おしゃれも。暮らしも。新ライフスタイルマガジン。

ファッション

9月はどんな服装が正解?秋仕様にチェンジできるレディースコーデのポイントを解説!

9月の服装といえば、厳しい暑さが残っているせいでなかなか秋らしい服装にシフトしにくい印象があります。そこで、そんな9月でも秋コーデに簡単にチェンジできるポイントや参考コーデをご紹介します。暑さの残る上旬から徐々に涼しくなっていく下旬まで、それぞれのポイントを押さえて一足早い秋の装いを楽しみましょう。

また、全国に750以上の店舗とオンラインストアを構える〈2nd STREET セカンドストリート〉なら、9月の服装にぴったりなアイテムを豊富に取り揃えています。ぜひこちらも併せてぜひチェックしてみてください。

【9月上旬の服装7選】コーデのポイントは色使い

残暑が残る9月上旬の服装は「色使い」がポイントになります。袖の短いトップスや、生地の薄いボトムスなどを合わせる場合も、ブラウンやグレー、ネイビーなどの落ち着いた色を取り入れることで、簡単に秋の装いを演出できます。

ブラウンのグラデーションで一足早い秋を演出

ブラウンのグラデーションで一足早い秋を演出

出典:
https://wear.jp/nanahoyoshida/20074094/

タンクトップにワンショルダーのワンピースを合わせた一見涼しげなコーデも、ブラウン系のグラデーションコーデにすることで、一気に秋らしさがUPします。
また、ブラウンの長袖シャツを斜めがけにしているところも見逃せないポイント。濃い色を加えることで全体を落ち着いた印象にしつつ、肌寒いときには羽織ることもできる優れものです。

出典:
https://wear.jp/nanahoyoshida/20074094/

濃いブラウンでつくるワントーンコーデ

濃いブラウンでつくるワントーンコーデ

出典:
https://wear.jp/ayacyocopiiiman/20022716/

トップスとパンツを同色のブラウンで統一したワントーンコーデは、9月にぴったりな服装のひとつです。
そんなブラウンコーデをトレンドライクに仕上げるなら、レイヤード次第で着こなしの幅が広がるベスト型のニットビスチェを取り入れるのがおすすめ。残暑が残る9月上旬の気候でも、半袖のTシャツとレイヤードすれば快適に過ごすことが可能です。

出典:
https://wear.jp/ayacyocopiiiman/20022716/

カーキのベストで秋感と洗練された印象をプラス

カーキのベストで秋感と洗練された印象をプラス

出典:
https://wear.jp/nanahoyoshida/20021669/

ロング丈のメッシュワンピースと同色のボトムスを合わせた、夏定番のリラクシーなコーデを秋らしく仕上げるなら、くすみがかったカーキイエローのベストをプラスするのはいかがでしょうか。リラクシーな雰囲気がガラリとチェンジして、洗練された都会的な印象へと変わります。全体を引き締めるブラウンのメッシュサンダルもポイントです。

出典:
https://wear.jp/nanahoyoshida/20021669/

グリーンとグレーで秋らしさを引き立てて

グリーンとグレーで秋らしさを引き立てて

出典:
https://wear.jp/chiii315/20035377/

オーバーサイズが今っぽいボーダーのバスクシャツに、女性らしさを演出するナローなシルエットのスカートを合わせたこちらのコーデ。ボーダーの濃いグリーンやニットスカートの暖かみのあるグレーが、秋らしさを引き立てています。トップスのボリューム感を、スカートのスッキリとしたラインでバランス調整しているところも、ぜひお手本にしたいテクニックです。

出典:
https://wear.jp/chiii315/20035377/

ブラウンと白のツートーンコーデで軽やかに

ブラウンと白のツートーンコーデで軽やかに

出典:
https://wear.jp/uepondonguri/19991983/

インナーのキャミソールやタック入りのジャージーパンツで、涼しく快適な着心地を叶えつつ、ブラウンでまとめることで季節感も意識した9月らしい服装。全体をブラウンと白の2色のみにすることで、ブラウンを引き立たせて秋らしい印象を強めています。
また、白の分量が程よいので全体が重たく見えないところも、押さえておきたいポイントです。

