おしゃれも。暮らしも。新ライフスタイルマガジン。

ファッション

メンズのTシャツはサイズ感が重要!大きめ?ピチピチ?見え方の違いやコーデ例を紹介

Tシャツはカジュアルからキレイめまで幅広い着こなしができるうえ、オールシーズン使える優秀なアイテム。とはいえ、自分にベストなサイズ感やトレンドのあるサイズ感を選ぶのが難しいと感じている人も多いのではないでしょうか。そこで今回は、Tシャツのサイズ感を着用感や人気のブランド別に解説していきます。また、全国750以上の店舗とオンラインストアを展開する〈2nd STREET セカンドストリート〉でもTシャツを豊富に取り揃えているので、こちらも併せてぜひチェックしてみてください。

Tシャツのサイズ感は【3パターン】

Tシャツのサイズ感は主に「タイト・ジャスト・大きめ」の3つに分かれます。ここではそれぞれのサイズ感別に、見え方の違いを解説していきます。

タイト]ならスタイリッシュに仕上がる

[タイト]ならスタイリッシュに仕上がる

出典:
https://wear.jp/ootake0120/19467328/

カジュアルな印象が強いTシャツも、サイズ感をタイトにすることで、スタイリッシュな印象に仕上がります。ゆるめのシルエットのパンツにウエストインして、全体的にスッキリとまとめるのが今っぽい着こなし。

出典:
https://wear.jp/ootake0120/19467328/

ジャスト]なら好印象が備わる

[ジャスト]なら好印象が備わる

出典:
https://wear.jp/syun0809/19696640/

ジャストサイズで着るTシャツは、きちんと感が増し、好印象が備わります。また、自分のサイズに合う着こなしができる上級者な印象も。ワイドからスリムまで、幅広いシルエットのパンツと好相性なところも嬉しいポイントです。

出典:
https://wear.jp/syun0809/19696640/

大きめ]ならこなれ感を演出できる

[大きめ]ならこなれ感を演出できる

出典:
https://wear.jp/nozopon1004/19780508/

こなれ感を出したいときは、Tシャツのサイズ感を大きめにするのがおすすめです。肩の位置や袖の長さが実際の位置とずれることで、今っぽさがアップ。簡単にこなれ感を演出することができますよ。

出典:
https://wear.jp/nozopon1004/19780508/

Tシャツ【サイズ感別】コーデ例9選

ここからは、Tシャツのサイズ感別にお手本にしたいおしゃれコーデをご紹介していきます。パンツとのバランスなども参考にしてみてくださいね。また、気になるコーデ例を参考に、セカンドストリートのオンラインストアも併せてチェックしてみてください。

[タイト]Tシャツコーデ

▼ショートパンツでスタイルUP

ショートパンツでスタイルUP

出典:
https://wear.jp/fumihiko39/19773535/

フロントのプリントが目をひくTシャツと、鮮やかなオレンジ色が印象的なショートパンツを合わせた、スタイルのよさが際立つコーデ。Tシャツにフィット感をもたせることで、よりスレンダーな印象を与えているところもポイントです。

出典:
https://wear.jp/fumihiko39/19773535/

Tシャツでつくるキレイめカジュアル

Tシャツでつくるキレイめカジュアル

出典:
https://wear.jp/exnaoto/19980922/

タイトめなサイズ感のTシャツを、クロップド丈のパンツにウエストインして、全体的にすっきり仕上げたキレイめカジュアルコーデ。キャップやスポーツサンダルの抜け感も程よいアクセントとして効いています。

出典:
https://wear.jp/exnaoto/19980922/

▼ルーズなパンツでモードに仕上げる

ルーズなパンツでモードに仕上げる

出典:
https://wear.jp/urugusu1129/19715558/

タイトなサイズ感のTシャツと好相性な、ルーズなシルエットのパンツを合わせた、やや上級者向けのコーデ。Tシャツとパンツのシルエット&色のコントラストで、モードな印象に仕上げているところが最大の特徴です。

出典:
https://wear.jp/urugusu1129/19715558/

[ジャスト]Tシャツコーデ

▼カラーTシャツでトレンド感UP

▼カラーTシャツでトレンド感UP

出典:
https://wear.jp/akiiiio04/19783663/

今年トレンドのカラーアイテムをTシャツで取り入れた旬のコーデ。Tシャツのジャストなサイズ感に加えて、スラックスや小物を黒で統一することで、よりスタイリッシュな印象に。カラーTシャツを引き立てた技ありコーデです。

