おしゃれも。暮らしも。新ライフスタイルマガジン。

ファッション

秋服はいつから?2022年最新トレンドや年代&アイテム別お手本コーデまで徹底解説

夏の終わりが近づくと気になり始めるのが秋服。とはいえ、例年の厳しい残暑によってなかなか秋の装いにチェンジできないという方も多いのではないでしょうか。
そこで今回は、気温別の秋服の選び方やおすすめコーデ、2022年秋のトレンド傾向まで一気にご紹介します!

また、全国750以上の店舗とオンラインストアを構える〈2nd STREET セカンドストリート〉でも、秋の装いに最適なアイテムを豊富に取り揃えているので、気になるコーデを見つけたらぜひこちらもチェックしてみてください。

秋服は、いつからどう着こなす?

ここでは、9月から11月ごろのおおよその気温を参考に、秋服コーデに簡単にチェンジできる着こなしのポイントを解説します。少しずつ秋に移り変わる中途半端な気温の日など、何を着たらよいか迷ってしまったときは、ぜひ参考にしてください。

「25~30℃」は袖の長さで調整

「25~30℃」は袖の長さで調整

出典:
https://wear.jp/moussyofficial/19938791/

まだまだ残暑が残っている9月ごろは、5分袖や7分袖などのシャツ&ブラウスが大活躍!トレンドのシアー素材をチョイスすれば、抜け感のある着こなしも楽しめます。
こちらのコーデのように、スモーキーな色合いのブラウスやごつめのブーツを合わせることで、暑さを感じさせずに秋の装いを演出可能です。

出典:
https://wear.jp/moussyofficial/19938791/

「20~24℃」は1アイテムをプラス

「20~24℃」は1アイテムをプラス

出典:
https://wear.jp/xohiroxo/20389366/

日中はやや暑さがのこりつつ、朝晩には涼しさも感じられるようになるころは、ニットやスウェットといったレイヤードできるアイテムをプラスするのがおすすめ。
着ないときは肩掛けして、肌寒くなったら上から着ればOK。という具合に、こなれ見えと防寒対策が同時に叶う優れものです。

出典:
https://wear.jp/xohiroxo/20389366/

「15~19℃」はアウターの出番

「15~19℃」はアウターの出番

出典:
https://wear.jp/sachiekawashima/20089049/

暑さも落ち着き日中でも肌寒さを感じるころは、いよいよアウターの出番。
カジュアルからキレイめまで幅広いコーデと相性抜群なモッズコートなら、ミリタリーテイスト特有の色味も相まって、秋の装いがぐっと高まります。
今っぽく合わせるなら、ビビッドカラーのパンツでアクセントを効かせるのがおすすめ。

出典:
https://wear.jp/sachiekawashima/20089049/

2022年秋服のトレンドは?

定番のアイテムで組み立てる秋服コーデもよいですが、せっかくならトレンド感のあるアイテムや着こなしを取り入れたいところ。
そこでここでは、2022年秋服のトレンドを解説します。

色は「ビビッド&マルチカラー」

色は「ビビッド&マルチカラー」

出典:
https://wear.jp/item/60391342/

今季のトレンド色はピンクやレッド、オレンジなどのビビッドカラーや、マルチカラーといった元気をもらえるようなカラフルな色のアイテムが多くラインアップされています。
秋服は重ね着することで重く見えがちなので、明るい色のアイテムを主役にした大胆なコーデで、思いっきりおしゃれを楽しみましょう。

出典:
https://wear.jp/item/60391342/

素材は「レザー・ファー」

素材は「レザー・ファー」

出典:
https://wear.jp/item/58080019/

今季トレンドの素材は、フェイクレザーやエコファーを使用したアイテムです。トップス・ボトムス・アウターと、各アイテムでレザーを使用したアイテムが登場しています。
いつものコーデにプラスするだけで、一気にあか抜けて見せてくれる素材なので、秋服コーデの強い味方になってくれそう。また、透け感が印象的なシースルーやレースにも注目です。