出典:
https://wear.jp/uepondonguri/19991983/

カーキとチャコールグレーなら即秋コーデに

カーキとチャコールグレーなら即秋コーデに

出典:
https://wear.jp/yoshidaayumi0000/20014110/

ボリュームスリーブがアクセントに効いたブラウスとサロペットを合わせたガーリーカジュアルなコーデは、落ち着いた色をチョイスして大人の洗練された印象にアップデートさせるのがおすすめです。チャコールグレーのブラウスで甘さを抑えてモードな印象を高めつつ、ダークオリーブのサロペットで9月ならではの秋らしさを演出しましょう。

出典:
https://wear.jp/yoshidaayumi0000/20014110/

ブルーとブラックでモードな雰囲気にチェンジ

ブルーとブラックでモードな雰囲気にチェンジ

出典:
https://wear.jp/m555515/20021846/

インディゴブルーのダンガリーシャツも9月の服装には欠かせないアイテムのひとつです。そんなダンガリーシャツを今っぽく着こなすなら、ビッグカラーが印象的なブラウスタイプを選ぶのがおすすめ。
デザイン性の高いトップスを引き立てるため、ブラックのスラックスを合わせてシンプルにまとめましょう。ワイドシルエットならカジュアルになりすぎずに、モードな雰囲気を纏えます。

出典:
https://wear.jp/m555515/20021846/

セカンドストリートの「新着レディースウェア」はこちら>>

【9月中旬の服装7選】コーデのポイントは素材や丈感

日中は気温が上がる日もありつつ、朝晩の気温が徐々に下がり始める9月中旬の服装は「素材」や「丈感」がポイントになります。生地の表面が起毛した暖かみのある素材や、長袖のトップスなどを取り入れて秋の服装へとシフトチェンジしましょう。

ニットベストで秋めいたコーデにチェンジ

ニットベストで秋めいたコーデにチェンジ

出典:
https://wear.jp/m555515/20082677/

3シーズン着回しできるニットベストは一枚あると重宝する優れもので、9月の服装とも好相性です。おすすめは、ボリュームスリーブが印象的なブラウスとレイヤードしたトレンドライクなコーデ。パンツも同系色で揃えて統一感を持たせましょう。
バッグや靴など小物をブラックにすることで、ニットベストのほっこりとした雰囲気が、一気にシックな印象にアップデートされているところにも注目です。

出典:
https://wear.jp/m555515/20082677/

ロングジレならスタイルUPも同時に叶う

ロングジレならスタイルUPも同時に叶う

出典:
https://wear.jp/mariko0121/20046932/

スタンダードなデザインのバンドカラーシャツも、ブラウンのロングジレを上からレイヤードするだけで、秋らしさとこなれ感の両方がUPします。
また、ロングジレは縦のラインが強調されるメリットもあり、スタイルUP効果も狙えるのがうれしい魅力です。リメイク仕様のデニムパンツも相まって、雰囲気抜群な周りと差のつくコーデが完成です。

出典:
https://wear.jp/mariko0121/20046932/

ニットとサテンでカジュアルシックに

ニットとサテンでカジュアルシックに

出典:
https://wear.jp/sachiekawashima/20101494/

首元の深めのスリットが目をひくプルオーバーのニットに、落ち着いたトーンのキャメルのロングスカートを合わせたこちらのコーデ。
おしゃれ度を高めているポイントは、暖かみのあるニット素材と、エレガントな印象をもたらすサテン素材を組み合わせているところです。程よくカジュアルなのに上品さもしっかり残しているのは、さすがおしゃれ上級者のなせる技といえます。

出典:
https://wear.jp/sachiekawashima/20101494/

秋もカラーパンツコーデで魅せる

秋もカラーパンツコーデで魅せる

出典:
https://wear.jp/journal456_02/20075004/

9月中旬ともなると本格的な秋のアイテム、スウェットの出番です。今年おすすめなスウェットの着こなしは、カラーパンツを合わせた旬コーデ。ゆったりとしたルーズなサイズ感のスウェットに、目の覚めるような真っ赤なワイドパンツをプラス。足元はベージュのブーツをチョイスして、モードな雰囲気を高めましょう。

