おしゃれも。暮らしも。新ライフスタイルマガジン。

家具

ソファを捨てたいときはどうする?ソファの処分方法や捨てる際の注意点などを解説

引っ越しや買い替えなどを機にソファを捨てようと考えている人もいるでしょう。ただ、ソファはサイズが大きい家具のため、捨て方には注意が必要です。
この記事ではソファを捨てたいと考えている人のために、ソファを捨てる方法や捨てる際の注意点などをご紹介します。また捨てる以外の処分方法も併せてご紹介しますので、ぜひ参考にしてみてください。

なおセカンドストリートではソファの買取を行っています。ソファを処分したい人は、ぜひご相談ください。

ソファを捨てたい人が把握しておくべきソファの処分方法

捨てられた家具

ソファを処分する方法は、捨てるだけではありません。他にもさまざまな処分方法があります。
ここではソファの処分方法を7つご紹介します。

1.粗大ごみとして捨てる

粗大ごみとして自治体に回収してもらうことが、ソファの一般的な処分方法といえるでしょう。ソファを粗大ごみとして捨てる際は、事前準備や費用が必要です。

まず、対象のソファが粗大ごみとして回収してもらえるのかを確認します。自治体ごとで粗大ごみとして回収可能な品目や大きさが決められているため、必ず確認するようにしましょう。
ソファを回収してもらえる場合は、電話やインターネットから粗大ごみ回収の申込をします。その後はソファの処理手数料分の券やシールなどを購入して必要事項を記入し、それをソファに貼り付けて、回収日に指定場所へ運ぶという流れです。

ソファを粗大ごみとして捨てるメリットとして、費用が安いということが挙げられます。一方で、大きくて重たいソファを自宅から指定の場所まで運び出さないといけないことがデメリットです。

2.解体して一般ごみとして出す

基本的にソファは粗大ごみとして捨てますが、小さく解体すれば可燃ごみや不燃ごみなどの一般ごみとして捨てられます。粗大ごみとして捨てる際は費用がかかりますが、一般ごみとして捨てる場合には、費用はかかりません。

一方で、時間と手間がかかることには注意が必要です。のこぎりやはさみで表面の素材を切って、部品を取り外すのは大変な作業といえます。
またソファのフレームに関して、木材の物もあれば金属の物もあります。金属の場合は切るのが難しいです。

なおソファを解体した場合、ほとんどの素材は可燃ごみとして捨てられますが、金属が素材のスプリングなどは、不燃ごみとして捨てる必要があることを覚えておきましょう。

3.不用品回収業者のサービスを利用する

「ソファを早く処分したい」「できるだけ処分の手間を省きたい」などの場合は、不用品回収業者を利用するのも方法の一つです。自治体に回収してもらうのと比べて費用はかかりますが、手間がかかる作業を業者に任せられることはメリットといえるでしょう。

一方で、不用品回収業者の中には高額な費用を請求したり、不法投棄を助長したりする悪徳業者もいる点には注意が必要です。依頼する前に信頼できる業者かを確認することが大切です。

4.新しいソファを購入した店舗の引き取りサービスを利用する

ソファを買い替えるのであれば、新しいソファを購入した店舗に古いソファを引き取ってもらえる可能性があります。新しく購入したソファを部屋へ搬入するのと同時に古いソファを搬出してもらえるため、効率よく処分できる方法といえます。

一方で、新しいソファを購入する予定がない人は利用できない点がデメリットです。また店舗によっては、有料で引き取っている店舗もあります。

5.引っ越し業者に依頼する

引っ越しを機にソファを捨てたい人は、引っ越し業者に処分を依頼するとよいでしょう。手間がかからないだけでなく、引っ越しする当日までソファを使用できることがメリットです。

一方で、全ての引っ越し業者が不要品の回収を行っているわけではない点には注意しましょう。利用予定の引っ越し業者が、不要品の回収に対応しているかを事前に確認しておくことが大切です。

6.フリマアプリを利用して売る

フリマアプリを利用してソファを売ることも可能です。売りたい価格を自身で設定できることが、フリマアプリを利用して売るメリットといえるでしょう。

一方で、出品作業や購入者とのやり取り、発送作業などを全て自身で行わなければならないことがデメリットです。また個人間でのやり取りになるため、トラブルが発生する可能性がある点にも注意しましょう。
「発送した後で相手からキャンセルされる」「送ったのに届いていないといわれる」「代金を支払ってもらえない」などのトラブルが発生する可能性があります。