出典:
https://wear.jp/item/58080019/

アイテムは「白タンクトップ」

アイテムは「白タンクトップ」

出典:
https://wear.jp/item/59961364/

各メゾンブランドもさまざまなコーデに取り入れて提案している、今年の秋注目のアイテムが白タンクトップです。
ベーシックなアイテムながら、簡単にスポーティーな抜け感を演出できる優れもの。ジャケットのインに着たり、スラックスやミディ丈のスカートに合わせたりと、ミニマルな着こなしがおすすめです。

出典:
https://wear.jp/item/59961364/

秋服コーデ[年代別]着こなしのポイント

ここからは早速、秋服を取り入れた参考コーデをご紹介していきます。まずは、年代別におすすめのコーデをピックアップしました。
コーデのポイントもご紹介しているので、ぜひチェックしてみてください。

[10代]はガーリーなアイテムで若々しく

[10代]はガーリーなアイテムで若々しく

出典:
https://wear.jp/ayacyocopiiiman/20276262/

どんな秋服もフレッシュな印象で着こなすことができる10代は、ガーリーなアイテムを組み合わせて若々しさをアピールするのがおすすめ。
ビッグカラーのブラウスで旬顔コーデに仕上げれば、子供っぽさも回避でき程よい甘さだけを残せます。ニットカーディガンのブラウンで秋っぽさを演出しているのがポイントです。

出典:
https://wear.jp/ayacyocopiiiman/20276262/

[20代]は高発色アイテムでトレンド感UP

[20代]は高発色アイテムでトレンド感UP

出典:
https://wear.jp/asammy/20349412/

アクティブな印象をもつ20代は、高発色のアイテムを積極的に取り入れるのがおすすめ。
鮮やかな色合いが目をひくオレンジ色のニットを、シャツワンピースのうえにレイヤードして、こなれ感のあるコーデを目指しましょう。足元にはトラックソールブーツをチョイスして、とことんトレンドライクに仕上げるのが◎。
バッグとブーツを黒で合わせることで、コーデがぐっとまとまります。

出典:
https://wear.jp/asammy/20349412/

[30代]は素材選びで周りと差をつける

[30代]は素材選びで周りと差をつける

出典:
https://wear.jp/aktym/20166592/

トレンドのアイテムを自分流に着こなすのがうまい30代は、素材選びに注目するのがおすすめ。
ニットとスラックスのシンプルな着こなしに、フェイクレザーのブルゾンをプラスすれば、一気に周りと差のつくコーデが完成します。ブルゾンは肩から羽織ったり袖をまくり上げたりと、ラフな着こなしを狙いましょう。鮮やかなグリーンのスラックスもアクセントに効いています。

出典:
https://wear.jp/aktym/20166592/

[40代]は大人カジュアルで抜け感を演出

[40代]は大人カジュアルで抜け感を演出

出典:
https://wear.jp/sanki0102/20138455/

どんな着こなしも様になる40代は、きれいめカジュアルなスタイルで、大人の抜け感を演出するのがおすすめ。
Tシャツとリブパンツでリラクシーにまとめたら、ジャケットを羽織って大人カジュアルなコーデに仕上げて。ラフなコーデもジャケットを羽織るだけで、一気に雰囲気を変えることができます。ブラウンのアイテムで秋感を演出しているところもポイントです。

出典:
https://wear.jp/sanki0102/20138455/

秋服コーデ[トップス別7選]

ここからはアイテム別に秋服コーデをご紹介します。まずは、参考にしたいおしゃれな秋服コーデを、トップス別に7選厳選しました。
お気に入りのコーデを見つけて、この秋ぜひチャレンジしてみてはいかがでしょうか。

ロンT

ロンT

出典:
https://wear.jp/nodopachi/20166470/

日中の暑さが残る日でも、腕をまくるだけで手軽に体温調整ができるのがロンTのいいところ。そんなロンTに、女性らしさを演出してくれるタイトめなキャミワンピースをレイヤードしたこちらのコーデ。
テイストの異なるアイテムを合わせたことで、カジュアルながら大人っぽい印象を放っています。秋服感を高めるカーキのブーツもマネしたいポイントです。