出典:
https://wear.jp/journal456_02/20075004/

淡いパープルのニットで女性らしさを添える

淡いパープルのニットで女性らしさを添える

出典:
https://wear.jp/ungrid_staffsnap/20000125/

淡いパープルのニットカーディガンとブラウンのセンタープレスパンツを合わせた、9月の服装にぴったりなこちらのコーデ。全体のルーズなシルエットでカジュアルに仕上げつつ、Vネックの首元で女性らしさを演出しているのがポイント。
肩の力が抜けたリラクシーな印象で、デイリー使いから女子会まで幅広いシーンで試したくなるお手本コーデです。

出典:
https://wear.jp/ungrid_staffsnap/20000125/

デニムジャケットで今どきハンサムコーデ

デニムジャケットで今どきハンサムコーデ

出典:
https://wear.jp/ran913/20047936/

ロング丈のワンピースとデニムジャケットを合わせた王道コーデも、ブラックのワンピースやタイトブーツを選ぶことで、秋の装いを演出できます。
デニムジャケットをしっかりとした厚手のオンスにすることで、より9月らしさも意識できます。ビッグシルエットでハンサム感をプラスしているところも素敵です。

出典:
https://wear.jp/ran913/20047936/

キルティングやフェイクレザーにも注目

キルティングやフェイクレザーにも注目

出典:
https://wear.jp/ungrid_staffsnap/20056788/

朝晩の冷え込みが増す9月中旬の気候なら、キルティングやフェイクレザーを採用したアイテムもおすすめです。白いキルティングコートは、秋だけでなく春先にも使える優秀アイテム。
また、レザー調のパンツもライトブラウンなら、ハードになりすぎずにマイルドに仕上がります。ブラックのインナーやブーツで全体を引き締めて、バランスを調整しましょう。

出典:
https://wear.jp/ungrid_staffsnap/20056788/

セカンドストリートの「新着レディースウェア」はこちら>>

【9月下旬の服装7選】コーデのポイントは羽織物や小物

暑くもなく寒くもなく、快適に過ごせる時間帯が増える9月の下旬は、いよいよ秋を意識した「羽織物」や「小物」の出番です。羽織物をプラスしたレイヤードコーデが楽しめるのも、この時期ならではのうれしい魅力。ファーなどをあしらったアイテムをプラスするなど、小物使いも工夫してみましょう。

クロシェ編みのニットで程よくガーリーに

クロシェ編みのニットで程よくガーリーに

出典:
https://wear.jp/uepondonguri/20114016/

マキシ丈のティアードワンピースにクロシェ編みのニットカーディガンを羽織ったこちらのコーデは、カジュアル&ガーリー&シックを兼ね備えているのが魅力です。歩くたびに揺れるボリューミーなスカートの裾もポイント。ニットカーディガン以外を全てブラックでまとめることで、季節感はもちろん、エレガントな大人の雰囲気までも演出しています。

出典:
https://wear.jp/uepondonguri/20114016/

オールブラックでつくるミックスコーデ

オールブラックでつくるミックスコーデ

出典:
https://wear.jp/nodopachi/20158443/

メンズライクなコーデが得意な方におすすめしたいのが、ユニセックスで着られるロンTやキルティングベストを取り入れたストリートライクなコーデです。トップスにハンサムなアイテムをチョイスしつつ、ショートパンツとロングブーツで女性ならではのミックスコーデに仕上げているところもポイントです。オールブラックのワントーンコーデで、とことん格好いい着こなしを目指しましょう。

出典:
https://wear.jp/nodopachi/20158443/

チェック柄ジャケットできちんと感を演出

チェック柄ジャケットできちんと感を演出

出典:
https://wear.jp/nanahoyoshida/20177206/

きちんと感を演出したり、肌寒いときに羽織として使ったりできるチェック柄のジャケットは、9月の服装にぴったりなアイテムです。
ジャケットやパンツのブラウンで秋らしさをアピールしながらも、インナーやブーツのホワイトでやさしい印象をプラス。全体のカラーバランスが見事に調和している、ツートーンコーデです。

出典:
https://wear.jp/nanahoyoshida/20177206/

ファーつきサンダルでアクセントを効かせて

ファーつきサンダルでアクセントを効かせて

出典:
https://wear.jp/ucoreeeeen/20171805/

ストライプ柄の長袖シャツにスウェットを肩掛けした大人のカジュアルコーデ。これだけでも9月にぴったりな服装に見えますが、ファーつきのサンダルを足元にもってくることで、一気に秋らしさがUPします。インパクトのあるもこもこのファーが、シンプルなコーデに程よいアクセントをプラス。いつものコーデに加えるだけで、ガラリと雰囲気を変えられるところもうれしい魅力です。