出典:
https://wear.jp/akiiiio04/19783663/

▼周りと差がつくジャンプスーツコーデ

▼周りと差がつくジャンプスーツコーデ

出典:
https://wear.jp/tambatanaoto4479/19753776/

Tシャツにミリタリー色の強いジャンプスーツを合わせたアメカジコーデも、Tシャツのサイズ感をジャストにすることで一気に今っぽい印象にチェンジします。足元に合わせたグルカサンダルで、シックな印象を添えているところにも注目です。

出典:
https://wear.jp/tambatanaoto4479/19753776/

▼リンガーTシャツでポップな印象に

▼リンガーTシャツでポップな印象に

出典:
https://wear.jp/yuyuzczc/19911949/

白のリンガーTシャツと白のデニムパンツを合わせた、ポップなカジュアルコーデ。ジャストなサイズ感のTシャツをウエストインしているところや、白と黒のツートーンでまとめているところなど、簡単にマネできるおしゃれテクニックです。

出典:
https://wear.jp/yuyuzczc/19911949/

[大きめ]Tシャツコーデ

▼キレイ色のスラックスで即旬コーデ

▼キレイ色のスラックスで即旬コーデ

出典:
https://wear.jp/gaaaaaakun7/19561156/

ブランドロゴをフロントにあしらったTシャツに、ダスティーブルーのカラースラックスを合わせた、こなれ感たっぷりの旬コーデ。サイズ感が大きいTシャツも、首元が詰まっていればだらしなく見えずにクリーンな印象を与えてくれます。

出典:
https://wear.jp/gaaaaaakun7/19561156/

▼大きめのTシャツでシティボーイ風に

▼大きめのTシャツでシティボーイ風に

出典:
https://wear.jp/idakawear/21303315/

カレッジロゴと鮮やかなグリーンが目をひくTシャツを、チノパンにウエストインした、シティボーイ風のコーデ。ゆったりとしたTシャツのサイズ感はもちろん、首元のスカーフや眼鏡といった小物使いなど、随所におしゃれへのこだわりを感じます。

出典:
https://wear.jp/idakawear/21303315/

▼ストリートな着こなしとも相性抜群

▼ストリートな着こなしとも相性抜群

出典:
https://wear.jp/yugowear11/19503424/

大きめのサイズ感のボーダーTシャツと、ボリューム感のあるタックパンツに、キャップを合わせたストリートコーデ。全体的にゆるっとしていながら、白と黒のモノトーンでまとめて、大人っぽい印象に仕上げているところがポイントです。

出典:
https://wear.jp/yugowear11/19503424/

セカンドストリートの「新着メンズTシャツ」はこちら

【ブランド別】Tシャツのサイズ感の違いを解説

ここまではTシャツのサイズ感別に参考コーデをご紹介してきましたが、ここからは人気のブランド別に、Tシャツのサイズ感を解説していきたいと思います。それぞれのブランドでTシャツを選ぶ際の参考にしてみてください。

〈Patagonia パタゴニア〉

〈Patagonia パタゴニア〉

出典:
https://wear.jp/item/47075900/

アウトドア好きだけでなく幅広い層から人気を集める〈Patagonia パタゴニア〉のTシャツは、主に「スリムフィット・レギュラーフィット・リラックスフィット」の3種類に分かれています。なかでもスタンダードなのが、細すぎず大きすぎない適度なサイズ感の「レギュラーフィット」タイプです。クラシックなボックスタイプのTシャツで、細身の男性であればXSやSサイズでも着用できるサイズ感になっているところも特徴的です。サイズUPするほど身幅と共に着丈も長くなっていくので、サイズを選ぶ際は肩幅&身幅だけでなく着丈の寸法も確認するようにしましょう。

出典:
https://wear.jp/item/47075900/

〈Carhartt カーハート〉

〈Carhartt カーハート〉

出典:
https://wear.jp/item/46861602/

ストリートシーンで人気が高い〈Carhartt カーハート〉のTシャツは、アメリカのワークウェアブランドゆえにサイズ感が大きめで、サイズ選びが難しいと感じる人も多いようです。並行輸入の商品などでアメリカのサイズ感の場合は、普段より1サイズ小さくするといつものサイズ感に近づきます。なお、カーハートのヨーロッパライン〈Carhartt WIP カーハート ダブリューアイピー〉なら、やや細身のサイズ感にモディファイされているので、ジャストサイズで選びやすいですよ。

出典:
https://wear.jp/item/46861602/

〈Supreme シュプリーム〉

〈Supreme シュプリーム〉

出典:
https://wear.jp/item/33612475/

国内外を問わず世界的に有名な〈Supreme シュプリーム〉のTシャツは、ストリートブランドならではのゆったりとしたサイズ感が魅力です。着こなしによっても変わりますが、細身の人やジャストなサイズ感で着たい人はSやM、大きめのサイズ感で着たい人はLやXLあたりがおすすめです。なおシュプリームのTシャツは商品によってXXLまで展開しているものがあり、同じMサイズでもXLまで展開しているTシャツと肩幅や身幅が変わります。商品のサイズ表記が分かる場合は、そちらも確認するようにしましょう。