出典:
https://wear.jp/nodopachi/20166470/

ブラウス

ブラウス

出典:
https://wear.jp/mariko0121/20253170/

ビッグカラーが印象的なチェック柄のブラウスに、黒のスラックスを合わせたガーリーシックなコーデ。ダークトーンのグリーンとイエローが配色されたチェック柄で、秋服の装いを演出しています。
ガーリーな要素が強いビッグカラーのトップスも、ダークトーンをチョイスしたり、黒のスラックスと合わせたりすることで、気軽に取り入れやすくなるので、大人女子にもおすすめです。

出典:
https://wear.jp/mariko0121/20253170/

シャツ

シャツ

出典:
https://wear.jp/karenkageyama/20127336/

ビッグサイズの長袖シャツにブラックデニムのブーツカットパンツを合わせた、シンプルなカジュアルコーデ。インナーのトップスをウエストインすれば、スタイルアップ効果も期待できます。
また長袖シャツはロンTと同様に、暑いときは腕まくりしたり斜めにたすき掛けをしたりもでき、中途半端な気候の日に活躍してくれる一枚。日中の暑さが残る日など、何をきたらよいか迷ったときにおすすめの秋服コーデです。

出典:
https://wear.jp/karenkageyama/20127336/

スウェット

スウェット

出典:
https://wear.jp/k21850912/20283149/

着回し力抜群のカレッジスウェットは、カジュアルコーデに欠かせない秋服アイテムのひとつ。そんなスウェットを、快適な着心地とおしゃれ見えを両立してくれるパギンスで合わせたこちらのコーデ。
ゆったりとしたスウェットのシルエットや、くすみがかったパギンスのグリーンも相まって、こなれ感もたっぷりです。トレンド継続中のロングブーツで、旬コーデに仕上げましょう。

出典:
https://wear.jp/k21850912/20283149/

クロップドスウェット

クロップドスウェット

出典:
https://wear.jp/kuri24/20375126/

クロップド丈のスウェットにワイドデニムを合わせて、スタイルアップとトレンド感を同時に叶えた大人のカジュアルコーデ。
上下ともに明るい色のみをチョイスしていながらも、バッグやブーツを黒にすることで、カジュアルになりすぎず全体をキリっと引き締めているところも参考にしたいポイントです。

出典:
https://wear.jp/kuri24/20375126/

ハーフジップニット

ハーフジップニット

出典:
https://wear.jp/m555515/20271412/

カラフルなピンクのハーフジップニットに、ワイドなシルエットが雰囲気抜群のタックパンツを合わせたコーデ。パッと目をひくビビッドなピンクがコーデのアクセントに効いています。
暖色が多くなる秋服も、ピンクを主役にすることでモードな印象に格上げできるのは、おしゃれ上級者のなせる技と言えます。

出典:
https://wear.jp/m555515/20271412/

ニットカーディガン

ニットカーディガン

出典:
https://wear.jp/ami0603/20344977/

ふわふわ感が可愛らしいシャギーニットのカーディガンとつけ襟に、真っ赤なスリットパンツを合わせた秋服コーデ。随所にトレンドが散りばめられた、お手本コーデに仕上がっています。
パンツスタイルで一見カジュアルにも見えますが、カーディガンのボリューミーなサイズ感やつけ襟の可憐な刺繍など、ガーリーな要素も盛り込まれていてデートにもぴったり。

出典:
https://wear.jp/ami0603/20344977/

セカンドストリートの「新着レディーストップス」はこちら>>
セカンドストリートの「新着レディースシャツ」はこちら>>

秋服コーデ[ボトムス別7選]

ここでは、ボトムス別におすすめの秋服コーデを厳選してお届けします。
オールシーズン着回しできる定番のものから、秋らしい素材感のものまで全7コーデを集めました。

ショートパンツ

ショートパンツ

出典:
https://wear.jp/emodahonbu/20708350/

クリーンな印象で穿くことができるグレーのショートパンツに、鮮やかなグリーンのタートルネックニットを合わせたコーデ。
ショートパンツもニーハイブーツとなら肌の露出が少なくなるので、気軽に取り入れやすくなるのでおすすめ。高発色のカラーアイテムやニーハイブーツなど、トレンドをふんだんに盛り込んだコーデに仕上げているところもポイントです。

