おしゃれも。暮らしも。新ライフスタイルマガジン。

日用品

鍋の寿命はどの程度?買い替え時期の目安や長持ちさせる方法を紹介!

普段から調理で使用している鍋は、気付かないうちに劣化していくものです。鍋の寿命は、使用頻度や手入れの仕方、鍋の種類などによって変わります。
この記事では鍋の買い替え時期の目安や、長持ちさせる方法などをご紹介します。

なおリユースショップのセカンドストリートでは、リーズナブルな価格で鍋を販売しております。鍋の買い替えを検討中の人は、ぜひご利用ください。

鍋の寿命ならびに買い替え時期の目安

銅色の鍋とまな板がテーブルに置かれている様子

鍋の寿命は、鍋の種類ごとで異なります。気になった際は、まず使用している鍋の種類を確認しましょう。

ここでは、鍋の種類ごとの特徴や買い替え時期の目安をご紹介します。ただし、鍋の寿命は使い方や手入れの仕方によって大きく変わります。ひとつの目安として、ぜひ参考にしてみてください。

銅鍋

銅鍋の特徴は熱伝導率が高く、蓄熱性に優れている点です。鍋に素早くかつ均一に熱を伝えられるため、効率よく調理できます。

また銅は、殺菌効果が期待できる素材です。水道管や給排水の管にも使用されています。銅鍋は取っ手が破損したり、穴が開いたりしない限り使用可能です。

ステンレス鍋

ステンレス鍋の特徴は、保温性が高い点です。作った料理をそのまま保温する際に役立つ特徴といえます。

またステンレス鍋は、錆びにくい点も特徴のひとつです。丈夫な素材であるステンレスは、鍋だけでなく包丁やボール、ざるなどのキッチン用品にも使用されています。
ステンレス鍋も銅鍋と同様に、取っ手が破損したり鍋に穴が開いたりしない限り使用可能です。

アルミ鍋

アルミ鍋の特徴は、熱伝導率が高くかつ重さが軽い点です。扱いやすいことから、初心者からプロまで幅広く愛用されています。

アルミ鍋の寿命は「アルマイト加工」の有無で異なります。アルマイト加工とは、アルミが酸やアルカリによって黒ずむのを防ぐ目的で行われる、表面をあらかじめ酸化させる加工のことです。

アルマイト加工されている鍋は、素地が見えてきたときが買い替え時期です。対して非加工の鍋の場合は、手入れしても黒ずみが取れなくなってきたときが買い替え時期といえます。

ホーロー鍋

ホーロー鍋は、鉄やアルミなどの金属性の鍋にガラスを焼き付けてコーティングした鍋のことです。臭いが付きにくい、酸やアルカリに強いなどが特徴として挙げられます。

ホーロー鍋も基本的に長く使用できますが、表面が薄いガラスのため、大きな衝撃を加えないよう注意が必要です。ひび割れが発生した際には、安全面を考慮して買い替えた方がよいといえるでしょう。

鉄鍋・中華鍋

鉄鍋や中華鍋の特徴は、熱伝導率が高い点です。強い火力にも耐えられることから、多くの中華料理店で使用されています。
また鉄鍋や中華鍋は使い続けていくうちに、鍋に油がなじむことで焦げ付きにくくなるという特徴もあります。

鉄鍋や中華鍋の寿命は長く、取っ手が破損したり鍋に穴が開いたりしない限りは使用可能です。一方で、主に鉄が使用されているため、錆びには注意が必要です。

土鍋

土鍋の特徴は、熱を溜め込む性質がある点です。熱がゆっくり伝わることで、食材の内部までじっくりと火を通せます。また火を止めても冷めにくいため、保温効果も期待できます。

一方で、急激な温度変化に弱い点には注意が必要です。土鍋が熱い状態のまま冷水に浸けたり、力強く洗ったりすると破損することがあります。
水漏れやひび割れがひどくなってきた場合は土鍋の寿命と考えて、買い替えを検討するようにしましょう。

鍋の寿命を伸ばすために意識しておきたいこと

IHコンロに置かれている鍋

どの種類の鍋でも、使い方や保存方法次第で寿命は変わります。
ここからは、鍋を長持ちさせるために、日ごろから意識しておきたいポイントを5つご紹介します。

鍋の中に料理を入れたままにしない

鍋の中に料理を入れたままにしておくと、料理の中に含まれる酸や塩分が錆や腐食を引き起こす可能性があります。
調理が終わった料理はできる限り早く鍋から取り出して、別の容器に移すようにしましょう。