7.リユースショップやリサイクルショップに買取してもらう

ソファが比較的新しくかつ状態のよい物であれば、リユースショップやリサイクルショップに買取してもらえる可能性があります。不要なソファをすぐに現金化できることや、査定時の疑問点をその場で質問できることなどがメリットです。

一方で、出張買取サービスを行っていない業者の場合は、ソファを店舗まで持ち込む必要があることはデメリットといえます。

全国に750店舗以上を展開するセカンドストリートでは、ソファの出張買取サービスを行っています。自身で店舗に持ち込む手間なく買取してもらえる便利なサービスです。
ソファを買取してもらいたい人は、ぜひ出張買取サービスをご利用ください。

セカンドストリートの買取についてはこちら

セカンドストリートの出張買取についてはこちら

ソファを捨てる際に注意したいこと

劣化してきたソファ

ソファを処分する際、さまざまな処分方法の中から選ぶことになりますが、処分方法ごとに注意したいポイントがあります。以下で詳しくご紹介します。

自治体のルールを確認する

ソファを捨てる際は、まず自治体のルールを確認しましょう。ごみの処分方法は、自治体ごとで異なります。

特にソファのような大型家具の場合は、自治体ごとで細かなルールが決められている可能性があります。回収日を間違えないこと、指定の時間までに運び出しておくことなど、自治体のルールに沿って捨てることが大切です。

不用品回収業者は慎重に選ぶ

ソファの処分を不用品回収業者に依頼するのであれば、まずソファを回収してもらえるかを確認する必要があります。不用品回収業者といっても、回収できる品目に制限があることも考えられるからです。

また信頼できる不用品回収業者を選ぶためにも、一般廃棄物収集運搬業許可を取得しているかの確認も大切です。不用品回収業者は家庭から出る廃棄物を収集するにあたり、自治体から一般廃棄物収集運搬業許可を得る必要があります。

多くの業者が許可を得ている一方で、中には許可を得ずに営業している業者もいます。許可を得ていない業者に依頼した場合、回収した不要品を不法投棄されてしまうことも考えられるでしょう。
また回収費用に関して、高額な費用を請求される可能性もあります。追加の費用請求がないかを事前に確認しておくことをおすすめします。

分解時にけがをしないよう注意する

ソファを分解する際は、けがに注意しましょう。ソファにはさまざまな部品が使われているため、注意して作業を行う必要があります。

またソファの部品だけではなく、分解時に使う器具でけがをすることも考えられます。特にフレームが金属でできているソファの場合は、木材でできているソファに比べて難しい作業となるため、より注意することが大切です。

可能であれば、複数人で協力して行うことをおすすめします。一人で作業するよりも、安全に分解できるといえるでしょう。

ソファを捨てるのではなく買取してもらう際の業者の選び方

電卓で計算している男性

ソファを捨てるのではなく買取してもらう際は、業者選びが大切です。ここでは、買取業者の選び方をご紹介します。

買取実績が豊富かどうか

ソファを買取してもらう業者を選ぶ際は、買取業者のWebサイトを確認して、ソファやソファ以外の買取実績を確認しておくのがおすすめです。買取実績が豊富な業者であれば、安心して依頼できます。

複数の業者の買取実績を比較して、納得できる価格で買取してもらえる業者を探すとよいでしょう。一方で、過去の買取実績がない、また買取実績を公開していない業者の場合、適正価格で買取してもらえない可能性があるため注意が必要です。

なおセカンドストリートはソファの買取実績が豊富なため、安心してご利用いただけます。ソファを売りたい人は、ぜひお気軽にご相談ください。

出張買取サービスに対応しているかどうか

ソファは他の家具と比較してサイズが大きいため、一般的な乗用車に積むことは難しいでしょう。ソファを買取業者の店舗まで持ち込むのであれば、トラックを借りるといった対応を取る必要があります。
運び出しや積み込みなどに手間がかかるだけでなく、トラックを借りるための費用も自身で負担しなければならないため、できれば避けたいところです。