出典:
https://wear.jp/ucoreeeeen/20171805/

ビッグシルエットのフェイクレザーでモードに着地

ビッグシルエットのフェイクレザーでモードに着地

出典:
https://wear.jp/aktym/20166592/

秋の装いでモードな気分を高めるなら、フェイクレザーのブルゾンは外せないアイテムです。旬のビッグシルエットを選べば、抜け感のあるコーデを簡単につくれます。Vネックのニットをインナーに合わせて、女性らしさを残しているところもお手本にしたいテクニックです。ボトムスは鮮やかなグリーンのカラーパンツで、ハードになりすぎないよう調整しましょう。

出典:
https://wear.jp/aktym/20166592/

ムートンベストなら着るだけで秋の旬顔コーデが完成

ムートンベストなら着るだけで秋の旬顔コーデが完成

出典:
https://wear.jp/aktym/20166592/

やさしい雰囲気のアイボリーのワンピースに、フェイクレザーとボアを組み合わせた、トレンドライクなムートンベストを合わせた甘辛コーデ。ワンピース一枚だとやや寒さを感じる9月下旬の気候にマッチしているのはもちろん、着るだけで旬コーデに仕上がるのはうれしいポイントです。

出典:
https://wear.jp/aktym/20166592/

ラフに羽織れるコートでシティボーイ風に仕上げて

ラフに羽織れるコートでシティボーイ風に仕上げて

出典:
https://wear.jp/rolladex_staff2/20098291/

こなれ感たっぷりのロングコートに、グレーのワイドパンツを合わせたシティボーイ風なコーデ。暖色系のカラーを大きい面積で取り入れることで、9月の服装にマッチする秋コーデに仕上げているところもポイントです。アイテムもシルエットもボーイッシュなスタイルにしつつ、ミニバッグでシックな印象を添えれば旬の着こなしが叶います。

出典:
https://wear.jp/rolladex_staff2/20098291/

セカンドストリートの「新着レディースウェア」はこちら>>

まとめ

9月の服装におすすめのコーデを厳選してご紹介してきましたが、いかがでしたでしょうか。暑くもなく寒くもなく過ごしやすい一方で、何を着たらよいか迷ってしまうという方に、少しでもお役に立てればうれしいです。

また全国に750以上の店舗を展開するセカンドストリートなら、9月の服装にぴったりな人気ブランドのアイテムが、リユースならではのリーズナブルな価格で見つけられるかもしれません。
さらにオンラインストアなら、スマホで簡単にアイテムが探せるうえ、ご希望の店舗へ無料でお取り寄せすることも可能です。試着をしてからのキャンセルもOKなので、使い勝手も抜群。お気に入りのアイテムを見つけて、9月の服装に最適なコーデを楽しみましょう!


▶︎セカンドストリートオンラインストアはこちら >>
▶︎セカンドストリートの公式アプリのダウンロードはこちら >>
▶︎「お取り寄せサービス」についてはこちら >>
▶︎お近くのセカンドストリートの店舗はこちら >>

  • 記事を書いたライター
  • ライターの新着記事
yoshii

yoshii

過去にデニム、バッグ、シューズの各メーカーでプレスを経験し、現在はフリーランスのライターとして活動中です。メンズ・レディース両方のファッションが得意。犬・アニメ・台湾をこよなく愛するアラフォーです。

  1. 9月はどんな服装が正解?秋仕様にチェンジできるレディースコーデのポイントを解説!

  2. ドクターマーチンのコーデまとめ【メンズ&レディース20選】人気モデルも解説!

  3. 秋服はいつから?2022年最新トレンドや年代&アイテム別お手本コーデまで徹底解説

ランキング

DAILY
WEEKLY
MONTHLY
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  1. 1
  2. 2
  3. 3
セカンドストリート オンラインストア セカンドストリート 買取サービスのご案内 セカンドストリート 店舗を探す

おすすめ記事

関連記事

PAGE TOP