出典:
https://wear.jp/emodahonbu/20708350/

ワイドデニム

ワイドデニム

出典:
https://wear.jp/yan05/20354863/

ウォッシュのかかったワイドデニムに、黒いハイネックのリブニットを合わせた、シンプルな大人カジュアルコーデ。ボーイズライクな雰囲気のデニムも、タイトなリブニットをプラスすることでレディな印象にチェンジできます。
幅広いシーンで着られるシンプルさと、男女を問わずウケのよい好印象なところも◎。何を着るか悩んだときは、迷わずデニム×リブニットの秋服コーデがおすすめです。

出典:
https://wear.jp/yan05/20354863/

コーデュロイパンツ

コーデュロイパンツ

出典:
https://wear.jp/rolladex_staff2/20246400/

ブラウンがかったオレンジのコーデュロイパンツに、くすんだイエローの2WAYニットを合わせた秋らしい色味のコーデ。素材と色の両方で、秋服の雰囲気を演出しています。
インナーに合わせた白のロンTがこなれた印象に仕上げているところも、おしゃれ見えを叶えるポイント。足元にレディなサンダルをチョイスしたテクニックにも注目です。

出典:
https://wear.jp/rolladex_staff2/20246400/

キャミオールインワン

キャミオールインワン

出典:
https://wear.jp/m555515/20157211/

シンプルなキャミタイプのオールインワンに、モヘアニットを合わせたコーデ。ともすれば子供っぽく見えてしまいそうなオールインワンも、黒とベージュの色合わせで大人な印象に格上げされています。
どことなくモードな雰囲気も感じられるのは、トップスにエレガントなアイテムを選んでいるから。オールインワンコーデに迷ったら、ぜひ試してみてください。

出典:
https://wear.jp/m555515/20157211/

ミニスカート

ミニスカート

出典:
https://wear.jp/mystic_okada1/20376632/

シンプルなデザインの黒いミニスカートに、ダボっとしたサイズ感が可愛いカレッジパーカーを合わせたカジュアルなコーデ。
パーカーとミニスカートの一見シンプルなコーデも、パーカーのサイズをとことん大きめにすることで、こなれ感たっぷりの秋服コーデが完成します。差し色になっているネオンイエローのバッグも高ポイントです。

出典:
https://wear.jp/mystic_okada1/20376632/

プリーツスカート

プリーツスカート

出典:
https://wear.jp/saekaa/20264419/

どんなボトムスとも好相性なリブタイプのクルーネックニットに、チェック柄のプリーツスカートを合わせた秋にぴったりのクラシカルなコーデ。ビビッドなピンクのエコバッグやごつめのブーツで、トレンド感をプラスしているところも魅力的です。
落ち着いて見える雰囲気も相まって、デートやちょっとしたお出かけにもおすすめですよ。

出典:
https://wear.jp/saekaa/20264419/

花柄ワンピース

花柄ワンピース

出典:
https://wear.jp/iena1055/20201367/

フォークロアな雰囲気が漂う花柄のロングワンピースに、ロング丈のニットベストをレイヤードした秋らしいコーデ。
ガーリーな印象がある花柄のワンピースも、落ち着いた色味をチョイスすれば気軽に取り入れやすくなります。さらに、ロング丈のニットベストをオンすることで、さらに甘さがダウン。大人女子におすすめしたい秋服コーデです。

出典:
https://wear.jp/iena1055/20201367/

セカンドストリートの「新着レディースパンツ」はこちら>>
セカンドストリートの「新着スカート」はこちら>>
セカンドストリートの「新着ワンピース」はこちら>>

秋服コーデ[アウター別5選]

秋も深まるといよいよアウターの出番。そこでここでは、ブルゾンやコートといったアウターを取り入れた秋服コーデをご紹介いたします。

レザーブルゾン

レザーブルゾン

出典:
https://wear.jp/watanabemomoka/20190138/

今季トレンドのフェイクレザーのブルゾンを主役にした、大人のカジュアルコーデ。
イエローならハードさが抑えられて初心者でも取り入れやすいうえ、ブルゾンがビッグサイズになっているので、羽織るだけで簡単にあか抜け感を出せるのがうれしいポイントです。白やベージュで全体的に統一感を出せば、秋らしさもぐっと高まります。