そのため、ソファを買取してもらう際は、出張買取サービスを行っている業者を選ぶことをおすすめします。出張買取サービスを利用すれば、自宅にいながらソファの査定・買取をしてもらえるため、店舗にソファを持ち込む手間を省けます。
一方で、お住まいの場所によっては出張買取サービスの対応範囲外の可能性もあるため、事前に確認しておくことが大切です。

セカンドストリートでは、ソファの出張買取サービスを行っています。またソファの買取実績も豊富なため、安心してご依頼いただけます。

セカンドストリートの買取についてはこちら

セカンドストリートの出張買取についてはこちら

ソファを買取してもらう前に実施したい掃除方法

ソファを掃除している様子

ソファを買取してもらう際は、事前にソファの掃除を行いましょう。きれいな状態にしておくことで、査定時に好印象を与えられる可能性があります。

ここでは、ソファの掃除方法をご紹介します。ソファの素材別に分けてご紹介しますので、自身のソファに合った方法を選ぶようにしましょう。

布製のソファ

布製のソファは、掃除機と中性洗剤を使ってきれいにします。まず、表面のホコリやごみを掃除機で吸い取りましょう。シミが付いている部分は、薄めた中性洗剤を付けたタオルで軽く叩きます。タオルでシミを落とす際は、こすらずに汚れを浮かせて取るのがポイントです。

またソファ全体に重曹を振りかけて掃除する方法もあります。重曹をかけることで、皮脂や汗を吸着する効果や消臭効果が期待できます。数時間置いてから掃除機で吸い取りましょう。最後は水を絞ったタオルで拭くという流れです。

なおソファのカバーが外せる場合は、洗濯機で丸洗いすることも可能です。ただし、必ず洗濯表示を確認するようにしましょう。心配な場合はクリーニング店を利用することをおすすめします。

合皮のソファ

合皮のソファは布製のソファとは違い、掃除機をかけすぎると傷が付いてしまうため、拭き掃除が中心です。表面をタオルで乾拭きした後、薄めた中性洗剤を付けたタオルでソファ全体を拭いて乾燥させます。

落ちにくい汚れには、水に重曹を混ぜた重曹水やメラミンスポンジを活用するのがおすすめです。ただし、素材を傷める可能性もあるため、はじめは目立たない部分から試してみるというように、慎重に作業するようにしましょう。

本革のソファ

本革ソファを掃除する際は、専用クリーナーを使います。デリケートな素材である本革には、水や洗剤が使えません。また合皮のソファ同様、掃除機の使用も避けましょう。

タオルでソファ全体を乾拭きした後、汚れが気になる部分をレザークリーナーで優しく拭き取ります。最後に革用保護クリームを全体に塗り、乾拭きで仕上げるという流れです。

まとめ

ソファを捨てたいと考えた際、粗大ごみとして捨てるのが一般的な方法です。粗大ごみとして捨てる場合は、事前に自治体のルールを確認しておきましょう。また比較的新しくかつまだ使える状態のソファであれば、買取してもらえる可能性があります。

セカンドストリートでは、ソファの買取を行っています。ソファを買取してもらう際は、ぜひ出張買取サービスをご利用ください。自宅にいながらソファを買取してもらえるため、手間がかかりません。

なおセカンドストリートでは、買取だけでなくソファの販売も行っています。新品よりもリーズナブルな価格で中古のソファを購入したいという人も、ぜひセカンドストリートをご利用ください。

セカンドストリートの買取サービスについてはこちら

セカンドストリートの出張買取についてはこちら

お近くのセカンドストリートの店舗はこちら

  • 記事を書いたライター
  • ライターの新着記事
NISHIHARA

NISHIHARA

海外旅行好きが高じて国をまたぐ引っ越しを5回以上経験。断捨離が得意なフリーランスライターです。東京でのOL生活を経て、現在はライターとしてさまざまなジャンルの情報をお届けしています。ウェブ漫画を読むのが趣味のインドア派。

  1. どんどん溜まるおもちゃの捨て方を紹介!お得に処分するコツも解説

  2. テレビを安く買う方法とは!お得に買える可能性がある時期も併せて紹介

  3. おもちゃの与えすぎは子どもにどういった影響がある?適正量の目安も紹介

ランキング

DAILY
WEEKLY
MONTHLY
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  1. 1
  2. 2
  3. 3
セカンドストリート オンラインストア セカンドストリート 買取サービスのご案内 セカンドストリート 店舗を探す

おすすめ記事

関連記事

PAGE TOP