ただし、短い時間であれば鍋に錆や腐食が発生することはないため、それほど神経質になる必要はありません。長時間放置しないよう注意するだけで十分です。

中性洗剤を使用してスポンジで洗う

鍋を洗う際は、中性洗剤をスポンジに付けて優しく洗います。頑固な焦げ付きや錆があると、研磨剤入りのクレンザーや金属タワシを使いたくなることもあるでしょう。

ただし、使用することで鍋に傷が付く恐れがあるため、避けた方がよいです。中性洗剤とスポンジでは落としにくい汚れは、重曹を使用して落とすことをおすすめします。

なお鍋の手入れ時には中性洗剤を使用するのが基本ですが、鉄鍋は例外です。洗剤を使用すると、表面の油膜が落ちてしまう可能性があります。鉄鍋を洗う際は、洗剤を使わないようにしましょう。

水気を取り湿気の少ない場所で保管する

鍋を水分が付いたままの状態で保管すると、錆やカビが発生しやすいです。特に鉄鍋や土鍋は、錆びたりカビが発生したりしやすいため、使用後の手入れを怠らないようにしましょう。

鍋の保管場所としては、湿気のない場所を選ぶことが大切です。なお鍋を壁に吊るしたり、棚に平置きしたりして保管するのもおすすめの方法です。風通しがよくなることで鍋が長持ちする上に、インテリアとしても活用できます。

熱い鍋を急激に冷やさない

鍋を熱いまま流しに置いたり水に浸けたりして急激に冷えてしまうと、ひび割れやコーティングが剥がれてしまう可能性があります。

特に粘土でできている土鍋は、鍋本体が割れてしまうこともあります。またフッ素樹脂加工や、ホーロー鍋のガラス部分も温度変化に弱いため注意が必要です。
熱い鍋を冷ましたいときは、自然と温度が下がるのを待ちましょう。すぐに洗いたい場合には、お湯を使用するのがおすすめです。

内面加工された鍋では金属製の調理器具を使わない

焦げ付きやこびり付きを防ぐために、内面にフッ素樹脂をコーティングしている鍋もあります。内面加工された鍋を使用する際は、金属製の調理器具は使わないようにしましょう。

金属製のヘラなどを使うと、こすれた部分からコーティングが剥がれてしまう可能性があるからです。内面加工されている鍋の寿命を長持ちさせるためには、木製やシリコン製の調理器具を使うことが大切です。

まとめ

鍋の寿命は種類ごとで異なりますが、使い方や保存方法を意識することで長持ちさせられる可能性があります。自身が使用している鍋の素材が何かを確認した上で、適切な手入れを行うようにしましょう。

なお寿命を超えた鍋に関しては、買い替えるのがおすすめです。全国に750店舗以上を展開するセカンドストリートでは、新品よりもリーズナブルな価格で鍋を販売しています。
また未使用品の鍋であれば、買取も行っています。一部ブランドの物で状態がよい鍋であれば、中古品でも買取可能です。

時間が経つと状態が悪くなる可能性があるため、鍋を買取してもらいたい際は、早めに買取に出すことをおすすめします。
友人や親戚などにもらった鍋で未使用品のまま保管している鍋がある場合は、ぜひセカンドストリートの買取サービスをご利用ください。

セカンドストリートのオンラインストア「新着鍋(キッチン用品)」はこちらから

お近くのセカンドストリートの店舗はこちらから

セカンドストリートの鍋の買取についてはこちらから

  • 記事を書いたライター
  • ライターの新着記事
NISHIHARA

NISHIHARA

海外旅行好きが高じて国をまたぐ引っ越しを5回以上経験。断捨離が得意なフリーランスライターです。東京でのOL生活を経て、現在はライターとしてさまざまなジャンルの情報をお届けしています。ウェブ漫画を読むのが趣味のインドア派。

  1. どんどん溜まるおもちゃの捨て方を紹介!お得に処分するコツも解説

  2. テレビを安く買う方法とは!お得に買える可能性がある時期も併せて紹介

  3. おもちゃの与えすぎは子どもにどういった影響がある?適正量の目安も紹介

ランキング

DAILY
WEEKLY
MONTHLY
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  1. 1
  2. 2
  3. 3
セカンドストリート オンラインストア セカンドストリート 買取サービスのご案内 セカンドストリート 店舗を探す

おすすめ記事

関連記事

PAGE TOP