出典:
https://wear.jp/item/33612475/

〈THE NORTH FACE ザ・ノース・フェイス〉

〈THE NORTH FACE ザ・ノース・フェイス〉

出典:
https://wear.jp/item/53402328/

世界中で愛される老舗のアウトドアブランド〈THE NORTH FACE ザ・ノース・フェイス〉のTシャツは、タウンユースで着用できるシンプルなデザインが多く、幅広い世代から人気です。またデザインだけでなく、快適な着心地や高い機能性を備えているところも嬉しい魅力。現在ラインアップされているTシャツの主なサイズ展開はS〜XLがほとんどで、一部のTシャツはXXLまである場合があります。大きすぎないジャストなサイズ感になっているものが多いので、着こなしたいイメージのサイズ感で選ぶようにしましょう。

出典:
https://wear.jp/item/53402328/

〈PRO CLUB プロクラブ〉

〈PRO CLUB プロクラブ〉

出典:
https://wear.jp/item/46822210/

無地のTシャツやスウェットなどを展開するアメリカのベーシックウェアブランド〈PRO CLUB プロクラブ〉。タフなボディとシンプルなデザインに加えて、リーズナブルな価格設定で、アメカジファンだけでなく若い世代からも高い指示を受けています。また取り扱い先によっても変わりますが、国内で流通しているサイズは5XLや6XLまであるところも特徴的です。大きすぎないユニセックスで着られるサイズ感も魅力のひとつ。肩幅・非幅共に、サイズ表記にしたがって着用するとジャストで着られる仕様になっています。

出典:
https://wear.jp/item/46822210/

〈UNIQLO ユニクロ〉

〈UNIQLO ユニクロ〉

出典:
https://wear.jp/item/46247251/

老若男女問わず高い知名度を誇る〈UNIQLO ユニクロ〉のTシャツも、シンプルながらトレンド感のある着こなしができ、毎シーズン話題を集めています。なかでもファッションデザイナーのクリストフ・ルメール氏が手掛ける〈Uniqlo U ユニクロ ユー〉のTシャツは、着るだけでこなれ感が演出できると人気となっています。ユニクロ ユーのTシャツはトレンド感のあるオーバーサイズのデザインになっているため、普段のユニクロのサイズで選んでも自然と今っぽい着こなしができますよ。

出典:
https://wear.jp/item/46247251/

セカンドストリートの「新着メンズTシャツ」はこちら

まとめ

今回はTシャツのサイズ感別の見え方の違いや、人気ブランドのサイズ感の違いを解説してきましたがいかがでしたでしょうか? 一枚で着たりインナーで着たりとオールシーズン活躍するTシャツは、ライフウェアの中でもとくに身近なアイテムのひとつです。ぜひ今回の記事を参考に、マンネリしがちなTシャツコーデをアップデートさせましょう。また全国750店舗を展開しているセカンドストリートなら、気になるコーデやブランドのTシャツがリユースならではのリーズナブルな価格で購入できるかもしれません。さらにオンラインストアなら、スマホで簡単にアイテムが探せるうえ、ご希望の店舗に無料でお取り寄せすることも可能です。試着してからの購入はもちろん、キャンセルもOKなので、使い勝手のよさも抜群。お気に入りの一枚を見つけてみてください。


セカンドストリートオンラインストアはこちら
セカンドストリートの公式アプリのダウンロードはこちら
お取り寄せサービスはこち
お近くのセカンドストリートの店舗はこちら

  • 記事を書いたライター
  • ライターの新着記事
yoshii

yoshii

過去にデニム、バッグ、シューズの各メーカーでプレスを経験し、現在はフリーランスのライターとして活動中です。メンズ・レディース両方のファッションが得意。犬・アニメ・台湾をこよなく愛するアラフォーです。

  1. 9月はどんな服装が正解?秋仕様にチェンジできるレディースコーデのポイントを解説!

  2. ドクターマーチンのコーデまとめ【メンズ&レディース20選】人気モデルも解説!

  3. 秋服はいつから?2022年最新トレンドや年代&アイテム別お手本コーデまで徹底解説

ランキング

DAILY
WEEKLY
MONTHLY
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  1. 1
  2. 2
  3. 3
セカンドストリート オンラインストア セカンドストリート 買取サービスのご案内 セカンドストリート 店舗を探す

おすすめ記事

関連記事

PAGE TOP