出典:
https://wear.jp/watanabemomoka/20190138/

トレンチコート

トレンチコート

出典:
https://wear.jp/karenkageyama/20337578/

男女を問わず幅広い世代から人気を集めている秋の定番アウター、トレンチコートをネオンイエローのリブニットで今っぽく仕上げた秋服コーデ。
スラックスやブーツは黒で揃えて、インナーのイエローを引き立てましょう。さりげなく合わせたブラウンのバッグで、秋らしさを添えているところにも注目です。

出典:
https://wear.jp/karenkageyama/20337578/

パディングベスト

パディングベスト

出典:
https://wear.jp/mariko0121/20350282/

中綿の入った白のパディングベストが印象的なこちらの秋服コーデ。ややゆったりとしたブルーのボーダーカットソーと、ストンとしたシルエットが美しい黒のロングスカートで、カジュアルながらどことなくモードな雰囲気を放っています。
ベストタイプのアウターは、着回し力が高くレイヤードも楽しめるので、秋服コーデにおすすめのアイテムです。

出典:
https://wear.jp/mariko0121/20350282/

ショートコート

ショートコート

出典:
https://wear.jp/riho0914/20344394/

オートミールカラーが優しい印象を与えてくれるショートコートに、ロング丈のニットワンピースを合わせたシックな秋服コーデ。
全体的にエレガントさもありつつ、ブラウンのブーツで程よくカジュアルダウンしているのは、おしゃれ上級者のなせる技と言えます。きめすぎない大人の抜け感は、ぜひ参考にしたいポイントです。

出典:
https://wear.jp/riho0914/20344394/

ノーカラーコート

ノーカラーコート

出典:
https://wear.jp/muu0103/20368758/

たっぷり入ったギャザーが可愛らしさをくれる白いワンピースに、グレーのノーカラーコートを羽織った大人のガーリーコーデ。
コートやワンピースなどレディなアイテムを使っているのにしなやかになりすぎていないのは、黒いブーツでカジュアルダウンしているから。ソールが厚めのブーツをチョイスすれば、トレンド感もUPするので一石二鳥です。

出典:
https://wear.jp/muu0103/20368758/

セカンドストリートの「新着レディースジャケット」はこちら>>
セカンドストリートの「新着レディースアウター」はこちら>>
セカンドストリートの「新着レディースコート」はこちら>>

まとめ

今回は、秋服の着こなしポイントや2022年秋のトレンド傾向、おすすめの秋服コーデなどたっぷりご紹介してきましたが、いかがでしょうか。本記事を参考に、今年らしい秋の装いをぜひ楽しんでください。

また全国の店舗とオンラインストアでリユースアイテムを展開するセカンドストリートなら、トレンド感のある秋服やコーデに合わせたいそのほかのアイテムも多数取り扱っています。さらに、オンラインストアの商品はご希望の店舗に無料でお取り寄せができるうえ試着も可能です。もちろんキャンセルもできるので、この機会にぜひチェックしてみてください。


▶︎セカンドストリートオンラインストアはこちら >>
▶︎セカンドストリートの公式アプリのダウンロードはこちら >>
▶︎「お取り寄せサービス」についてはこちら >>
▶︎お近くのセカンドストリートの店舗はこちら >>

  • 記事を書いたライター
  • ライターの新着記事
yoshii

yoshii

過去にデニム、バッグ、シューズの各メーカーでプレスを経験し、現在はフリーランスのライターとして活動中です。メンズ・レディース両方のファッションが得意。犬・アニメ・台湾をこよなく愛するアラフォーです。

  1. 冬のオフィスカジュアル、何着る?【年代・アイテム】別におすすめコーデをご紹介

  2. 気温14度の服装まとめ!【レディース・メンズ】【最低気温・最高気温】別にご紹介

  3. 【2022年】11月の服装はこれで決まり!秋の終わりを彩る旬のレディースコーデ集

ランキング

DAILY
WEEKLY
MONTHLY
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  1. 1
  2. 2
  3. 3
セカンドストリート オンラインストア セカンドストリート 買取サービスのご案内 セカンドストリート 店舗を探す

おすすめ記事

関連記事

PAGE TOP