してもらうことも可能です。ただし、店舗ごとで回収できる家電の種類や料金が異なるため、持ち込む前に確認しておきましょう。

また、家電リサイクル法の対象品目である、エアコン、テレビ、冷蔵庫・冷凍庫、洗濯機・衣類乾燥機は、家電量販店などの小売店に回収する義務が課せられています。ただし、処分時には、消費者が所定のリサイクル料金を支払わないといけません。

リユースショップに買取を依頼する

まだ使える比較的新しい家電や状態のよい家電であれば、リユースショップで買取してもらえる可能性があります。リユースショップに買取してもらうメリットは、不用品を現金化することができるという点です。他の方法では処分にお金がかかることを考えると、大きなメリットといえます。

リユースショップに買取を依頼する際、以下のことを満たしていると、買取価格が高くなる傾向にあります。

  • 年式が新しいこと
  • きれいな状態であること
  • 購入時の付属品がそろっていること(冷蔵庫の棚やテレビのリモコン)
  • 適切なシーズンに売ること

また、製品によっては保証書や説明書、箱などがあるとなおよいかもしれません。

全国に750店舗を展開するセカンドストリートでは、店頭買取はもちろん、出張買取も行っています。条件を満たしていれば、大型家電であっても出張買取を行っています。買取を希望する方は、まず買取してほしい家電が買取条件を満たしているかどうか確認してみてください。

セカンドストリートの家電の買取についてはこちら

出張買取についてはこちら

まとめ

引っ越しを機に家電をそろえる際、冷蔵庫や洗濯機、照明などの生活に必要な家電は購入しておくことをおすすめします。冷蔵庫や洗濯機などの大型家電は、部屋の寸法を確認したうえで購入することが大切です。寸法を確認しておくことで、部屋に入らない・圧迫感を感じるなどの事態を避けられます。

引っ越しを機に家電を買いそろえる際は、リーズナブルな価格で家電が購入できるリユースショップを利用するのがおすすめです。セカンドストリートでは、大型家電から小型家電まで幅広く取り扱っています。最大6ヵ月間の返金保証が付くため、中古品でも安心して購入いただけます。

また、基本的には製造から10年以内の家電であれば買取することも可能です。引っ越しを機に家電を購入する、買取してもらう際には、ぜひセカンドストリートをご利用ください。

セカンドストリートの家電の買取についてはこちら

セカンドストリートの出張買取についてはこちら

お近くのセカンドストリートの店舗はこちらから

セカンドストリートオンラインストア「新着生活家電」はこちら

  • 記事を書いたライター
  • ライターの新着記事
NISHIHARA

NISHIHARA

海外旅行好きが高じて国をまたぐ引っ越しを5回以上経験。断捨離が得意なフリーランスライターです。東京でのOL生活を経て、現在はライターとしてさまざまなジャンルの情報をお届けしています。ウェブ漫画を読むのが趣味のインドア派。

  1. どんどん溜まるおもちゃの捨て方を紹介!お得に処分するコツも解説

  2. テレビを安く買う方法とは!お得に買える可能性がある時期も併せて紹介

  3. おもちゃの与えすぎは子どもにどういった影響がある?適正量の目安も紹介

ランキング

DAILY
WEEKLY
MONTHLY
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  1. 1
  2. 2
  3. 3
セカンドストリート オンラインストア セカンドストリート 買取サービスのご案内 セカンドストリート 店舗を探す

おすすめ記事

関連記事

PAGE TOP